23件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

金沢市議会 2026-09-12 09月12日-04号

福井県内の発生が確認された本年7月以降は、捕獲された野生イノシシに加え引き続き検査に協力するなど、豚コレラ感染状況の把握に努めてきているところであります。また、市内には酪農家はありませんけれども、多くの消費者がいます。石川金沢食肉流通センターがあります。県内及び福井県から豚が搬入されておりますことから、場内に新たに消石灰帯を設けるなど、消毒体制強化を図っているところであります。

白山市議会 2020-03-06 03月06日-02号

経営は東急リゾートサービスで、宿泊施設もあり、福井県内はもとより関西圏の客も3割弱とのことでありました。恐竜博物館とコラボして、年間企画ウインターシーズングリーンシーズンに分け、夏場はジオ・イルミネーションが人気です。今は多くの来場者があるようですが、今後10年のスキー人口の見通しをお尋ねしたところ、怖くて言えないとの答えでありました。

珠洲市議会 2018-12-11 2018.12.11 平成30年第4回定例会(第2号)  本文

今年は、1月中旬から大雪に見舞われ、2月初旬には、福井県内の国道で約1,500台の車両が数日間にわたり滞留する大渋滞が発生し、住民生活はもとより、学校の休校、企業の休業、経済活動など、多方面に大きな影響をもたらしたことは、記憶に新しいところです。これは、動脈とも言える幹線道路で起こったことではありますが、私たちの身近なところでも起こり得ることであります。

加賀市議会 2018-12-10 12月10日-02号

本件に関しましては、参加者を取りまとめる事業者から福井県内宿泊施設は大会の選手や役員で占められるため、近隣での宿泊を検討しているというお話を受け、本市助成制度を活用し、これを誘致することとしたものでございます。 本件では、延べ8,814人の宿泊があり、これに1泊当たり500円を乗じた約440万円が急遽必要となり、本議会において補正予算を増額計上させていただいたものでございます。 

小松市議会 2014-03-11 平成26年第1回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2014-03-11

また、福井県内には敦賀原発、美浜原発を初め全国最多の14基の原発を抱えておりますが、原発事故による放射能汚染事故は普通の災害とは全く性格を異にしております。逃げた先の小松市に放射能が届かないとは言えません。風向きによって小松市も汚染される可能性があります。そうなれば逃げた先での2次汚染も考えられます。

野々市市議会 2014-03-10 03月10日-02号

地方自治体では福井県内、鯖江市などの取り組みが顕著で、防災・統計など69の県独自のデータのほか、県と県内17市町の計1,000を超える公共施設情報を公開した県オープンデータライブラリー県ホームページに開設しました。各地方自治体などは、自治体が直面する課題の解決に貢献し、地域住民にとって役立つスマートフォン用アプリ、またはWEBアプリを開発しています。

加賀市議会 2013-06-10 06月10日-02号

そのほか、福井県内の各首長さん、関係諸団体がございます。率直なところ、大変政治的な大きな問題にもなりますので、非公式な意見交換という形では鋭意進めております。というよりも、むしろ意見を非公式に求められます。こういうことに関して、実務的にかつて仕事をやっていた関係があるんだろうと思います。 

野々市市議会 2012-09-11 09月11日-02号

福井県内医療機関であれば大丈夫だそうですが、県外の病院の場合は野々市市と同じような形になるということでした。このやり方は福井県では他の市も同じように対応しているそうです。一番最初の登録時は重度障害者認定を受けるために市役所に来てもらい、保険証と通帳のコピーを持参しておけば、あとは市役所の窓口まで来なくていいそうです。

加賀市議会 2011-09-02 09月02日-01号

そこで、10月には福井県内勝山市、あわら市、坂井市、永平寺町と加賀市の各首長が一堂に会し、協議会を立ち上げ、新たな観光客層の開拓に向けて連携を深めたいと考えております。 それでは、今議会に提案しております議案について御説明申し上げます。 議案第56号は、一般会計補正予算であります。 補正額は、3億3,910万円を増額し、補正後の総額は303億1,210万円となります。 

加賀市議会 2011-06-21 06月21日-03号

一方、福井県内のそれぞれのお立場がございます。それぞれの立場地域の発展を考えておられると思いますから、この点につきまして、私は関係する市長さんには、事前に私はこう考えておるということはお伝えいたしております。加賀市長としての立場は十分に理解していただきました。今後、少しずつお互いに歩み寄りが図れればというふうに考えておるわけでございます。

