26件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

能美市議会 2016-02-29 平成28年第1回定例会(第1号) 本文(提案理由説明等) 2016-02-29

内閣府は、先週25日に発表した月例経済報告において「景気は、このところ一部に弱さもみられるが、緩やかな回復基調が続いている」と基調判断を据え置いたものの、「先行きについては、雇用所得環境の改善が続くなかで、各種政策効果もあって、緩やかな回復に向かうことが期待される」としていますが、海外経済で弱さが見られており、景気判断を引き下げております。  

能美市議会 2014-06-09 平成26年第2回定例会(第1号) 本文(提案理由説明等) 2014-06-09

我が国経済は、17年ぶりの消費税引き上げに伴う駆け込み需要の反動減の影響が見られるものの全体としては設備投資が増加し、企業収益も改善が続いているなど、5月の月例経済報告では先行きにつきましても「緩やかに回復していくことが期待される」とし、また厚生労働省が先月30日に発表いたしました4月の有効求人倍率は1.08倍にまで改善し、バブル崩壊後の平成18年7月に記録した最高値に並び17カ月連続の上昇であります

能美市議会 2013-03-18 平成25年第1回定例会(第2号) 本文(代表質問・一般質問) 2013-03-18

また、2月の月例経済報告でも、景気の基調判断を「一部に弱さが残るものの、下げ止まっている」に変更し、2カ月連続で上方修正しました。長引くデフレ等の影響により低迷を続けてきた日本経済にも、ようやく景気に底入れの兆しが見えてきたようであります。  それでは、質問に入らせていただきます。  初めに、酒井市政2期目の総括についてお尋ねをいたします。  

能美市議会 2012-06-11 平成24年第2回定例会(第1号) 本文(提案理由説明等) 2012-06-11

次に、国内の経済状況についてでありますが、5月の内閣府発表の月例経済報告によりますと、景気の基調判断を「依然として厳しい状況にあるものの、復興需要等を背景として、緩やかに回復しつつある」として、昨年8月以来9カ月ぶりに上方修正されました。基調判断に「回復」という文字が入るのは平成22年9月以来のことであります。  

能美市議会 2011-02-28 平成23年第1回定例会(第1号) 本文(提案理由説明等) 2011-02-28

政府がこの2月に発表いたしました月例経済報告によりますと、景気の基調は「持ち直しに向けた動きがみられ、足踏み状態を脱しつつある」と先月からさらに上向きに修正されました。しかし、失業率が依然として高水準にあり、引き続き厳しい雇用情勢が見込まれる上に、円高中東・北アフリカ情勢の動向などの懸念材料もあり、決して楽観視はできない状況にあると思っております。  

能美市議会 2010-11-29 平成22年第4回定例会(第1号) 本文(提案理由説明等) 2010-11-29

さてそこで、11月の内閣府発表の月例経済報告によりますと、景気の基調判断を「このところ足踏み状態となっている。また失業率が高水準にあるなど厳しい状況にある」とし、前月の判断を据え置いたままであります。  前月に1年8カ月ぶりに下方修正したばかりで、景気の動きが一時的に停滞する踊り場にあるとの認識を示しております。

能美市議会 2010-09-06 平成22年第3回定例会(第1号) 本文(提案理由説明等) 2010-09-06

8月の内閣府発表の月例経済報告によりますと、基調判断自体は「景気は着実に持ち直してきており、自律的回復への基盤が整いつつある」と6月以来の表現を据え置きましたが、個別項目のうち、企業の生産については前月の「持ち直し」から「緩やかに持ち直している」に下方修正されました。

能美市議会 2009-11-30 平成21年第4回定例会(第1号) 本文(提案理由説明等) 2009-11-30

政府は、今月20日発表の月例経済報告で物価の現状について「緩やかなデフレ状況にある」との表現を盛り込み、日本経済がデフレ状態にあると公式に認め、景気の現状については4カ月連続で「景気は、持ち直してきているが、自律性に乏しく、失業率が高水準にあるなど依然として厳しい状況にある」に据え置きました。

能美市議会 2009-09-03 平成21年第3回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2009-09-03

内閣府月例経済報告では、7月、8月の基調判断は、「景気は、厳しい状況にあるものの、このところ持ち直しの動きがみられる」とする一方、「生産活動が極めて低い水準にあることなどから、雇用情勢の一層の悪化が懸念される」としております。依然として厳しい状況にあると私は認識いたしております。  

能美市議会 2009-06-12 平成21年第2回定例会(第1号) 本文(提案理由説明等) 2009-06-12

次に、現在の我が国の経済状況につきましては、世界的な経済危機の中、国は大規模な対策を講じ、5月の月例経済報告では、個人消費が緩やかに減少する中、企業収益は極めて大幅に減少し、設備投資は減少しているが、生産は下げどまりつつあり、「景気は、厳しい状況にあるものの、このところ悪化のテンポが緩やかになっている」と、前月の「景気は、急速な悪化が続いており、厳しい状況にある」としていた基調判断を約3年3カ月ぶりに

能美市議会 2009-03-17 平成21年第1回定例会(第2号) 本文(代表質問・一般質問) 2009-03-17

内閣府発表の2月の月例経済報告では、景気の基調判断を「景気は、急速な悪化が続いており、厳しい状況にある」としており、市内企業を見渡しますと受注の急減により経営を圧迫され、経営者の方々は厳しい現状を乗り切るために腐心をされておられます。  このような中、今議会に提案された市税収入を見ますと、前年度当初予算比マイナス4.5%、額にして約3億3,700万円減となっております。

能美市議会 2009-03-10 平成21年第1回定例会(第1号) 本文(提案理由説明等) 2009-03-10

過日、発表されました2月の月例経済報告では「景気は、急速な悪化が続いており、厳しい状況にある」となっており、ここに来てさらに厳しさが増してきておるようでございます。  このように100年に一度の危機的状況と言われる中で、昨年末にいち早く能美市緊急経済雇用対策を立ち上げ、市民の生活不安の払拭や中小企業経営者の下支えの施策を展開したところであります。

能美市議会 2008-12-08 平成20年第4回定例会(第1号) 本文(提案理由説明等) 2008-12-08

さきの月例経済報告の景気判断でも、これまでの「弱まっている」に「世界経済が一段と減速する中で、下押し圧力が急速に高まっている」が追加され、先行きに強い懸念を示しております。  このような世界同時不況が深刻化する中で、先月15日、急遽、ワシントンで開催されました金融危機対策首脳会議G20サミットでは、世界的な金融危機対策が話し合われました。

能美市議会 2006-12-11 平成18年第4回定例会(第1号) 本文(提案理由説明等) 2006-12-11

さて、最近の景気の動向は、政府の11月の月例経済報告で景気の基調判断を「回復している」との表現から「個人消費に弱みが見られるものの、回復している」と低調な個人消費を背景に1年11カ月ぶりに下方修正しましたが、回復という表現を維持したため今回の景気拡大局面は4年10カ月目に入り、戦後最長だった高度成長期のいざなぎ景気を抜いて戦後最長を更新したと言われております。  

能美市議会 2006-09-12 平成18年第3回定例会(第1号) 本文(提案理由説明等) 2006-09-12

さて、最近の景気の動向は、政府は8月の月例経済報告で「景気は回復している」とことしの2月から判断は変更せず、先行きにつきましては、企業部門の好調さが家計部門へ波及しており、国内民間需要に支えられた景気回復が続くと見込んでおりますが、原油価格の動向が内外経済に与える影響等には留意する必要があるとしているなど、依然として懸念材料も抱えております。  

  • 1
  • 2