14件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

珠洲市議会 2019-09-10 2019.09.10 令和元年第4回定例会(第2号)  本文

そこで、少子化対策の一環となる年間の婚姻数の目標設定値、あるいは不妊不育治療の助成件数、年少人口の年度目標などを含めた今後の将来人口の動向分析、推計、展望についてお尋ねをいたします。  併せて、次期戦略については、これまでの構想をベースに、SDGsとの関連も不可欠だと思いますが、今年度からスタートする年次計画についてお尋ねをいたします。  

珠洲市議会 2018-12-11 2018.12.11 平成30年第4回定例会(第2号)  本文

治療法はなく、発生した場合の家畜業界への影響が甚大であることから、家畜伝染病予防法の中で家畜伝染病に指定されています。しかしながら、豚コレラは豚、イノシシ病気であり、人に感染することはありません。また、感染豚の肉が市場に出回ることもありませんので、その点で安心ではあります。  

珠洲市議会 2018-09-14 2018.09.14 平成30年第3回定例会(第3号)  本文

歳出では、市内小学校並びに中学校の冷房設備設置に係る実施設計費のほか、市道施設に係る平成30年災害復旧事業費、県単土地改良事業費、バス路線再編事業費、珠洲市移住定住支援事業費補助金、集会所修繕費補助金不育症治療費助成事業費などが今回の補正予算の主なものとの説明を受けました。  

珠洲市議会 2018-09-04 2018.09.04 平成30年第3回定例会(第1号)  本文

歳出の主なものといたしましては、バス路線再編事業費226万8,000円、珠洲市移住定住支援事業費補助金150万円、集会所修繕費補助金200万円、不育症治療費助成事業費50万円、県単土地改良事業費713万円、市道施設に係る平成30年災害復旧事業費(公共土木施設)900万円、市内小学校並びに中学校の冷房設備設置に係る設計委託料として2,313万4,000円などを増額補正するとともに、下水道事業特別会計繰出金

珠洲市議会 2016-12-13 2016.12.13 平成28年第5回定例会(第2号)  本文

要因は、治療薬の進歩や医療制度社会保障制度の充実、食生活や住環境の改善などが考えられます。  そこで、近年は健康寿命という概念が登場してきました。健康寿命とは、健康な状態で生きられる寿命でありますが、運動機能の衰えや高血圧症、糖尿病、心筋梗塞、認知症、がんなどの生活習慣病などで、介護を必要とされる人々が増加し、日本人健康寿命は、女性で約74歳、男性で約71歳となっております。  

珠洲市議会 2016-09-13 2016.09.13 平成28年第3回定例会(第2号)  本文

しかし、適切な予防策によってかかりにくくすることや、早期治療によって症状の進行を遅らせることができます。特に、患者数の多いアルツハイマー型認知症や脳血管性認知症は、生活習慣病と言われる高血圧や糖尿病リスクを高めていますので、食生活の改善と適度な運動によって予防につながるとも言われております。  認知症は、高齢者がなるとは決まっていません。

珠洲市議会 2016-03-07 2016.03.07 平成28年第1回定例会(第2号)  本文

ある病院安全対策の事例でありますが、第1番目には患者さんが安心して入院し、治療、検査、処置などを受けられるように、誤認防止のためにリストバンドを導入しているそうであります。そして、第2番目には、病院職員患者さんの名前をフルネームで呼び、患者さん自身もフルネームで名前を名乗るなど、医療事故防止と医療安全性と質の向上に努めているそうであります。

珠洲市議会 2015-09-11 2015.09.11 平成27年第5回定例会(第3号)  資料

ウイルス性肝炎患者に対する医療費助成は、現在、B型・C型肝炎のウイルスの減少を目的としたイン ターフェロン治療、B型肝炎の核酸アナログ製剤治療及びC型肝炎インターフェロンフリー治療に限定され ており、より重篤化した肝硬変・肝がんに対する治療自体についての助成制度存在しない。

珠洲市議会 2015-09-08 2015.09.08 平成27年第5回定例会(第2号)  本文

地域包括ケア病棟は、急性期治療を経過し、状態が安定した患者さんへの積極的な在宅復帰支援を行う病棟であります。専従のリハビリスタッフや専任の在宅復帰支援担当のソーシャルワーカーを配置し、看護師協力し、サポートすることができ、医療サービスの充実と労働環境の改善の両立が可能と考えております。  次に、看護師離職率公務災害千人率についてお答えいたします。  

珠洲市議会 2015-07-03 2015.07.03 平成27年第4回定例会(第3号)  本文

まず、議案第41号「平成27年度珠洲市一般会計補正予算(第1号)」については、不妊治療費助成事業費や県の補助金による三世代ファミリー同居・近居促進事業費及び石川県エネルギー教育推進事業費などに係る増額が主なものであります。子育て世代の住環境の向上や教育活動のさらなる充実に資するものであり、全会一致をもって「原案可決すべきもの」と決しました。  

珠洲市議会 2015-06-30 2015.06.30 平成27年第4回定例会(第2号)  本文

そこで、病床利用率の向上についてでありますが、急性期の治療を経過した後、早期の在宅復帰を目指し、リハビリや在宅支援などの退院支援が受けられる地域包括ケア病床を開設したらいかがでしょうか。自治体病院は、公共性や地域性といった観点から、地域住民への医療福祉という重要な責任を負っております。  

珠洲市議会 2015-06-19 2015.06.19 平成27年第4回定例会(第1号)  本文

歳出の主なものといたしましては、コミュニティ助成事業助成金200万円、平成28年1月から始まる個人番号カード交付準備経費を計上する個人番号カード交付事業561万9,000円、3世代での同居または近居を支援する3世代ファミリー同居・近居促進事業135万円、粟津保育所のシロアリ対策費用を計上する保育所施設維持費62万3,000円、不妊治療費助成事業費210万円、未熟児養育医療給付費110万円、公衆浴場施設改善事業費補助金

珠洲市議会 2015-03-09 2015.03.09 平成27年第2回定例会(第2号)  本文

がんと向き合っておられる患者さんには、御家族や、それを支えてくださる友人や知人は大切な存在となりますが、患者さん本人は、がん治療のための手術やその後の抗がん剤治療における副作用とも言える吐き気、食欲不振、抜け毛、体重減少など二度と味わいたくない試練と戦っておられるわけでして、退院後も通院しながら手足のしびれや体の異常など、患者さん本人しかわからない悩みや苦しみを抱えておられます。  

輪島市議会 1947-03-22 03月22日-01号

次に、子育て支援制度の充実といたしまして、不妊治療に要する治療費を70万円を限度として助成し、また、児童手当及び児童扶養手当のほか、合併に伴い乳幼児及び児童医療費助成の対象をゼロ歳児から小学校卒業までの児童に拡大し、助成いたしてまいります。 第5に、「地域で支え合う人にやさしい安全・安心のまちづくり」についてであります。 

  • 1