331件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小松市議会 2019-12-20 令和元年第5回定例会(第5日目)  本文 開催日: 2019-12-20

女性の視点、親の視点から、小松市の人口減少対策について意見が述べられ、若い世代が戻りたくなるまちの魅力や出産、育児に求めるサポート体制などさまざまな意見が出されました。特に小松市の魅力アップについて、特色のあるこども園の設置や働きがいのある職場環境の整備を行ってはどうかといった具体的な意見もありました。子育て世代を呼び込む対策小松市を活性化させる人材を確保することも大変重要なことであります。  

小松市議会 2019-12-10 令和元年第5回定例会(第4日目)  本文 開催日: 2019-12-10

十分な愛着が形成できる仕事と育児の両立を重要視してほしいという意見もありました。  実態調査はこういうような感じでしたけれども、この点を含めて、市は市としていろんな把握をしていると思いますけれども、幼児教育保育の無償化を通しての課題が何があるかを質問したいと思います。  

能美市議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2019-12-10

ただし、現在は2名が出産・育児休業中のため1名のみの勤務となっております。  次に、栄養指導の重要性については、子供たちには食に関する正しい理解と適切な判断力を養うこと、食事の楽しさ、安全食事の大切さ、適切な栄養価を満たす料理や食材の組み合わせ方などについて、毎日食べる給食を通して日々、子供たちに食の大切さを指導しているところであります。  

小松市議会 2019-12-09 令和元年第5回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2019-12-09

実は男性が育児、家事を分担する時間が多い家庭ほど第2子以降が生まれる可能性が高いことが統計でも明らかになっています。  厚労省の第14回21世紀成年者縦断調査の中にある子供がいる夫婦の夫の休日の家事、育児時間別に見たこの13年間の第2子以降の出生状況という調査で、夫が6時間以上家事をする家庭では87.1%が第2子以降の子供が生まれています。

小松市議会 2019-12-06 令和元年第5回定例会(第2日目)  資料 開催日: 2019-12-06

市長の考えを問う                 │ ├──┼──┼──┼──────┼───────────────────────────────────┤ │  │  │  │      │1 市職員男性の育児休業の取得について                │ │  │  │  │      │ ・現状と目標について                        │ │  │  │  │      

小松市議会 2019-11-29 令和元年第5回定例会 目次 開催日: 2019-11-29

市長の考えを問う   6番木下 裕介君     1 市職員男性の育児休業の取得について(答弁:総合政策部長)……………………………………94      ・現状と目標について      ・取得促進に向けての取り組みについて     2 プラスチックごみの削減について(答弁:産業未来部長)…………………………………………95      ・今後の取り組みについて      ・ペットボトル等について      

能美市議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2019-09-10

17条において、規則の定める基準に従い、任命者が定めるとしていますが、現在ある有給休暇、育児休業、生理休暇、産休などの休暇の扱いはどうなるのかお尋ねします。  議案第57号について、まず対象人数についてお尋ねします。  現在、週35時間の月額者、20時間から29時間のパートの方、それ以外のパートの方の人数は何人かお尋ねいたします。  

小松市議会 2019-09-09 令和元年第4回定例会(第2日目)  資料 開催日: 2019-09-09

            │ │  │  │  │      │ (1) 産み育てやすい環境づくりのために               │ │  │  │  │      │  ・こども園3号認定全世帯子供たちの保育料の公費負担      │ │  │  │  │      │  ・出産祝い金の創設について                   │ │  │  │  │      │  ・多子家庭への育児応援制度

能美市議会 2019-09-09 令和元年第3回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2019-09-09

そのほか、子供発達段階に応じた集団生活でのコミュニケーションの習得や自主性、協調性などを身につけるサポートをするとともに、保護者に対しては子供発達育児の相談等に対応しております。  このようなことは、大学等の在学中に必要な科目の履修、現場において実習も重ねており、1年目からクラス担任を任せる資格を有しております。  

小松市議会 2019-09-02 令和元年第4回定例会 目次 開催日: 2019-09-02

一般・特定不妊治療,不育治療の申請者数について       ・十分な施策を講じるべきだ     3 本市の少子化対策に併せた附帯施策について………………………………………………………110      (1) 産み育てやすい環境づくりのために(答弁:市民共創部長,市長)       ・こども園3号認定全世帯子供たちの保育料の公費負担       ・出産祝い金の創設について       ・多子家庭への育児応援制度

珠洲市議会 2019-07-03 2019.07.03 令和元年第3回定例会(第3号)  資料

┼────┼────┼─────┤ │第61号 │市長提出議案│令和元年度珠洲市一般会計補正予算(第1号) │R1. 7. 3│原案可決│     │ │    │第 58 号 │                      │    │    │     │ ├────┼──────┼──────────────────────┼────┼────┼─────┤ │第62号 │市長提出議案│職員育児休業等

珠洲市議会 2019-06-25 2019.06.25 令和元年第3回定例会(第2号)  資料

報告について(平成30年度珠洲市水道事業会計補正予算(第 │ │      │       5号))                             │ │      │                                    以上9件│ ├──────┼────────────────────────────────────────┤ │総務教育  │議案第59号  職員育児休業等

小松市議会 2019-06-18 令和元年第3回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2019-06-18

市独自の子育て支援策といたしましては、こども園や児童センター、すこやかセンター、子育てスマイルステーションなど、子育て世帯にとって身近で便利な施設親子交流、育児相談できる場所を設け、お互いに連携する子ども・子育てあんしんネットを構築し、子育て中の親が孤立せず安心を与えることができるよう推進してまいりました。  

珠洲市議会 2019-06-18 2019.06.18 令和元年第3回定例会(第1号)  資料

──┬─────────────────────────────────────┐ │ 議案番号  │          件               名          │ ├───────┼─────────────────────────────────────┤ │ 議案第58号 │令和元年度珠洲市一般会計補正予算(第1号)                │ │ 議案第59号 │職員育児休業等

珠洲市議会 2019-06-18 2019.06.18 令和元年第3回定例会(第1号)  本文

今後も、従来から実施している乳幼児と保護者を対象としたふれあい遊びに加え、幅広い年代の親子参加できる人形劇鑑賞を企画するなど、様々なプログラムを実施するとともに、子どもセンターの保育士健康増進センターの保健師が連携して育児相談や訪問事業を行うなど、この施設が本市の子育て支援の拠点となるよう取り組んでまいりたいと考えております。  

能美市議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会(第2号) 本文(代表質問・一般質問) 2019-03-11

子育て支援センターでは、孤立育児の防止を目的とした未就園児と保護者広場を設け、そこには保育士が常駐し、保護者の身近な相談相手となっています。このような気軽な相談場所から、内容によっては専門相談員へのつなぎを行うことにより子育ての早い時期から相談につなげる仕組みとなっています。  市内の認定こども園子育て支援センターは、日ごろから連絡を密にとり合っています。