272件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小松市議会 2019-06-18 令和元年第3回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2019-06-18

国のほうでは、食料品アクセス困難人口というふうにもこれは称されておりまして、その定義は、店舗まで直線距離で500メートル以上かつ65歳以上で自動車を利用できない人というのが定義だそうです。  この定義に則した2015年の買い物弱者人口は全国で推計825万人とされています。2015年ですから、今現在、2019年現在では全国で1,000万人を超えているのではないかと思われます。

能美市議会 2019-06-07 令和元年第2回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2019-06-07

WHOによる難聴の定義は、4つの周波数の聴力レベルの平均が26デシベル以上の場合としております。細かく分類しますと、軽度難聴は26から40デシベル、中等度難聴は41から60デシベル、高度難聴は61から80デシベル、重度難聴を81デシベル以上としています。  26デシベル以上の難聴の有病率は、国の研究機関の調査結果によると、男性の75歳から79歳が71.4%、80歳以上が84.3%。

小松市議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2018-12-10

協会70周年の式典で川北会長や和田市長の挨拶を私なりにかみ砕いて解釈しますと、競技スポーツとしての技術の向上、記録や成績の向上はもちろんのことではありますが、ゆるスポーツ健康づくりといった生涯スポーツ、また年齢を問わずに特に高齢者が体を動かすこと、健康維持増進を図ることもスポーツの一環として定義してもよいのではないかという考えです。

金沢市議会 2018-10-12 平成30年 10月 総務常任委員会-10月12日−01号

今回、課税となる定義を明確化したので、引き続き手続等について対応していきたい。 ◆広田美代委員 加算方式や後払い方式は、業界全体ではなく一部だけとも聞いているが、一部であっても問題であるし、現状を聞いていたのに結局対策はとられていないが、どのように対策するのか。 ◎荒舘税務課長 相談には乗っていきたい。経費については、交付金の対応の中で検討していきたい。

金沢市議会 2018-09-14 平成30年  9月 建設企業常任委員会-09月14日−01号

△[議案に対する質疑応答] ◆澤飯英樹委員 宅地等防災対策費で通学路に面したブロック塀の撤去に対する補助を引き上げるとの説明があったが、通学路の定義を教えてほしい。 ◎北本建築指導課長 通学路は、児童・生徒が通学のため通常使用する経路として学校長が定める道路及び学校の敷地内から1キロメートルの範囲内にある道路定義している。 ◆澤飯英樹委員 通学路は市道でなくてもよいのか。

小松市議会 2018-09-11 平成30年第3回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2018-09-11

そういう災害についてのボランティアと、今、議員がおっしゃったように福祉、また環境問題、さまざまにボランティア定義が広がっているということは、これはこの国全体がやはり優しさに包まれてきているんだなということを改めて感じている次第でございます。  議員の御質問の中で、ボランティア連絡協議会というのが小松市にございまして、毎年総会がございまして、ほとんど私出席させていただいています。

珠洲市議会 2018-09-11 2018.09.11 平成30年第3回定例会(第2号)  本文

大地の芸術祭を十日町市とともに開催する津南町の町長に、この7月、全国最年少で就任した桑原悠町長は、定住人口でも交流人口でもない、テクノロジーを通じて地域地域の人々と多様にかかわる人たちを関係人口定義し、関係人口の拡大は、町の政策を進める上で有意義だと捉えています。このような発想は、これからさらに拡大していくのではないでしょうか。

小松市議会 2018-09-10 平成30年第3回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2018-09-10

その定義として、2040年は人口減少と超高齢化による社会保障労働力の不足、空き家など都市空洞化インフラの老朽化など、日本人口構造、社会構造の大きな曲がり角になると考えられる。そうした困難な時代の到来に備えるのだとありました。  実は私は、ここで感銘を受けました。そのとおりであると思いました。行政に携わる者の本来の使命は、この困難に取り組むことにあるのだと感じました。

金沢市議会 2018-07-23 平成30年  7月 総務常任委員会-07月23日−01号

また、条文に定める利用の範囲、定義を聞いたところ、これは何かを規定してしまうと別の何かができることになってしまうので幅広く考えてくださいとのことだった。よって、私は、地方自治法上、認可地縁団体は有志ならともかく、団体として政治家の応援をすることは認められないと解釈する。

金沢市議会 2018-06-21 平成30年  6月 定例会-06月21日−04号

久保議員から御教示いただいた中で、日本老年学会と老年医学会の提言として、高齢者定義そのものを見直すべきだという意見もあるというふうなことも言われておりますが、いずれにしても、この高齢化といったものは避けて通れないというふうなことなので、それに対してしっかりとした対応をとっていただきたいなというふうに思います。  

白山市議会 2018-06-13 平成30年  6月会議-06月13日−03号

2017年4月より、厚生労働省の有識者会議で、保育所に入れない待機児童の新たな定義が定められました。育児休業を延長した保護者子供は、親に復職の意思があれば、待機児童として取り扱うというものです。  私の調査の結果によりますと、白山市保育所の昨年10月当初の申し込み人数は4,039名であり、10月を過ぎてから現在までの申し込みが38名、合計4,077名となります。