8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

金沢市議会 2024-09-11 09月11日-03号

今後、学校給食においても、食品ロスの取り組みが重要になってくると思われますが、2013年に環境省と文科省が行った調査では、学校給食における食品廃棄物発生量は、児童1人当たり年間17.2キロ、日本学校給食全体で5万トンも発生しています。そこで、本市における学校給食残食はどれくらい発生しているのかお伺いします。 

金沢市議会 2005-12-12 12月12日-02号

当時、パン給食の普及を促す学校給食法が制定されたにもかかわらず、日本学校給食都市部に限られていました。そこで、農村部にも学校給食を普及させようという日本文部省のキャンペーンに、アメリカ小麦連合会が協力したのです。それが昭和32年のことです。当時の文部省は、パン給食全国に普及させて栄養不足子供たちを救いたいと考えていました。 

小松市議会 2000-12-11 平成12年第4回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2000-12-11

日本学校給食は1889年(明治22年)に山形鶴岡市の僧侶たち貧困家庭児童のためにつくった小学校での昼食が始まりと言われております。その後、貧困児童教育のための学校給食全国に広まり、本市においては昭和7年、芦城小学校欠食虚弱児童に対し給食を出したのが最初であると聞いております。  

金沢市議会 1995-03-08 03月08日-02号

1954年に制定された日本学校給食法は、目的目標ともに、食を通じて人間づくり基本教育とし、実現していくことが明記をされています。その第1条で、「児童及び生徒心身の健全な発達に資し、かつ、国民食生活改善に寄与するもの」と学校給食を位置づけています。第2条では、このような学校給食法に沿って学校教育目的を実現していくこととしています。

金沢市議会 1993-09-17 09月17日-03号

日本学校給食法は、この勧告を受けて3年後の1954年に制定されますが、目的目標ともに、食を通じて人間づくり基本教育として実現していくことが明記されています。その第1条で「児童及び生徒心身の健全な発達に資し、かつ、国民食生活改善に寄与するもの」と学校給食を位置づけています。第2条では、このような学校給食によって学校教育目的を実現をしていくとしています。

  • 1