7件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

白山市議会 2015-09-08 09月08日-02号

特に正常眼圧緑内障は、緑内障の約7割を占めていると言われ、眼圧正常値にもかかわらず視野が欠けていく緑内障のタイプで、眼圧検査だけでは発見できず、眼底検査、視野検査が診断のために必要といいます。患者の8割から9割が未受診と言われ、失明を未然に防ぐためにも眼科検診早期発見早期治療が大変重要であることがわかります。 

白山市議会 2013-06-14 06月14日-03号

調査によりますと、眼圧眼底検査など独自の眼科検診をしている自治体は、全国で42カ所です。検診の開始時期は、緑内障の発症がふえるとされている40代からで、頻度は5年に1度が多いです。 しかし、2008年に導入された特定健診、メタボ健診で眼科検診の対象は、メタボの基準に全て該当し医師が必要とした人に限られています。

野々市市議会 2007-09-13 09月13日-02号

その2は、老健法に基づく基本健診項目にあった心電図眼底検査、検尿貧血検査医師判断で実施する精密検査となり、胸部レントゲン検査は除外されることになります。町は、これまでの健診は、病気早期発見や町民の安心につながるなどの効果はなかったという判断でしょうか。 その3は、自己責任論のもとで健診や保健指導を受けない人へのペナルティが強化されることはないのでしょうか。 

小松市議会 2007-09-12 平成19年第5回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2007-09-12

健診項目につきましては、より内臓脂肪型肥満に着目して設定され、基本的な健診項目医師判断により実施いたします詳細な健診項目貧血検査心電図検査眼底検査などが設定されております。  国が設定した基本的な健診項目では、従来の基本健診に比較し廃止されたものとして3点、総コレステロール、クレアチニン、尿鮮血。追加されたものとして2点、腹囲、LDL(悪玉コレステロール)となっております。  

野々市市議会 2006-12-15 12月15日-02号

現在、町のさわやか健診の基本健診の中で、医師判断により、必要な方に専門医を紹介し眼底検査を実施しており、現行の体制を徹底する方向で現状を見てまいりたいと考えております。 また、眼科で視力や老眼度を調べる機会に、緑内障などの目の病気がないかもあわせて検査を受けるよう啓発をしていきたいと思っております。ご理解をお願いいたします。 私事で恐縮ですが、私も緑内障と診断されました。

  • 1