運営者 Bitlet 姉妹サービス
1430件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-25 金沢市議会 平成30年 12月 定例会-12月25日−05号 4つ目に、新たな研究領域の追加として、美大においては、映像分野の第一線やその関連分野で活躍する多くの人材を輩出していることから、将来性が高く、卒業後も幅広い活躍が期待される映像表現等のメディア芸術分野を新たに研究領域として追加するなど、文化芸術の交流拠点機能の拡充に意を用いることを求めました。   もっと読む
2018-12-21 小松市議会 平成30年第4回定例会(第5日目)  本文 開催日: 2018-12-21 また、打木町のみょうこう柿の実証試験に対する支援も行うとのことでありますが、干し柿だけではない柿の幅広い活用について研究を行うよう求めました。   もっと読む
2018-12-11 小松市議会 平成30年第4回定例会(第4日目)  本文 開催日: 2018-12-11 市として中小企業に対する支援の利用状況でございますが、こちら市といたしましては国、県、商工会議所、また大学など研究機関など多様な主体と連携協力いたしまして支援を行ってございます。  具体的には、経営モデルチェンジ支援事業といたしまして産業の高度化を図るためドローンの購入費などに支援を行っております。   もっと読む
2018-12-10 小松市議会 平成30年第4回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2018-12-10 それから、このインターンシップ、それから企業の経営者を招いたり、1年目ですから近隣にも大変北陸3県、優秀な企業がたくさんございますのでそちらのほうに直接出向いて、そこの経営者、また現場を見ていただく、研究機関を見ていただく。そういうことも1年生から始めております。こういうことは大変珍しいと思います。 もっと読む
2018-12-07 小松市議会 平成30年第4回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2018-12-07 小松駅東周辺を地(知)の拠点実現に向けまして、八日市地方遺跡を学びたい学生、研究者が全国から集い、市民とともに研究成果を活用する場となるように取り組んでまいりたいというふうに考えております。  続きまして、加賀国の成立、そして加賀の国府についてお答えをさせていただきます。   もっと読む
2018-11-29 小松市議会 平成30年第4回定例会(第1日目)  本文 開催日: 2018-11-29 また、市内企業と連携し、ICTを活用した除雪方法の調査研究を始めており、今後、より安全で効率的、スマートな降雪体制の構築を図ってまいります。  現在、第4次産業革命が進展している中で、無人航空機ドローンは、農業、土木、建設、物流、災害対応などさまざまな分野での活用が見込まれています。10月には県内の自動車学校で初めてドローン操縦士を養成するドローンスクールが開校しました。 もっと読む
2018-11-27 金沢市議会 平成30年 11月 文化学術振興特別委員会-11月27日−01号 (5)新たな研究領域の追加では、委員からの意見や視察を踏まえ、将来性が高く、卒業後も幅広い活動が期待されている映像等の分野を新たな研究領域として追加していくことを求めている。最後に「3.おわりに」として結びの言葉を述べている。  なお、前回、玉野委員から意見交換に参加した美大生にさらに意見を聞いてはどうかという意見があったが、特段の意見はなかった。  正副委員長案について、意見があれば発言願う。 もっと読む
2018-11-13 金沢市議会 平成30年 11月 経済環境常任委員会-11月13日−01号 本市と11の大学等高等教育機関で構成する産学連携事業運営委員会では、大学等が持つ研究成果であるシーズ等を企業担当者に紹介し、新製品の開発や新技術の開拓に結びつける発表会を初めて開催する。  発表会では、3Dプリンターによる高精度で最新の金型製作技術や、壊れやすい物をつかむことができるロボットハンド、建築デザイン等によって金澤町家の機能向上を図るなどの取り組みについて紹介する。 もっと読む
2018-11-13 金沢市議会 平成30年 11月 総務常任委員会-11月13日−01号 施設運営の分野においては、金沢は保育施設については民間施設の割合が非常に高いが、各施設が情報共有や共同研究などで切磋琢磨しているとの意見や、子ども・子育て支援の新制度に移行した後に保育施設を中心に教育の意識が高まっており、認定こども園などでは人材配置も柔軟に行うことができるといった意見もあった。 もっと読む
2018-10-22 金沢市議会 平成30年 10月 文教消防常任委員会-10月22日−01号 7回目の12月8日には「地域の災害に対するリスク感を高める方策」をテーマにグループ研究発表の資料を作成することとしている。また、今年度は石川中央都市圏の3市2町の防災士も29名参加しており、連携を深めている。防災士シンポジウムin石川は、本市を初め4市2町で構成する石川中央都市圏防災連絡会議が主催し、金沢市駅西健康ホールで開催する。 もっと読む
