7件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

七尾市議会 2019-03-04 03月04日-02号

日本元号は、西暦645年の大化に始まり、1989年から続く平成まで247を数えると言われております。その新元号がどうなるのかということも関心の一つになっておるところでもあります。 新たな年、新たな年度は、いろいろなものがスタートする年でもあります。この3月末をもって定年あるいは早期退職を含め二十数名の方が退職をするとお聞きをしました。

七尾市議会 2016-12-13 12月13日-03号

大化改新以前、こしの国と呼ばれる国司の役所、国府があった七尾、小松、高岡、越前、上越のこしのくに国府サミットを通じて、広域連携での歴史遺産の継承と魅力発信に取り組んでいます。 来年は七尾市において、そのサミット開催をされるという予定になっておりまして、明けて2018年には能登立国1300年、それを見据え、今回それに先立つ位置づけで開催をされたものでございます。 

七尾市議会 2016-06-23 06月23日-02号

これは、この後、もしそういう活性化事業をするとすればちょっと参考にしていただきたいと思うんですが、大化改新が645年、ちょっと私なりに古代史をかじってきましたので、間違っておったら訂正をお願いしたいと思いますけれども、大化改新が645年、その後に大宝律令というものができまして、これは702年。このときに国郡里制度ができるわけです。

白山市議会 2009-03-16 03月16日-02号

日本役人歴史というのは、調べてみますと646年の大化改新以来の歴史を持つそうです。1,363年の歴史を持つ、その役人歴史のおかげで今日の日本の繁栄があるとも思います。 どうか本市の職員は、この偉大な日本役人歴史をしっかりと受けとめて、市政発展市民福祉の向上に努めていただきたいと思いますが、市長いかがに思いますでしょうか。 次に、インターンシップの受け入れについてです。 

野々市市議会 1998-03-11 03月11日-02号

当時、古墳がだんだん派手になっていく、そのことをやめなさいというか、薄葬令という今で言えば法律で決まっていたそうなんですから、ちょうど大化改新という政治改革の時期で、日本でというかやっと国名が日本と定まったころなんだそうですが、この島々の国で最初中央集権国家の確立時期でもあったのです。そんな小さな古墳キトラ古墳からも世界に誇れる歴史上の発見があったんです。

  • 1