能美市議会 2011-06-16 平成23年第2回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2011-06-16

特に関西電力は、その電力の約半分を、主に福井県内にある多くの自社や日本原子力発電の原発に依存していると聞いております。大口電力消費地関西近畿圏で、原発停止により電力不足に陥った場合には想像を絶するものがあろうかと思います。先般、東電の一律15%カットの節電計画が発表されただけで東電供給地域での該当地区では、まさにパニック現象が発生したことは記憶に新しいところであります。

加賀市議会 2010-12-13 12月13日-02号

また、加賀市は福井県との県境に位置していることから、福井嶺北地区の患者の受け入れ福井県内医療機関への搬送もあり、今後も、県境を越えた連携を図っていくことも重要なことであると考えます。 このように、各医療機関が持つ機能と担うべき役割を明確にし、連携強化を図っていくとともに、加賀市として、市民が安心できる救急医療体制の整備を図ってまいりたいと思います。 ○議長(上出栄雄君) 小塩作馬君。

小松市議会 2008-09-16 平成20年第3回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2008-09-16

主に福井県内のインターチェンジからの利用が約9割と大部分を占めております。  また、実験開始後の4月の月平均で1日当たり280台でございました。ちょっと減ったような感じがいたしました。8月の月平均では1日当たり330台というふうに増加をしてきております。したがって、5カ月の平均が1日平均310台というふうになっておるわけでございます。  

加賀市議会 2006-09-11 09月11日-02号

議員御指摘の勝山市など、福井県内での第3子に対する手厚い子育て支援策承知をいたしております。しかし、子育て支援では、経済的負担の軽減ばかりを優先するのではなく、子供たちが遊びやスポーツなどさまざまな体験活動を通じて本市独自の文化、また海や山や湖、温泉など、言いかえれば日本の縮図のような自然と日常的なかかわりを持ちながら成長できる環境を充実させることが大切であると考えております。

能美市議会 2005-12-08 平成17年第4回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2005-12-08

承知のようについ最近も、お隣の福井県内子供のない老夫婦が他人に迷惑をかけられないと、すべての財産を市に寄附された上、焼身自殺をされております。まさに現代版楢山節考を地でいく思いであります。この現在の老人福祉のあり方に対する盲点をつかれたような気持ちを私は持っております。介護保険老人福祉体制ではどうにもならない現実に暗たんたる思いをしているのは、今申し上げました私だけではない。

白山市議会 2005-09-21 09月21日-03号

現在、福井県内で69の店が認証を受けております。白山ろくで生産されたそばを使う店なら、どこで営業していてもそばつながりの仲間であります。 また、白山そばブランド化が実現すれば、認証店には「白山そば」と書いたのぼり旗を立てることを認め、白山そばのPRと他の店との差別化を図ることも考えられます。福井県の取り組みを参考にしながら、白山市独自の認証制度の創設を提案いたします。 

小松市議会 2005-06-14 平成17年第2回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2005-06-14

地域別入学状況は、石川県内が62名、富山県内が4名、福井県内が10名、北陸3県以外が23名、そして留学生が5名という状況にございます。  また、石川県内の62名のうち、地元の第1学区、いわゆる小松地方でございますが、入学生は28名でございます。第2学区は25名、第3学区は8名となっております。

白山市議会 2005-06-14 06月14日-01号

問題として、気候、環境の違いによる影響が考えられますが、近郊の福井県内でも成功している例があることから、本市で取り組むことは十分可能であると考えます。 次に、東京都小平市について申し上げます。 小平市は、都心からわずか26キロメートルの距離にありながら市内樹林地が点在し、ケヤキ並木青梅街道が市の中央を東西に貫く、今なお武蔵野の面影を残す人口17万人余りの市であります。 

輪島市議会 2002-12-13 12月13日-03号

現在の輪島市における汚泥処理は、新潟、福井県内処理業者、合計3社と契約をしているわけですが、受け入れ先ではセメントやレンガなどの一部原料として使用しているとのこと。先の見えない我が国の経済不況公共工事の抑制などによって需要がますます減ってくると思いますが、そうすると受け入れ業者などから次の契約ができない状態が起きてくるのではないでしょうか。このことについて不安がないでしょうか。 

  • 1
  • 2