188件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

金沢市議会 2024-09-11 09月11日-03号

都市の基幹的な交通手段であるというだけではなくて、まちづくりと一体となり、まちなか活性化集約都市形成に寄与するほか、御指摘環境負荷低減という観点からも、まちづくりに不可欠な都市装置としての公共交通あり方というものをしっかり議論し、さまざまな実験を重ね、具現化していくことが大切なんだというふうに思っています。 調査検討進捗状況お尋ねがございました。

金沢市議会 2022-06-25 06月25日-03号

これまでもレジ袋削減協定によるマイバッグ持参の呼びかけ、簡易包装など環境負荷の少ないサービスを行う店舗を登録し、市民への普及啓発に努めてきているところでもあります。今後も事業者の協力をいただきながら、プラスチック代替製品利用促進など資源循環取り組みを加速させていきたいと考えています。 廃プラスチックの受け入れのことについてお尋ねがございました。

金沢市議会 2020-12-10 12月10日-02号

食品ロスを含めた多くのごみを廃棄するため、ごみ処理に多額のコストがかかっていますし、可燃ごみとして燃やすことでCO2排出焼却後の灰の埋め立て等による環境負荷も考えられ、また、人類や社会への観点では、多くの食品ロスを発生させている一方で、7人に1人の子どもが貧困で食事に困っている状況と言われています。私たち金沢市民一人一人が食べ物をもっと無駄なく大切に消費していく必要があるのであります。

金沢市議会 2020-03-12 03月12日-03号

ただ、本市とヨーロッパとのまちなか交通規制をはじめ、前提となる様々な事情は異なるものではありますけれども、新しい交通システム導入が、公共交通優先まちづくりが、まちなか活性化環境負荷低減にも寄与するということを踏まえ、明年度は、停留所や車両基地の配置、概算事業費などの調査検討を深めることとしておりまして、令和3年度には、導入機種に関する一定の方向性をお示しできればというふうに思っています

金沢市議会 2020-03-11 03月11日-02号

将来世代にわたっての環境負荷低減を図るためには、家庭系と同様に、事業系ごみについても、その減量化資源化推進は不可欠であると考えております。今、企業には、地球温暖化気候変動など世界的な課題を克服するため、国連の持続可能な開発目標--SDGsに掲げられた目標を達成する視点が求められており、金沢SDGsでは、2030年の目標達成に向けて、5つの方向性が示されております。

小松市議会 2020-03-09 令和2年第1回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2020-03-09

利用者からは、バス通勤のメリットとして、移動体力負担軽減、雨や雪の日でも利用しやすい、エコ通勤により環境負荷低減につながるとの評価でございました。特に、日本の運転免許を持たない外国人従業員利用が定着した一方、マイカー通勤者利用一過性にとどまった結果でございました。  

白山市議会 2019-12-11 12月11日-03号

議員御案内のフードドライブフードバンク活動は、さまざまな事情で販売できなくなったあるいは不要とされた食品の寄贈を受け、必要としている人に届けるもので、食品ロス削減につながるとともに、余剰農産物有効活用食品廃棄物削減による環境負荷軽減福祉施設への食品提供による社会福祉への貢献などの効果があるものと認識をいたしております。 

七尾市議会 2019-12-09 12月09日-02号

具体的には、焼却方式でありますストーカ方式流動床方式につきまして、その整備実績運転性安全性環境負荷等の観点から検討を行っております。 その結果ですけれども、ストーカ方式は、先ほど議員からもありましたが、1点目としては50年以上の歴史と数多くの整備実績を有しており、技術的にも確立されていると、そういったことから安定性安全性等の面で信頼性が高いということが1点。

金沢市議会 2019-03-12 03月12日-03号

照明LED化は、私は、地球温暖化対策強化、さらには環境負荷だけではなく、財政的な面でも将来負担軽減にもつながっていくというふうに思っています。照明状況整備費用の把握が必要であります。施設整備計画との整合性というものもあります。課題もありますことから、まずは公共施設等へのLED照明導入あり方につきまして調査検討を進めてまいりたいというふうに思っています。

金沢市議会 2019-03-11 03月11日-02号

一方、事業系ごみ排出量は、平成30年2月の搬入手数料の改定以降もほぼ横ばいで推移していることについては、事業系ごみは景気に左右される面があるため、新幹線開業後の好調な経済活動が持続していることが要因ではないかと説明されておりますが、将来世代環境負荷を極力減らすためには、家庭ごみと同様に、事業系ごみについても減量化資源化を進めていかなければならないと思っております。

金沢市議会 2018-12-19 12月19日-03号

環境負荷のことも常に考えていかなければなりません。そんなことを考えた場合、公共交通ネットワークの幹として本市のまちづくりに不可欠な装置だというふうに思っています。現在、新しい交通システム導入に向け、昨年2月に検討委員会から御提言いただきました公共交通利用促進導入空間確保など、さまざまな課題解決に向け取り組んでいるところであります。

野々市市議会 2018-12-12 12月12日-03号

しかし一方で、先般開催の野々市市第一次総合計画の第7次実施計画(案)の検討素材においても、「市民一人ひとり地球温暖化をはじめとする地球環境問題に対する意識を高め、環境負荷の少ない循環型社会の構築に向けた取り組みを進めるとともに」云々とあります。 また、「市民一人ひとり意識と行動のもと、ごみ減量化適正処理資源循環利用などを通じて」云々ともあります。

小松市議会 2018-09-14 平成30年予算決算常任委員会総括質疑 本文 開催日: 2018-09-14

1つは、省エネ化環境負荷低減でございます。LED照明のような高効率照明に切りかえることによりまして、電力消費量を低下させることが期待できるわけでございまして、そういったことにより省エネ化を図り、環境負荷低減させるというものでございます。また、2つ目といたしまして、行政コストの縮減であります。

金沢市議会 2018-09-11 09月11日-02号

◎山野之義市長 御指摘いただきましたように、人口減少社会、そして高齢化、超という言葉も使ってもいいであろう超高齢化社会、さらには環境負荷という観点からも、私は、公共交通ネットワークというものは大切なことだというふうに思っていますし、これから最も重要なまちづくり施策になってくるというふうに思っています。