29件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

能美市議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2019-03-12

また、昨年9月に経済産業から認定を受けましたIoT推進ラボの活動については、IoT、AIを知るためのセミナーを初めとした事業の展開を図っていきたいと考えております。  IT活用促進支援事業につきましては、能美市技術革新挑戦支援事業を拡充し、市内の中小企業の経営課題の解決のためのIoT導入や新製品の開発の事前の探索研究等に対して支援していきたいと考えております。  

能美市議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会(第2号) 本文(代表質問・一般質問) 2019-03-11

2013年6月に政府日本再興戦略の中で義務教育段階からプログラミン教育などのICT教育を推進すると書かれ、2016年4月、産業競争力会議で安倍首相が必修化を宣言、2020年に向け文部科学省総務省経済産業の3省が連携し、プログラミン教育推進体制がつくられています。  以上は慶應義塾大学教授総務省情報通信審議会委員の石戸奈々子さんの書で「プログラミン教育ってなに?」

能美市議会 2018-12-05 平成30年第4回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2018-12-05

他方、近年、めきめき人気が出ておりますのは、経済産業中小企業庁平成25年度からスタートした小規模事業者持続化補助金で、これは小規模事業者が商工会助言を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って販路開拓に取り組む費用の3分の2を補助する制度で、補助上限が50万円でございます。採択率は厳しく、能美市商工会会員の場合、平成27年度は33店申請で12店採択と、採択率が36%でございました。

珠洲市議会 2018-12-04 2018.12.04 平成30年第4回定例会(第1号)  本文

大会1日目は、金沢大学中村裕之教授をはじめ、金沢学院大学の藤原勝夫教授石川県大学の榎本俊樹教授による基調講演のほか、分科会が行われ、経済産業環境省厚生労働省の方々からは、講評や新たな国の動向、各種施策に関する情報提供などを頂戴し、有意義な大会となりました。  

珠洲市議会 2018-09-11 2018.09.11 平成30年第3回定例会(第2号)  本文

派遣されているのは、総務省はもちろん、文部科学省厚生労働省経済産業環境省農林水産省金融庁財務省と、様々な省庁からとなっています。珠洲市においても、SDGsをはじめ、その中に含まれる様々な施策で、国と連携をとりながら取り組むべきものが多くあるようにも思います。  

能美市議会 2018-09-10 平成30年第3回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2018-09-10

こうした取り組み方針が評価をされ、経済産業地方版IoT推進ラボ第四弾選定地域として能美市が認定を受けることになりました。  今後は、課題である人手不足対策にとどまることなく、能美市全体のIoTに対する意識醸成を図り、さまざまな地域課題の解決につなげていきたいと思っております。  

能美市議会 2018-06-13 平成30年第2回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2018-06-13

内容につきましても、経済産業関係生産性向上特別措置法施行規則第1条1項に規定する先端設備等全てとすることを考えております。  次に、能美市が対象とする企業件数はどうかというご質問でございます。  市が策定する計画におきましては、中小企業等経営強化法に基づき、国から経営力向上計画の認定を受けたものと同程度の件数を目標件数として見込むこととされております。

能美市議会 2018-06-12 平成30年第2回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2018-06-12

経済産業が2016年に発表した調査によると、2020年には37万人、2030年には何と79万人のIT人材が不足になると予測されています。石川県内でも白山市加賀市、かほく市などが経済産業から認定され、IoT推進ラボを発足され、自治体教室やイベントを開くなど必修化を見据えた動きがあります。  

能美市議会 2017-03-16 平成29年第1回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2017-03-16

この工業用水道事業は、経済産業認可を受けて実施をしております事業となります。能美市においては、辰口第一工業用水道事業、辰口第二工業用水道事業、根上地区工業用水道事業の3つの工業用水道認可を受けており、それぞれの事業ごとに水源や配水施設、導水管、送水管などの整備費用及びそれらの維持管理費等を勘案して料金を算出しておりますので、工業用水事業ごとに料金単価が違ってまいります。  

珠洲市議会 2017-03-06 2017.03.06 平成29年第1回定例会(第2号)  本文

会場問題などで日本中が注目しているところでありますが、経済産業関東経済産業局では、2020年東京オリンピック・パラリンピック活用地域活性化戦略プラン検討会を開催し、オリンピックなどの開催時に世界に向けて発信することが望ましい日本の魅力を改めて整理し、主要テーマごとに具体的な地域活性化戦略プランを提示いたしました。  

珠洲市議会 2016-09-13 2016.09.13 平成28年第3回定例会(第2号)  本文

歴史的・文化的価値があることは、平成21年2月、経済産業から近代化産業遺産に認定されていることにも示されています。  初点灯は明治16年7月10日、日本の灯台の父と呼ばれるスコットランド出身のリチャード・ヘンリー・ブラントンの設計を踏襲しつつも、日本人の手による最初の洋式灯台であり、灯台正面に掲げられた菊の紋章が国産のあかしと言われています。  

能美市議会 2016-03-09 平成28年第1回定例会(第2号) 本文(代表質問・一般質問) 2016-03-09

市長の提案説明にもあったように、市内の技研、オンワード技研、東振精機の3社が経済誌発表の本当に強い地方企業ランキングで高く評価され、また平成26年に経済産業が選定したグローバルニッチトップ企業100選に小松精練と東振精機の2社が選定されております。表彰された企業を初め地場の企業は、ものづくりのまち能美の大切な宝であります。

珠洲市議会 2015-06-30 2015.06.30 平成27年第4回定例会(第2号)  本文

次に、国が都道府県単位で行う高レベル放射性廃棄物最終処分場に関する自治体向け連絡会についてでありますが、経済産業資源エネルギー庁から、電子メールによる文書での開催案内が先般6月3日にございました。内容は、国の基本的な考え方等について自治体情報提供するべく、7月1日に金沢市で連絡会を開催したいとのことでありました。

能美市議会 2015-06-03 平成27年第2回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2015-06-03

私自身も環境省環境カウンセラー経済産業の省エネの普及指導員、そして県の地球温暖化防止活動推進委員の認定を受け環境問題に取り組んでおります。市内には環境ボランティア、女性団体を含め多くの環境に取り組んでいる方々がおります。環境の問題を考える上で、行政から市民への啓発の取り組みを、行政市民協働で行うことが必要と考えます。

能美市議会 2012-06-19 平成24年第2回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2012-06-19

先月、経済産業有識者委員会で、固定買い取り額が高目に設定。再生エネルギー発電の普及をねらうことになり、7月より実施されることになった。  そこで質問いたします。  設定によると、小水力発電の200万キロワットアワー未満は1キロワットアワー当たり35.4円の買い取り額。年間20万キロワットで714万円となり、14年で償却可能と計算される。

能美市議会 2012-03-08 平成24年第1回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2012-03-08

また、本事業に関する助成制度がないか経済産業に確認したところ、平成24年7月からの再生可能エネルギー固定価格買い取り制度により、設備投資に係る補助事業が廃止になると聞いております。  この排水路の有効利用を図りたい気持ちは嵐議員同様ではありますけれども、説明させていただいた状況を勘案し、断念したといったところでございます。  

  • 1
  • 2