86件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小松市議会 2019-12-06 令和元年第5回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2019-12-06

一番私は大事だと思っておりますのは、バランスのとれた産業構造ということです。これは一つには高齢化が大変今から進むと。私どももその仲間に入ってまいるわけですね。そのときには元気で、そしてまた社会貢献、そして次世代へのいろんなサポートをしっかりとできる、そういうまちづくりが大事であります。それから、インバウンドでございます。そしてもう一つは、人生100年時代、学んでいく、勉強していく。

小松市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2019-03-04

一方、ハイテク技術もどんどん進化をしておりまして、これまでの仕事のやり方、また産業構造、これでは太刀打ちできないというのも事実であります。こういう意味では、さらなる変革をしていく。それのためのいろんな助成制度、またいろんなシンクタンクとのいろんな交流、こういうことをさらに仕掛けていくことが行政として非常に重要だろうというふうに思っております。  

小松市議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2018-12-10

正連寺エリアにおきましては、以前長寿社会適応した医療健康関連産業の立地を進め、女性やシニア、若者の活躍による新産業の創出、農林水産業の6次産業化など、本市の産業構造を景気の変動に左右されにくいバランスのとれた構造へと進化させるため、誘致活動を精力的に取り組んでいると答弁されておりました。  

小松市議会 2018-09-11 平成30年第3回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2018-09-11

しかし、これからはやはり抜本的に産業構造が多分変わると思います。人口減少もあると思います。そんな中、やはり変革に対応した形で行っていかなくてはいけないと思いますし、地域の活性化もすべきだと思っております。  そのためにも、やはり1300年の次の100年に向けて、若者が商売しやすくできるような仕掛けづくりが必要だと思います。

小松市議会 2018-09-10 平成30年第3回定例会(第2日目)  資料 開催日: 2018-09-10

                      │ │  │  │  │      │  ・空き家や空き店舗を活用する制度は               │ │  │  │  │      │  ・チャレンジビジネス応援制度を創設すべきだが現行の制度は    │ │  │  │  │      │  ・那谷寺開創及び粟津温泉開湯1300年を迎え,次の小松の100年│ │  │  │  │      │   に向け産業構造

小松市議会 2018-09-03 平成30年第3回定例会 目次 開催日: 2018-09-03

     (5) これからの産業支援について(答弁:産業未来部長)       ・企業誘致の進捗状況は       ・現行の制度社会情勢での課題は       ・起業支援の成功例は       ・空き家や空き店舗を活用する制度は       ・チャレンジビジネス応援制度を創設すべきだが現行の制度は       ・那谷寺開創及び粟津温泉開湯1300年を迎え,次の小松の100年に        向け産業構造

小松市議会 2017-12-11 平成29年第4回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2017-12-11

小松市では、これからの長寿社会適応した医療健康関連産業の立地を進め、女性やシニア、若者の活躍による新産業の創出、農林水産業の6次産業化など、本市の産業構造を景気の変動に左右されにくいバランスのとれた構造へと進化させるため、誘致活動を精力的に取り組んでいるところでございます。  

能美市議会 2017-11-28 平成29年第4回定例会(第1号) 本文(提案理由説明等) 2017-11-28

これまで、新たな雇用の場の創出や産業構造の高度化、地域経済の活性化、税財源の確保を目的としまして、県ご当局ご支援のもと、企業誘致に積極的に取り組んでまいりました。  そうした中、電子部品大手の株式会社金沢村田製作所が、ソニーの旧根上工場を取得し、約300億円を投じて能美市に工場を開設するとの発表がありました。

小松市議会 2017-06-27 平成29年第2回定例会(第5日目)  本文 開催日: 2017-06-27

今年度から2019年度までの3年間で、既存産業のさらなる強化、新分野進出支援、企業誘致を進め、バランスのとれた産業構造に転換し、2019年度以降は未来を拓く創造的ものづくりへつなげていくとの説明を受けましたが、数値目標を持つことだけにとどまらず、過去の検証を行い次につなげていくよう、また企業誘致には全力で取り組むよう求める意見が出ました。  最後に、委員会における説明資料についてであります。  

小松市議会 2017-06-13 平成29年第2回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2017-06-13

特に最近では、人口減少、産業構造の変化に伴い、働き手の奪い合いが生じている中、全国的にも人手不足が問題となっております。ハローワーク小松のことしの有効求人倍率を見てみますと1.5前後を推移しております。  安倍晋三首相は、ことし1月の施政方針演説の中で、有効求人倍率都道府県で1倍を超えたことを改めて強調し、「全国津々浦々で、確実に「経済の好循環」が生まれています」と述べました。

小松市議会 2017-06-12 平成29年第2回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2017-06-12

本市は、産業競争力の強化、そして農林水産業工業商業のバランスのとれた産業構造の構築を目指しておりまして、特に6次産業化についても取り組みを強化しているところであります。  正蓮寺エリアの産業団地につきましては、5月末現在の進捗率は約40%でありまして、連絡道路も含め12月の完成予定でございます。  

小松市議会 2017-06-05 平成29年第2回定例会(第1日目)  本文 開催日: 2017-06-05

本市は、1次・2次・3次産業、そして6次産業がバランスのとれた産業構造を目指しており、また女性を初め多くの人々に魅力ある産業団地となるよう、正蓮寺エリアではことし12月竣工を目指して造成しているところです。花坂エリアの北陸新幹線建設発生土処理地についても、4年後には産業団地としての活用を視野に入れております。

小松市議会 2017-03-15 平成29年第1回定例会(第4日目)  本文 開催日: 2017-03-15

今後ともバランスのとれた産業構造となるよう企業誘致に努め、雇用の拡大を図っていくよう求めました。  芦城公園四季の花物語費については、芦城公園には樹齢200年を超えると推定される大藤があり、その藤棚の増設工事、また藤棚のライトアップに要する費用とのことであります。ライトアップを行うことにより誘客増加にもつながりますので、市全体において継続的に実施し、魅力アップを図っていくよう求めました。  

小松市議会 2017-03-06 平成29年予算決算常任委員会総括質疑 本文 開催日: 2017-03-06

75 【早松総合政策部長】 税収のお話等々いただきましたけれども、本当にやはり産業構造の多様化というのはずっと頑張って進めておりますが、そういうことも重要だなと考えております。  いずれにいたしましても、地方財政というものは税収が伸びても、議員おっしゃったとおり交付税とプラスマイナスされると。

小松市議会 2017-02-20 平成29年第1回定例会(第1日目)  本文 開催日: 2017-02-20

産業イノベーション観光健康分野、教育等の新産業創出、たくましい農林水産業と6次産業商業モールなど、バランスのとれた産業構造の強化を目指してきました。  ものづくりは人材育成が大事です。技術者や経営者、伝統産業の後継者など、多くの育成支援策を講じてきました。

小松市議会 2016-12-06 平成28年第5回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2016-12-06

それから、新規誘致の方針、目途につきまして、さまざまな方面からの企業誘致に取り組んではどうかという御指摘だったと思いますが、これは繰り返しになりますけれども、まず本市の産業立地で一番重要なことは、本市の産業構造ですね。景気の変動に左右されにくいバランスのとれた構造にしていくということは言うまでもないことだと思います。