65件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

金沢市議会 2018-10-15 平成30年 10月 一般会計等決算審査特別委員会-10月15日−01号

213ページ、5項1目美術工芸大学費の金沢美術工芸大学移転整備事業費では、金沢大学工学部跡地への移転整備に向けて基本計画を策定した。6項1目社会教育総務費の翌年度繰越額3億3,300万円余は、長土塀青少年交流センター(仮称)整備事業において適正工期を確保するため繰り越したものである。  215ページ、2目文化財保護費の惣構保全事業費では、市指定史跡である西外惣構跡(升形)の復元整備を完了した。

金沢市議会 2018-09-14 平成30年  9月 総務常任委員会-09月14日−01号

金沢美術工芸大学の移転整備用地として、小立野2丁目地内の金沢大学工学部跡地4万7,276平方メートル以内を、15億2,130万8,000円以内で国立大学法人金沢大学から取得するものである。 △[議案等に対する質疑応答] ◆広田美代委員 未来に向けた子ども施策の充実として、懇話会を設置して検討するとのことだが、どのような目的で何を検討するのか。

金沢市議会 2018-05-02 平成30年  5月 総務常任委員会-05月02日−01号

さらに、金沢美術工芸大学金沢大学工学部跡地への移転整備に向けた基本設計に着手する。なお、この設計に当たっては、先週、実績や技術力のある設計者を選定するためプロポーザル方式による公募を開始した。このほか、フランス・ナンシー市との姉妹都市提携45周年記念事業など、姉妹都市等との交流を促進するとともに、金沢へのロケ地誘致を強化し、テレビ番組等の情報発信を通したシティープロモーションを実施する。  

金沢市議会 2018-03-12 平成30年  3月 定例会-03月12日−02号

今後、金沢港の整備、国立近代美術館工芸館の移転、金沢大学工学部跡地の利活用など、これまで以上に県と緊密な関係を持って進めるべき事業が山積みであります。ただ、中には本市の存在感がはっきりしない事業もあるように感じております。今後、金沢港の整備や国立近代美術館工芸館の移転について、本市はどのような役割を果たしていかれるのかお伺いいたします。  

金沢市議会 2018-03-02 平成30年  3月 定例会-03月02日−01号

一方、金沢美術工芸大学でありますが、金沢大学工学部跡地への移転整備を目指し、先般策定した基本計画に基づき、公募型プロポーザル方式による基本設計に着手いたしますほか、柳宗理コレクション展の開催に取り組んでまいりたいと存じます。  第3の重点は、「安全で安心できるまちを創る」ことであります。  

金沢市議会 2018-02-26 平成30年  2月 総務常任委員会-02月26日−01号

本館棟、工芸実習棟、研修棟は分散され、運動場は工学部跡地のグラウンドを活用する方針となっている。基本計画の検討結果報告書では、資料右側のように、建物の想定面積は3万2,000平米、主な施設は①から⑫までで、これまで検討のなかった⑧の美術工芸研究所が新たに加わっている。美術工芸研究所は、どういう経過、内容で基本計画に盛り込まれたのか。

金沢市議会 2018-02-13 平成30年  2月 建設企業常任委員会-02月13日−01号

金大工学部跡地へのアクセス道路が必要との意見に対する本市の考え方は、山側環状からのアクセス道路整備を計画しているが、犀川大通り方面からは地形等から課題が大きく、今後、実現性を見きわめる必要があるというものである。  その他、交差点の改良を進めるべきとの意見や玉川公園周辺の歩行環境整備を求める意見などがあった。  

金沢市議会 2017-10-20 平成29年 10月 一般会計等決算審査特別委員会-10月20日−01号

208ページ、5項1目美術工芸大学費の金沢美術工芸大学移転整備事業費では、金沢大学工学部跡地への移転整備に向けて基本構想を策定した。6項1目社会教育総務費の長土塀青少年交流センター(仮称)整備事業費では、青少年交流拠点施設の整備に向けて実施設計を行った。  210ページ、2目文化財保護費の金澤町家保存活用費では、金澤町家の総合情報発信拠点となる金澤町家情報館を開設した。

金沢市議会 2017-09-15 平成29年  9月 総務常任委員会-09月15日−01号

△[金沢美術工芸大学事務局長の委員会への出席について] ○喜多浩一委員長 8月28日の議会運営委員会において、議長から金沢美術工芸大学工学部跡地への移転など大きな変革期を迎えていることから、参考人制度を活用し、美大事務局長に当委員会参考人として出席してもらい、説明員席にて説明するよう求め、また、本定例会中に開催する当委員会においては特に諮ることなく常時出席を求めてはどうかとの提案があり、9月6

金沢市議会 2017-08-28 平成29年  8月 都市交通特別委員会-08月28日−01号

1 開会日時     平成29年8月28日(月曜日) 2 開議時間     開会 午後1時~閉会 午後2時40分 3 場所       第3委員会室 4 出席委員(10名) 野本正人委員長、上田雅大副委員長            熊野盛夫、広田美代、喜多浩一、小林 誠、森 一敏、            宮崎雅人、松井純一、高村佳伸の各委員 5 欠席委員(0名) 6.参考人      大阪産業大学工学部都市創造工学科

金沢市議会 2017-07-31 平成29年  7月 都市交通特別委員会-07月31日−01号

(2)次回の委員会について  8月28日午後1時から大阪産業大学工学部都市創造工学科教授波床正敏氏を参考人として招致することに決定した。 (3)委員会視察について  10月11日から13日まで行うことに決定した。                                  以上...

金沢市議会 2017-06-28 平成29年  6月 都市交通特別委員会-06月28日−01号

紫色で表記した特定機能拠点については、金沢美術工芸大学や県立図書館の移転用地となる金沢大学工学部跡地など、現在、大規模な整備が明らかとなっている地区を位置づけている。また、本市独自の指定となるが、地域コミュニティーの核として既存商店街等を生活拠点と位置づけて、ヤマブキ色で表示している。  

金沢市議会 2017-05-02 平成29年  5月 総務常任委員会-05月02日−01号

◆福田太郎委員 金沢美術工芸大学について、金沢大学工学部跡地は十数年間荒れ地となっている。近々、県から連絡道路の説明会もあると聞いているが、今後の金沢美術工芸大学移転整備のスケジュールについて聞く。 ◎松田企画調整課長 金沢美術工芸大学移転整備について、昨年度、基本構想を策定した。それを踏まえ、今年度は基本計画を策定し、来年度以降は設計を行う予定である。

金沢市議会 2017-03-16 平成29年  3月 総務常任委員会-03月16日−01号

◎久保企画調整課長 県とはこれまでも金大工学部跡地の取得やアクセス道路について協議してきている。土地の取得における金大への要求等もあるので、県とは引き続き連携を図っていくこととしている。また、美大移転に関しては美大の附属図書館と県立図書館の特徴や特性をそれぞれ生かしながら、それぞれがこの地区にふさわしい知の拠点として地域環境を形成していくと取りまとめられている。

金沢市議会 2017-03-16 平成29年  3月 文教消防常任委員会-03月16日−01号

開催される地区は、金沢大学工学部跡地の城東地区以外に決まっているのであれば、教えてほしい。 ◎中田危機管理課長 石川県総合防災訓練については、9月第1日曜日に決まっている。主会場は記載のとおり金沢大学工学部跡地であり、そのほかにも4カ所程度の会場に分散して大がかりに行う。