9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

七尾市議会 2016-12-12 12月12日-02号

有害鳥獣におきましては、わな捕獲しております。狩猟期間においては銃器、わな、くくりわな捕獲を行っております。今年度わなに何頭入ったかをセンサーで確認できるICT情報通信技術ですけれども、それを活用いたしました大型囲いわな設置しまして、実証試験を行っているというところでございます。 次の御質問の全県的に取り組む対応マニュアルがあるかないかという御質問でございます。 

白山市議会 2015-12-09 12月09日-03号

白山市では、鹿、イノシシわなは何基貸し出しているのか、そしてまたことしは何基ふやしたのかをお聞きしたいと思います。 それに駆除した個体の処分方法であります。設置駆除した人に捕獲奨励金をどれくらい出しているのかをお聞きしたいと思います。 せんだっても新聞報道でありましたとおり、それぞれの能登地区では大きな捕獲奨励金が出ていることは、皆さん御存じのとおりであります。

輪島市議会 2014-12-10 12月10日-02号

先日も、ようやく輪島市で2例目となるわなによるイノシシ捕獲報道がありましたが、わなでの捕獲ではとても対応し切れない感があります。また、電気柵設置も集落全体を囲うなど広範囲に設置が必要で、限界もあります。 一番の対策捕獲することで、その生息数を減らすことと考えますが、捕獲には狩猟免許が必要と聞いております。狩猟免許を持つ市内の猟友会会員状況はどうなっているのでしょうか。

小松市議会 2014-03-14 平成26年常任委員会連合審査会 本文 開催日: 2014-03-14

アライグマ対策予算内訳としまして、一つ、アライグマ捕獲用わな購入費及び今8基ございますけれどもそのわな修繕費及び餌の購入費としまして5万円。次は、市職員2名分の狩猟免許受験料としまして2万円。アライグマ美化センター持ち込み手数料といたしまして4万2,000円、合わせまして合計11万2,000円でございます。  

七尾市議会 2010-09-08 09月08日-02号

さらに、狩猟免許を持っている方にお願いをすると同時に、新たに狩猟免許を取得したいという方々にも、特に中山間地においでる方々免許を取っていただいて、捕獲をお願いするということが非常に効果があるわけでございますので、狩猟免許取得助成もことしから行おうとしているところで、今、今議会にもこの助成金と、それからわな設置委託費を提案をいたしているところでございます。 

七尾市議会 2010-06-17 06月17日-03号

今後は、電気さくなどの研修会を行いまして、被害対策としてのわなの増設なども行っていきたいというふうに思っているところでございます。」というものでした。 そこでまず、それがどうなっているのか、それをお伺いいたします。 さらに、イノシシ、シカとくれば大変な状況だなというふうに私は思っております。といいますのも、俗説ではございますが、イノシシがあらわれ、何年かするとニホンジカがあらわれる。

七尾市議会 2009-12-07 12月07日-02号

被害対策としては、電気さく設置が一番効果がある、また、わなも併設して実施するということになれば効果も上がるというふうに言われているところでございます。 いずれにしましても、地域の取り組む課題としましては、イノシシのすみかとなる場所を排除することや、えさ場となるような場所をつくらないということを指導していきたいと思っております。

  • 1