1898件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小松市議会 2019-06-28 令和元年第3回定例会(第4日目)  本文 開催日: 2019-06-28

平成29年12月1日に開館したカブッキーランドの来場者数は本年4月末で13万人を超え、引き続き、誘客につながるイベントの実施や質の高い子育て専門相談窓口の充実を目指すとのことであります。今年度は、公立小松大学生の学生生活を応援するため、新たにクラウドファンディングを活用した空き家リノベーション事業を初め小松駅周辺のにぎわい創出に取り組むとのことであり、事業の実施に期待するものであります。  

小松市議会 2019-06-28 令和元年第3回定例会(第4日目)  資料 開催日: 2019-06-28

しかしながら,核家族化,少子化,地域における人間関係の希薄化など,家庭を取り巻く社会状況が大きく変化して,保護者が身近な人から家庭教育に関する知識やノウハウを学ぶ機会が少なくなっていることから,子育てに対する不安や問題を抱えて孤立する親が増えるなど,家庭教育が困難となり,子育てが難しくなっていると指摘されている。  

小松市議会 2019-06-28 令和元年第3回定例会[ 資料 ] 開催日: 2019-06-28

       │戸籍,住民基本台帳,印鑑登録に関する事項      │引き続き調査を要する│ ├───────┼──────────────────────────┼──────────┤ │       │総合窓口及び市民生活に関する事項          │引き続き調査を要する│ ├───────┼──────────────────────────┼──────────┤ │       │子育て

小松市議会 2019-06-17 令和元年第3回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2019-06-17

また、選挙管理委員会では、主権者教育の意味を含めまして子育て世代に対しまして子供と一緒に投票に行こうという啓発を実施しております。引き続き、お年を召した親世代や御近所のお年寄りも含め、これを御家族そろって投票所へお越しいただけますよう、また今後も提案してまいりたいと思います。  

小松市議会 2019-06-17 令和元年第3回定例会(第2日目)  資料 開催日: 2019-06-17

その対策は                     │ │  │  │  │      │ ・交流人口拡大に向けての観光戦略                 │ │11 │○ │  │杉林 憲治 │ ・県事業の「高度専門人材」のUIターン就職の本市における状況   │ │  │  │  │      │ ・子育て支援の状況と拡大                     │ │  │  │  │      

小松市議会 2019-06-10 令和元年第3回定例会 目次 開催日: 2019-06-10

その対策は      ・交流人口拡大に向けての観光戦略      ・県事業の「高度専門人材」のUIターン就職の本市における状況      ・子育て支援の状況と拡大      ・子供の貧困対策      ・本市のいじめ,不登校の状況と対策      ・中高年の引きこもり      ・後を絶たない高齢者の交通事故   8番吉村 範明君     1 安心・安全な地域づくりへ…………………………………………

小松市議会 2019-06-10 令和元年第3回定例会(第1日目)  本文 開催日: 2019-06-10

一方、歳出では、子育てや福祉などの扶助費、医療、介護などの社会保障費が伸びる中、3年計画で進めてきたエコロジーパークこまつ・クリーンセンターや公立小松大学の末広・粟津キャンパス、小松市武道館、梯川ボートハウスなど、市民に直結した学びや健康づくりを充実させるための基盤強化などに取り組みました。  

小松市議会 2019-05-10 令和元年第2回臨時会[ 資料 ] 開催日: 2019-05-10

       │戸籍、住民基本台帳、印鑑登録に関する事項      │引き続き調査を要する│ ├───────┼──────────────────────────┼──────────┤ │       │総合窓口及び市民生活に関する事項          │引き続き調査を要する│ ├───────┼──────────────────────────┼──────────┤ │       │子育て

小松市議会 2019-03-20 平成31年第1回定例会[ 資料 ] 開催日: 2019-03-20

       │戸籍,住民基本台帳,印鑑登録に関する事項      │引き続き調査を要する│ ├───────┼──────────────────────────┼──────────┤ │       │総合窓口及び市民生活に関する事項          │引き続き調査を要する│ ├───────┼──────────────────────────┼──────────┤ │       │子育て

小松市議会 2019-03-20 平成31年第1回定例会(第5日目)  本文 開催日: 2019-03-20

また、国保税は家族の数に応じて負担がふえる均等割があるため、子育て世帯などでは国保と協会けんぽの保険税の格差は2倍にも広がります。  このため全国知事会、全国市長会、全国町村会などの地方団体は、こうした問題を解決するために1兆円の公費投入増など、国の財政投入により国保税を協会けんぽの保険料並みに引き下げることを求めております。  

能美市議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2019-03-12

政府は、10月からの幼児教育・保育の無償化のための子ども・子育て支援法の改正案を閣議決定いたしました。財源を消費税増税に求めていることは納得できませんが、無償化で子育て支援を図ることは大いに進めるべきだと思います。  そこで、まず1点目でありますが、無償化による能美市の財政負担についてお尋ねいたします。  能美市は、15園全てが公立の認定こども園です。

能美市議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会(第3号)〔資料〕 2019-03-12

ま  │     │     │ │   │   │        │          │た家族の数に応じた「均等割」があるた  │     │     │ │   │   │        │          │め、子育て世帯などでは、協会けんぽと  │     │     │ │   │   │        │          │の保険料の格差は2倍に広がる。     

小松市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第4日目)  本文 開催日: 2019-03-06

また、やさしい地域づくりでございますが、仕事の関係等で転居を余儀なくされる場合が少なくないという社会状況の中、地域で孤立して子育てに困るなどさまざまな困り感を持つ場合がまれにあるということでございます。先ほど川崎議員は調査の数字を出されたわけでございますが、多分延べの数字でございまして、それだけの人数が、件数があるというわけではありませんが、困り感を持つ場合がまれにあるというふうに思います。

小松市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2019-03-05

2点目は、子育てサポート環境についてであります。  子育てについては、国籍に関係なく保護者にとっては大きな問題であります。とりわけ外国人の方々は日本人以上にハンディキャップがあろうかと想像しますが、この子育てのためのサポート環境の充実について、どのようにお考えになられているのでしょうかお聞かせください。  3点目は、教育支援環境についてであります。  

珠洲市議会 2019-03-05 2019.03.05 平成31年第1回定例会(第2号)  本文

無償化により、保護者の経済的負担の軽減、子育て支援、少子化対策、定住・転入の促進など、保護者が安心して子育てできる環境ができるとのことです。  珠洲市全体で、平成31年度の保育所の人数は326名、小学校が405名、中学校が228名で、全体で959名の予定であるようです。

小松市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2019-03-04

議員から御案内ありましたとおり、2019年、本年10月からの消費税率10%への引き上げにあわせ、子育て家庭への負担を軽減するとともに少子化対策や幼児教育・保育の一層の充実に向けて、幼児教育・保育に係る保育料の無償化が予定されております。  現在、子ども・子育て支援法の一部を改正する法律案が第198回通常国会で審議されているところでございます。  

小松市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第2日目)  資料 開催日: 2019-03-04

               │ │  │  │  │      │ ・特色ある教育活動について                     │ │  │  │  │      │4 こまつ五彩ブランド推進費について                 │ │  │  │  │      │ ・CERABO KUTANIについて                │ │  │  │  │      │5 幼児教育・保育の無償化と子育て