16件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

能美市議会 2018-12-06 平成30年第4回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2018-12-06

相談者の方も「税の滞納があることはいつも胸にひっかかっている」と話されていましたが、差し押さえは、多額な滞納があるから差し押さえをするのは、この国税徴収精神に反するのではないかと思います。  まして、今まで生命保険まで解約し滞納に充て、毎月誠実に分納してきている方に、生存権を脅かす差し押さえで将来不安を招く実態に追い込んでいるのではないか。

能美市議会 2017-03-15 平成29年第1回定例会(第2号) 本文(代表質問・一般質問) 2017-03-15

博物館法によれば、博物館とは社会教育精神にのっとり、歴史、芸術、民俗産業自然科学等に関する資料を収集し、保管し、そして展示して教育的配慮のもとに一般公衆の利用に供し、その教養、調査研究、レクリエーション等に資するために必要な事業を行い、あわせてこれらの資料に関する調査研究をするということを目的とした機関であると、その目的が示されております。

能美市議会 2016-12-06 平成28年第4回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2016-12-06

そこでお尋ねいたしますが、本当に高齢者の方が老人福祉精神でとうとばれ、まさしく暮らしやすさが実感できる取り組みを具体化し、計画的に進めることが大切だと考えます。そこで具体的に能美市の取り組み理念と構想はどうかお尋ねするものです。  そして、市のさまざまな取り組みが地域へとシフトされていく中で、地域で支援する、見守る体制をつくり上げていくことは本当に重要なことであるとも感じております。

能美市議会 2012-12-13 平成24年第4回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2012-12-13

障害者雇用促進法の改正により、来年4月からは法定雇用率が現在の2.1%から2.3%に引き上げられますが、今後とも精神にのっとり早急に法定雇用率を遵守できるよう積極的雇用に取り組んでまいりたいと思っております。  また、市内企業障害者雇用の状況につきましては、能美市として調査はしておりませんが、ハローワーク小松からの情報では小松所管内におきましては1.56%の実雇用率と聞いております。

能美市議会 2011-03-17 平成23年第1回定例会(第4号) 本文(委員長報告・採決等) 2011-03-17

命を守る国民健康保険制度で命を奪うことがないように、国保精神を受けとめていただきたいと思います。  以上のことから条例改正は絶対に認めることはできません。  同時に、国保法第4条にあるように、国の義務責任を果たし改善するように強く要請、働きかけていただくよう要望しておきます。  この条例改正の関係から、議案第21号 能美市国民健康保険特別会計予算にも反対をいたします。  

小松市議会 2010-12-13 平成22年第7回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2010-12-13

そして、最小の経費で最大の効果を上げるという地方自治精神をしっかりと受けとめながら、市民の皆さんと協働社会を築いていきたいなと思っています。  ただ、その中でもこれからの大交流時代、そしてものづくりのいわゆる技術革新をさらに進めなきゃいけないという大きな命題があります。

能美市議会 2010-12-02 平成22年第4回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2010-12-02

介護保険法に明記されていないのにサービス制限を行うことは、精神に反することではないでしょうか。  介護保険制度は、行政が直接決定する措置制度とは違い、利用者の選択に基づいて必要なサービスを利用する制度であり、介護保険サービス高齢者の自立した日常生活を支援するもので、自立とは生活面での自立のことだけではなくて人格の自立のことも含みます。  

小松市議会 2009-12-15 平成21年第7回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2009-12-15

私は、地方自治精神は、首長である市長が事業とこれらにかかわる予算を作成し、議会へ提出される。議会はこの事業や予算をチェックし、市民のためになる事業であることを確認し、予算承認する。承認された予算首長職員に指示し粛々と効果的に、そして効率よく執行し、市民の生活向上に寄与する。これが議会執行部との関係で、これ以上でもこれ以下でもないし、またあってはならないと私は思っております。  

小松市議会 2007-06-14 平成19年第4回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2007-06-14

この精神をしっかりと教えていかなきゃいけないんじゃないか。これを納めなかったらしかるべき罰則が出ますよと。裁判ざたになりますよというような、そんなことになると。  やはり子供規範意識を教えようという、もちろん大事なことなんですが、大人にもやはり、親御さんにも規範意識を教えていかなきゃいけないんじゃないかなと。そういうふうに思っております。  

能美市議会 2006-03-13 平成18年第1回定例会(第3号) 本文(委員長報告・採決等) 2006-03-13

国民健康保険証の未交付が190件あるとの報告の中で、今後短期保険証や資格証明書の郵送交付も考える旨報告がありましたが、国保精神に基づき全世帯交付が基本であります。制裁的圧力をかけるやり方は行うべきではありません。  次に、議案第16号 平成18年度一般会計について討論いたします。  

小松市議会 2004-09-22 平成16年第4回定例会(第4日目)  本文 開催日: 2004-09-22

子供たちが伸び伸び育ち、豊かな人間関係をはぐくめる学校地域をつくるためには、平和で民主的な日本をつくることを定めた憲法と、その理想を実現するために教育目的や方針を定めた教育基本精神学校教育社会にきちんと生かすことが必要です。  政府は、教育基本法改正案を来年1月からの通常国会にも提出しようとしています。  

小松市議会 1999-06-18 平成11年第3回定例会(第4日目)  本文 開催日: 1999-06-18

日本国憲法地方自治がうたわれて50年余り、国民の要望にこたえた地方分権とは、この憲法地方自治精神にのっとって、真に地方自治権を拡充すること、また地方自治に基づいて地方自治体が住民の利益を守る仕事に全力で取り組めるようにすることです。そして、そのために国による官僚統制を根本的になくし、権限と財源の地方への移譲を進めることが求められていました。  

小松市議会 1998-09-10 平成10年第3回定例会(第3日目)  本文 開催日: 1998-09-10

なお、商品券につきましては、精神からいたしまして非常に難しい面があろうかと思います。ただ、国の方でもいろいろな形で減税方法について、やはり商品券支給というものを今真剣に検討されているようでございます。そうしますと、法律的に可能になってくるのではなかろうかなと。

小松市議会 1998-06-15 平成10年第2回定例会(第2日目)  本文 開催日: 1998-06-15

その理由を聞いてみますと、町内で決めている使用料がもらえないからとか、政治活動に利用させないんだなどいろいろありますが、公職選挙精神からも公共施設は特別なものを除き大いに利用させるべきだと考えますが、委員長のお考えをお聞かせください。  最後に、教育長にお尋ねいたします。  昨年末からことしにかけまして、各地で児童生徒による傷害事件が多発し、社会問題になりました。

小松市議会 1998-03-20 平成10年第1回定例会(第4日目)  本文 開催日: 1998-03-20

このような厚生省の方針は、父母にとってだけでなく、国の宝である児童を「心身ともに健やかに生まれかつ育成されるよう努めなければならない」という児童福祉精神に逆行するものです。  また、「国及び地方公共団体児童保護者とともに児童を心身ともに健やかに育てる責任を負う」と児童福祉法が定めている公的責任をあいまいにするものであり、許されるものではありません。  

  • 1