124件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

能美市議会 2019-09-20 令和元年第3回定例会(第4号) 本文(委員長報告・採決等) 2019-09-20

議案第56号 地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律等の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定につきましては、地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律施行に伴い会計年度任用職員等に関する規定の整備を行うとともに、成年被後見人等の権利制限に係る措置の適正化等を図るための関係法律の整備に関する法律公布に伴い成年被後見人等の権利制限に対し所要の改正を行うものであり、関係する11の

珠洲市議会 2019-09-13 2019.09.13 令和元年第4回定例会(第3号)  資料

───────┤ │第91号 │市長提出議案│会計年度任用職員制度の導入に伴う関係条例の整│1. 9.13│原案可決│       │ │    │第 73 号 │理等に関する条例の制定について       │    │    │       │ ├────┼──────┼──────────────────────┼────┼────┼───────┤ │    │      │成年被後見人等の権利

珠洲市議会 2019-09-13 2019.09.13 令和元年第4回定例会(第3号)  本文

次に、議案第74号「成年被後見人等の権利制限に係る措置の適正化等を図るための関係法律の整備に関する法律施行に伴う関係条例の整理等に関する条例の制定について」は、成年被後見人等の権利制限に係る措置の適正化等を図るための関係法律の整備に関する法律施行に伴い、成年被後見人等を一律に排除する欠格条項を設けている規定を適正化するため、所要となる規定を整備するものであるとの説明を受け、全会一致で「原案可決

珠洲市議会 2019-09-10 2019.09.10 令和元年第4回定例会(第2号)  資料

珠洲市会計年度任用職員給与及び費用弁償に関する条例の制定につい │ │      │       て                                │ │      │議案第73号  会計年度任用職員制度の導入に伴う関係条例の整理等に関する条例の制 │ │      │       定について                            │ │      │議案第74号  成年被後見人等の権利

珠洲市議会 2019-09-10 2019.09.10 令和元年第4回定例会(第2号)  本文

以前、勝東庵でもありましたが、作品の権利は誰のものなのか、はっきりさせておくべきです。芸術祭に関しては、将来的に観光客を増やしたいと思うのであれば、全ての作品の権利は珠洲市のものとし、珠洲市に作品を残せない作家さんの作品は最初からつくらないものとしなければ、作品の数が増えず、珠洲市が目指す、いつでも年間を通して観光客に来ていただくものにはできないと思います。  

珠洲市議会 2019-09-03 2019.09.03 令和元年第4回定例会(第1号)  資料

令和元年度珠洲市介護保険特別会計補正予算(第1号)            │ │ 議案第71号 │奥能登広域圏事務組合規約の変更について                  │ │ 議案第72号 │珠洲市会計年度任用職員給与及び費用弁償に関する条例の制定について    │ │ 議案第73号 │会計年度任用職員制度の導入に伴う関係条例の整理等に関する条例の制定について│ │ 議案第74号 │成年被後見人等の権利

珠洲市議会 2019-09-03 2019.09.03 令和元年第4回定例会(第1号)  本文

議案第74号「成年被後見人等の権利制限に係る措置の適正化等を図るための関係法律の整備に関する法律施行に伴う関係条例の整理等に関する条例の制定について」は、成年被後見人等の権利制限に係る措置の適正化等を図るための関係法律の整備に関する法律施行に伴い、成年被後見人等を一律に排除する欠格条項を設けている規定の適正化に関する条例を整備するものであります。  

能美市議会 2019-09-02 令和元年第3回定例会(第1号) 本文(提案理由説明等) 2019-09-02

主な改正としまして、能美市消防団員定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を改正する条例につきましては、成年被後見人等の権利制限に係る措置についてその適正化等を図ることのほか、火災現場及び大規模災害に限定して活動する機能別消防団員制度を導入するための改正を行い能美市消防団の充実強化を図るものであります。  

能美市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第4号) 本文(委員長報告・採決等) 2019-03-22

一面ではこうした地域連携システムは必要なことであると思いますが、一方で受け皿としての推進は、介護認定が低く評価される傾向の中で、要支援はボランティア地域の互助力に任せていこうとする全世代地域包括ケアの推進となり、介護を受ける権利をも縮小させます。要支援を含めた介護保険サービスの構築を図るべきです。  

能美市議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会(第2号) 本文(代表質問・一般質問) 2019-03-11

昨今、権利義務があるわけでございますが、権利を主張し義務を果たさない、そういう風潮もあるかと思っております。私はしっかりと義務を果たしていくことをここにお誓い申し上げ、質問に移りたいと思います。  能美市議会第1回定例会に当たり、会派大志を代表いたしまして、井出市長及び朝本産業建設部長に何点か伺います。  いよいよ2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会まで2年を切りました。

珠洲市議会 2019-03-05 2019.03.05 平成31年第1回定例会(第2号)  本文

次に、国連の子どもの権利委員会は、2月7日、1月中旬に実施した対日審査の結果を受け、日本政府への勧告を公表しています。委員会は、日本で子どもへの虐待などの暴力が高い頻度で報告されていることに懸念を示し、政府対策強化を求めた。虐待などの事案調査と加害者の取り締まり強化を要請したという報道がされていました。ここにあるように、緊急の虐待に対する事案調査は実施することとなっているのでしょうか。  

珠洲市議会 2018-12-11 2018.12.11 平成30年第4回定例会(第2号)  本文

結果として、労働者としての権利保障が不十分で、賃金の不払いや最低賃金以下の低賃金、長時間労働などの違法行為がまかり通っています。法案提出後にも、技能実習生の劣悪な労働条件死亡事故の多発が次々と明らかになりました。にもかかわらず、この延長線上に新たな在留資格を創設し、受け入れ枠を拡大していく、これが今回の法改正の最大の問題点です。  労働力を受け入れたつもりだったが、来たのは人間だった。

能美市議会 2018-09-10 平成30年第3回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2018-09-10

また、アメリカでは1960年代に端を発したフードバンクが、日本では2000年ごろから始まり、それまでは生活困窮者やホームレスへの支援といった形から、東日本大震災を契機に被災者支援といった側面へと展開し、その活動を大きく変えていくなど、日本国憲法に定める健康文化的な最低限度の生活を営む権利を実現する活動として注目を集めております。  

珠洲市議会 2018-07-04 2018.07.04 平成30年第2回定例会(第3号)  本文

実行委員会は、法的には権利能力なき社団という位置づけであり、その中で監督という立場にある総合ディレクターを法的にどう捉えるかについては法律で明記されているわけではありません。利益相反の立場にはあるけれど、それが直ちに違法だとは私も断言するつもりはありません。しかし、実行委員会は4億円以上もの大きな予算を扱う組織です。

珠洲市議会 2018-06-26 2018.06.26 平成30年第2回定例会(第2号)  本文

結果、不動産登記、いわゆる権利登記は任意であるため、資産価値や利用見込みの低い土地では登記コストが見合わず未登記とされたり、管理、保有コストの大きい土地では相続登記とするよう依頼されるケースが発生しています。また、地方から都市部への人口移動による不在地主の発生と、その後の相続登記、移転などが挙げられています。  

能美市議会 2018-06-13 平成30年第2回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2018-06-13

2007年、国連での障害者権利条約制定後、国内においても障害福祉制度が大きく変わってきております。  私は、4月から障害のある子を持つママさん方と3回にわたって懇談してきました。医療ケア児のママは「ことしから月4,000円の補助制度ができ助かっています」との感想とともに「本当に大変で潰れそう」の言葉に涙してしまいました。