12件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

能美市議会 2012-06-20 平成24年第2回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2012-06-20

ウランから生まれた分裂生成物は膨大な熱を出し続けますから、水の供給がとまってしまったら、その膨大な熱が出っ放しになって暴走が始まります。また、いざというときの安定性がないため、本来なら安全な使用には適さないということが、スリーマイル及び福島と二度の大災害で実証されました。  2つ目は、死の灰の問題です。開発されているどんな型の原子炉核エネルギーを取り出す過程で莫大な死の灰を生み出します。

小松市議会 2009-12-14 平成21年第7回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2009-12-14

本当に小さな工場が──「コウジョウ」というよりも「コウバ」でございますが──本当にいい方向に分裂をいたしまして、そして今の世界的な小松製作所になり、そしてこの地元大変ものづくり製造業のメッカになったということは大変私どもとしても誇りになるんだろうと思います。これも鉄鋼機械業を支えてこられました社員家族は当然のことながら、やはり地域も本当に頑張って支えていただいたんだなと。

小松市議会 2009-09-08 平成21年第4回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2009-09-08

この小さな工場分裂をしまして、今のような小松製作所になったわけでございますが、これもこれからの時代を考えた場合、新幹線が参ります。当面、金沢駅が終着駅でございますから、先ほどの事例を申し上げますと、逆に金沢駅周辺が大変にぎわって、小松駅はということになるんですが、いずれこの小松の地にも新幹線が来るということを大いに期待しておるわけでございますが、さらには環日本海時代でございます。

小松市議会 2009-06-23 平成21年第3回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2009-06-23

それが私の目指すべきバランスのとれた産業振興でございまして、要はいろんな人が来る、いろんな人に住んでもらえる、また、そうすることによって新しい創意工夫、新しい分裂がさらに起きるんではないかなと、こんなふうに思っております。  最後の御質問でございます。人材育成ということでございます。  この人材育成の基本、これはもう繰り返しでございます。

小松市議会 2009-06-22 平成21年第3回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2009-06-22

その小さな工場分裂を起こして現在のように産業集積になった。そういったことを考えますと、コマツの創業者、そしてこの小松製作所に関与されてこられた社員の方、御家族の方に深く感謝を申し上げたいと思います。  市民の関心は、やはり駅東の5万坪の活用でございます。この土地は小松市の命運を決める重要な空間であり、国、県とも協議し、市の発展に資する再利用を考えてまいります。  

金沢市議会 2007-09-12 09月12日-02号

しかし、臨界によって中性子線が照射され、分裂による放射性ガスが発生する。定期検査中に原子炉のふたがあいている状態で起こった臨界事故であるから、環境への放射能の放出作業員6人の被曝が危惧される。放射線放出量に関連する燃料集合体の損傷ぐあいを調べる徹底調査は行われず、日立製作所が持っているはずの事故直後の放射線管理区域汚染測定値も公開されてはいない。第3に、構造的改善がなされていない。

七尾市議会 2007-03-22 03月22日-05号

北陸電力志賀原発1号機で1999年6月18日未明、定期検査中に原子炉制御棒が外れて臨界核分裂連鎖反応に達する事故があったことが明らかになりました。自動停止装置も働かず、約15分間臨界核分裂連鎖反応状態が続きました。北陸電力は、この重大な事故を国・県・地元自治体への報告も行わず、日誌にも事故を記載していませんでした。意図的に組織ぐるみで隠していたのですから言語道断です。 

輪島市議会 2007-03-19 03月19日-04号

つまり、原発安全性を保つ上で欠くことのできない分裂を制御すべきはずの制御棒が脱落するという問題外事故であり、原発危険性安全点検時にあると指摘されていたことが現実のものとなり、ある意味では原発安全性信頼崩壊を感じさせるものであり、絶対安全であるとの認識のもとで進めてきたエネルギー政策について、これを根底からも脅かしかねない事故と言わざるを得ません。

白山市議会 2005-03-22 03月22日-03号

さっきからPETと言っていますけれども、PETとは、ポジトロン・エミッション・トモグラフィという略語で、サイクロトロンという機械核分裂を起こし、陽電子と疑似ブドウ糖を合成した薬剤をつくって体に注入する。通常体型で2グラムというようなことだそうでありますけれども、これによりまして細胞の活動状況を画像化しまして、これまでに発見できなかった小さながんが発見できるという最先端の医療機器であります。

  • 1