28件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

小松市議会 2018-03-22 平成30年第1回定例会(第5日目)  本文 開催日: 2018-03-22

整備新幹線をめぐって1996年の政府与党合意では30%の地元自治体負担枠と並行在来線をJR経営から分離するという2つの問題点があり、私は今後多くの問題点が残るこの北陸新幹線建設負担金には反対であります。  一方、平成30年度の保育行政では、この間、保育所統廃合・民営化が進められ、この4月からは市立中海保育所と市立蓮代寺保育所民営化され、残り6園での保育がスタートします。

小松市議会 2017-12-12 平成29年第4回定例会(第4日目)  本文 開催日: 2017-12-12

今、与党整備新幹線建設推進プロジェクトチーム、検討委員会でも、敦賀開業後も在来線の特急が存続できるように、例えば今、JR貨物への委託方式というものも含めて今後議論を進めるというふうな記事もございました。  検討されておりますJR貨物への委託方式については、これは貨物列車に旅客用の車両を連結して一緒に走らせるというものであるそうです。

小松市議会 2017-09-28 平成29年第3回定例会(第4日目)  本文 開催日: 2017-09-28

整備新幹線建設負担金である北陸新幹線建設負担金には、平成28年度は9,998万6,000円計上されておりますが、1996年に行われた政府与党合意以来、並行在来線のJRからの経営分離と膨大な地元負担金が発生する問題点があり、賛成できません。  平成28年度には航空プラザの2階展示室がリニューアルされました。私も出かけてみましたが、子供たちが遊ぶ大型遊具の近くに戦闘機が立ち並んでおりました。

珠洲市議会 2016-12-13 2016.12.13 平成28年第5回定例会(第2号)  本文

富山県福井県が小浜−京都ルート、滋賀県が米原ルート、京都が舞鶴ルート、そして今月に入り、ようやく谷本知事が小浜−京都ルートの支持を表明する中、与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームは小浜−京都案で大筋合意し、明日には報告書をまとめ、20日に最終決定し、政府与党合意する見通しと言われています。  この間、沿線各府県の議論で迷走を極めたのが石川県でした。

小松市議会 2015-03-09 平成27年第1回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2015-03-09

国家プロジェクトである整備新幹線は今も述べたように地方に大きな効果をもたらすことは言うまでもありません。また、大災害が予測される今日、東海道新幹線の代替補完の機能も有しており、太平洋側の基幹交通の代替補完ルートと位置づけられています。  このような整備新幹線は当然事業費も多大であり、地方財政への影響も決して少なくないと思うのであります。そこで、北陸新幹線小松市に与える負担はいかほどでしょうか。

小松市議会 2014-09-01 平成26年第3回定例会(第1日目)  本文 開催日: 2014-09-01

北陸新幹線金沢-敦賀間については、平成24年6月に工事実施計画が認可され、平成37年末予定の開業を、与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームが3年前倒しの工期短縮を政府に申し入れております。工期短縮の実現に向け、石川県及び沿線自治体と連携して取り組んでまいります。  

能美市議会 2014-03-11 平成26年第1回定例会(第2号) 本文(代表質問・一般質問) 2014-03-11

さらに、整備新幹線の線形が中ノ江町を通過することになっており、地元にとっては大変気になるところであります。地元への説明など十分にないように聞いておりますが、横断道路計画に絡み新幹線の線形に係る状況についてもわかる範囲でお答えください。  この能美市横断道路整備と密接にかかわる寺井町地区のまちづくりがいよいよ今年度から始まります。

小松市議会 2013-09-02 平成25年第3回定例会(第1日目)  本文 開催日: 2013-09-02

その中で、整備新幹線整備事業費補助として事業費1,530億円、うち国費として新しい日本のための優先課題推進枠を活用して対前年度比16.5%増の822億4,900万円を盛り込んでいます。増額が認められれば、2025年度末開業予定の金沢-敦賀間の大幅な工期短縮が見込まれ、大いに期待するものであります。  木場潟では新たな水質浄化実験が7月24日にスタートしました。

能美市議会 2012-09-12 平成24年第3回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2012-09-12

政府は凍結されていた整備新幹線にゴーサインを出し、自民党は200兆円の国土強靱化計画を打ち上げています。このことは新たな無駄遣いをやろうということであり、これでは税と公共事業の一体改革というほかはありません。  1997年、橋本内閣のときに消費税が5%に引き上げられたとき、やっと回復しかかった景気が9兆円の負担増で大きく落ち込み、国民は一層の苦しみを味わいました。  

能美市議会 2012-06-11 平成24年第2回定例会(第1号) 本文(提案理由説明等) 2012-06-11

整備新幹線建設に伴っては、1996年に行われた政府与党合意以来、並行在来線のJRからの経営分離が前提にされ、民主党政権もこれを引き継いでいますが、これは全国新幹線鉄道整備法には規定されていない全く不当なものであります。新幹線開業に伴ってJRから経営分離された並行在来線はどこでも経営に苦しみ、2010年時点の調査でも5割が赤字となっております。  

小松市議会 2012-06-04 平成24年第2回定例会(第1日目)  本文 開催日: 2012-06-04

整備新幹線建設については、1996年に行われた政府与党合意以来、並行在来線のJRからの経営分離が前提にされ、民主党政権もこれを引き継いでおります。新幹線開業に伴ってJRから経営分離された並行在来線は経営に苦しみ、多くのところで経営難から運賃の値上げや便数の削減、職員減などが行われております。  

小松市議会 2011-12-12 平成23年第6回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2011-12-12

金沢-敦賀間の事業認可、着工につきまして、年度内にも政府与党の判断が示されるという報道もなされておりまして、延伸決定を期待しているところでございますけれども、金沢以西の認可、着工によりまして整備新幹線の推進に向けた新たな組織体制が必要な場合には、事業主体鉄道建設・運輸施設整備支援機構、そしてまた県との連携のもとにプロジェクトチームだとか専門組織の設置などを状況に応じて柔軟に対応してまいりたいと考

能美市議会 2011-12-07 平成23年第4回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2011-12-07

東北新幹線九州新幹線と相次いで整備新幹線が開業している中、北陸新幹線東海道新幹線の補完代替機能として位置づけられており、さきの東日本大震災を受け、また発生の可能性が極めて高いと言われております東南海地震に備えるためにも、そのあり方はますます重要視されるんじゃないかなと私は思っております。  

  • 1
  • 2