2018-10-15 金沢市議会 平成30年 10月 一般会計等決算審査特別委員会-10月15日−01号 委員の指摘については、私もいろいろな人から要望を聞いているので、こういった課題については引き続き研究していきたい。 ◆上田雅大委員 ふるさと納税について、今期、過去最大の赤字額との新聞報道を見た。  ①一昨年には1億数千万円の寄付があるようだが、本来入るべき額と入ってきた額の内訳等を教えてほしい。   もっと読む
2018-10-09 金沢市議会 平成30年 10月 企業会計決算審査特別委員会-10月09日−01号 職員の教育・研修・研究体制の強化だが、引き続きナンシー大学病院との連携を行ったほか、パソコンなどを使って自由な時間と場所での医療安全や感染対策についての研修を実施、認定看護管理者等の専門資格取得の支援も行った。また、看護学生や薬学生84名の実習の受け入れを行った。  職員の勤務環境の改善だが、医師、看護師等の医療従事者のワークライフバランスを考える研究チームを設置した。 もっと読む
2018-10-01 金沢市議会 平成30年 10月 防災・安全対策特別委員会-10月01日−01号 夏季に災害が発生したときには、レンタルのエアコンを手配している事例もあると聞いているので、そういった事例の研究を進めて、対応していくこととしている。 ◆森尾嘉昭委員 地震であれ水害であれ、いつ何どき起こるかわからないので、今の時点で避難所の安全対策が十分でないと判断できる場所については即刻、必要な配置等の検討が必要だと思う。 もっと読む
2018-10-01 金沢市議会 平成30年 10月 文化学術振興特別委員会-10月01日−01号 次の目標としては、柳宗理の作品を預かっているので、この研究を深め、研究の成果を国際的に発信する場所にしていきたいと思っている。 ◆森一敏委員 ここではかなりたくさんの学生が活動しているのか。 ◎山崎剛学長 分野としてはデザインが中心になる。普段だと作品が学内だけで公開されているが、作品をこの研究所に持って来て展示している。いろいろな人に見てもらうことで、さまざまな交流が生まれると思っている。 もっと読む
2018-09-27 小松市議会 平成30年第3回定例会(第4日目)  本文 開催日: 2018-09-27 以上、本委員会の飛行の安全及び飛行場周辺まちづくりに関する調査は、重要かつ長期にわたるものであり、閉会中も引き続き調査研究すべきものと決した次第であります。何とぞ各位の御賛同を賜りますようお願い申し上げ、御報告といたします。 もっと読む
2018-09-21 能美市議会 平成30年第3回定例会(第4号) 本文(委員長報告・採決等) 2018-09-21 総務常任委員会では、所管事務調査の年間テーマについて、公共交通におけるデマンド型交通システムの可能性についてと決定し、担当部局を交えての勉強会や先進事例を学ぶための行政視察を行うとともに、公共交通に関する議会意見交換会の内容の精査など、調査研究を行いました。  今定例会において調査の概要についてご報告を申し上げます。   もっと読む
2018-09-14 金沢市議会 平成30年  9月 文教消防常任委員会-09月14日−01号 今後とも有効な観客動線の検討や入場券交付の時間の短縮を研究して、比較的すいている日や時間帯への誘導の強化など、一層の混雑解消に取り組み、来場者に少しでも快適な環境で観覧してもらえるよう努めていく。 ・千田北遺跡で発掘された宗教関連遺物について・・・・・飯田文化財保護課長  文化スポーツ局報告案件-4を見てほしい。   もっと読む
2018-09-14 金沢市議会 平成30年  9月 経済環境常任委員会-09月14日−01号 また、熊研究の権威である石川県立大学の大井教授から、昨年度、本市と連携して実施した熊等多頻度出没地点調査の結果に基づき、地域や個人ができる対策等について説明してもらう予定としている。  キノコ採りや行楽のシーズンになるので、全町会での班回覧チラシの配布、市広報への掲載、クマメールへの登録推進等を通じて注意喚起に努めていきたい。 もっと読む
2018-09-14 金沢市議会 平成30年  9月 総務常任委員会-09月14日−01号 7目企画費の総合行政対策費は、未来に向けた子ども施策の充実について懇話会を設置して検討するほか、持続可能な地域社会をつくるため、国連大学オペレーティング・ユニット等と共同研究を実施するものである。  23ページ、14款1項1目予備費は、今回の補正に必要な財源として特別需要予備費の残額の全額を減額組み替えるものである。   もっと読む
2018-09-13 金沢市議会 平成30年  9月 定例会-09月13日−04号 そのため、子どもの指導を直接担う教職員には、教育課程を中心に学校の教育活動全体の質的な向上を図るカリキュラム・マネジメントの実現や、主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業改善、教材研究、学校評価の改善、充実などを進める力が求められています。 もっと読む