130件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

金沢市議会 2018-12-20 平成30年 12月 定例会-12月20日−04号

地域福祉の推進力は、地域住民たちが自分たちでみずからの暮らしを支える地域福祉力と、地域に入り込み、地域の流儀に沿った地域を生かす力としての行政専門に求める福祉地域力の合力であるという考え方があり、地域福祉力の出発点として、異質なものや多様なものを許容する出会いの場が着目され、出会いの場から生まれる地域と交わる社交の力としての出会いや協議、協働の輪を広げる新しい構想に取り組むことが求められています

珠洲市議会 2018-12-11 2018.12.11 平成30年第4回定例会(第2号)  本文

そこは、図書館に関する専門である司書の重要な役割です。文科省基準では、教育委員会は、図書館で専門的なサービスを実施するために必要な数の司書及び司書補を確保するよう、積極的な採用及び処遇改善に努めることが求められており、全国平均では、図書館職員の約半数が司書資格を持っています。  

珠洲市議会 2018-06-26 2018.06.26 平成30年第2回定例会(第2号)  本文

学校組織における唯一の総務財務等に通じる専門である事務職員には、学校づくりの一員として、校務運営に参画することが求められていると、そんなふうに考えております。また、管理職や他の教職員との適切な業務の連携、分担のもと、その専門性を生かして、主体的、積極的に校務運営に参画することを期待しております。  

金沢市議会 2017-12-12 平成29年 12月 定例会-12月12日−02号

歯科医師薬剤師、ケアマネ、リハビリの専門等が実際の在宅医療の現場を同時に訪問し、その場で互いの方針について理解を深め合う同行訪問研修などは、研修効果が高いとされています。また、十分な在宅医療資源の確保のためにも、在宅医の育成目的とした研修も必要であると考えられます。医療介護関係者に対する研修について、本市で実施してきた実績及び今後の計画をお聞かせください。  

小松市議会 2017-12-11 平成29年第4回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2017-12-11

チェックシートは、長寿介護課や市内10カ所の高齢者総合相談センター、市の研修を受けました専門がいる薬局などの44カ所のほっとけんステーションなどに設置いたしまして、その結果に対する相談ができる体制をとっております。  また、高齢者総合相談センターには国の研修を受けたもの忘れ相談員を配置しておりまして、適切な医療介護についての情報提供や必要な個別の支援を行っております。  

小松市議会 2017-09-12 平成29年第3回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2017-09-12

土木技術職、学芸員、そして今年度新たに募集しました児童福祉専門員、いわゆる専門につきましては26名の受験に対しまして合格者が7名ということで、倍率は3.7倍ということです。また、薬剤師臨床検査技師などの医療技術職、この方については12名の受験に対し5名の合格ということで、倍率は2.4倍。

白山市議会 2017-09-07 平成29年  8月会議-09月07日−02号

健康福祉部長福祉事務所長(村井志朗君)登壇〕 ◎健康福祉部長福祉事務所長(村井志朗君) 子育て世代包括支援センター設置に向けての市役所の体制についてでございますが、議員御指摘のプロジェクトチームにつきましては特に設置をいたしてはおりませんが、現在、子育て分野の関係部署におきまして業務内容や専門の配置について協議を進めているところでございます。  

白山市議会 2017-08-30 平成29年  8月会議-08月30日−01号

次に、専門大学の設置に対する支援についてであります。  本年5月に改正学校教育法成立をし、実践的な職業教育を行う新たな高等教育機関として、専門大学制度化をされました。大学制度の中に既存の大学とは別の新たな枠組みを設けるものであり、企業等との連携により、高度な実践力と経営力を兼ね備えた即戦力となる人材の養成を目指すものであります。  

小松市議会 2017-06-27 平成29年第2回定例会(第5日目)  本文 開催日: 2017-06-27

(仮称)小松駅南ブロック複合施設の1階に開設する子育て支援と学びの場であるカブッキーランドを子供の健やかな成長を支援する拠点として整備するため、企業版ふるさと納税を活用した大型遊具知育玩具の購入のほか、器具備品、施設利用負担金、相談業務等の運用に携わる専門4名の人件費の2分の1に相当する経費とのことであります。  

金沢市議会 2017-06-23 平成29年  6月 市民福祉常任委員会-06月23日−01号

支援の内容は、福祉保健医療専門である認知症地域支援推進員と地域包括支援センター職員がペアとなって、本人や家族への個別訪問を実施し、認知症に関する専門研修を受講した認知症サポート医やかかりつけ医、金沢認知症情報センター及び市内認知症関連医療機関が連携し、6カ月を目安として、医療機関への受診や検査が必要な場合は、本人や家族に対し専門受診に向けた動機づけを行うなどの医療受診に至るまでの支援を実施するとともに

珠洲市議会 2017-06-20 2017.06.20 平成29年第2回定例会(第2号)  本文

今回の法改正においては、市町村児童等に対する必要な支援を行うため、拠点の整備に努めるものとすることや、現行、努力義務としてですが、要保護児童対策調整機関児童福祉士、保健師、保育士などの専門の配置の義務付け、要保護児童対策調整機関に配置される専門に研修受講を義務付けなど、市町村における支援業務のあり方が示されておりますし、今後の法改正ではこれらが義務化されると予想されます。

小松市議会 2017-06-19 平成29年予算決算常任委員会総括質疑 本文 開催日: 2017-06-19

子育てスマイルステーションでの相談業務を初めカブッキーランドにおける各種活動を支える専門というのは保育士2名、看護師1名、調理師1名でありますが、それらの人件費の小松市負担分でありまして、カブッキーランド運営実行委員会へ拠出するものであります。負担割合につきましては市が2分の1、認定こども園等が2分の1を負担することとしております。