48件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小松市議会 2020-03-09 令和2年第1回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2020-03-09

小松市には、3月1日現在36か国、2,440人の外国籍の方が暮らしており、防災情報多言で発信していくことは大変重要な課題となっております。  平成27年より緊急時、防災無線による多言放送を実施しており、さらに4月からはごみ出しなど暮らしの情報多言で提供するアプリ、ごみ分別アプリのプッシュ通知機能を活用し、より迅速でかつ確実に情報が伝わるよう整備していきたいと思っております。  

小松市議会 2020-03-06 令和2年第1回定例会(第2日目)  資料 開催日: 2020-03-06

                              │ │  │  │  │      │  ・衛生面のさらなる充実を                     │ │10 │○ │  │吉本慎太郎 │ (2) 「LINE」による情報発信                   │ │  │  │  │      │  ・防災情報を中心とした分かりやすくかつ専門性のある発信を     │ │  │  │  │      │  ・外国人居住者のために多言

小松市議会 2020-02-28 令和2年第1回定例会 目次 開催日: 2020-02-28

機能強化避難所(答弁:行政管理部長)       ・地域バランス,人口比バランスはとれているのか       ・今後,物資の増強を行いながら機能強化避難所の数を増加させていくの        か       ・衛生面のさらなる充実を      (2) 「LINE」による情報発信(答弁:消防長)       ・防災情報を中心とした分かりやすくかつ専門性のある発信を       ・外国人居住者のために多言

珠洲市議会 2019-12-10 2019.12.10 令和元年第5回定例会(第2号)  本文

これまでも議会のこういった場所で御答弁申し上げてきたと思いますが、基本的には多言対応を進めると。現地におきましても、自動翻訳機もしくは携帯のアプリなども活用もいたしたいですし、さらに市内においでる外国語を話すことが可能な方々につきまして、サポーター組織などに入っていただきながら、組織化についても目指していって、現地対応を臨機応変にできるような体制を進めていきたいと考えております。  

小松市議会 2019-09-13 令和元年予算決算常任委員会総括質疑 本文 開催日: 2019-09-13

それと、各種メディアへの広告宣伝といたしまして、多言観光ポータルサイトまるごと・こまつ・旅ナビ、またフェイスブック、アプリでは小松ガイドというアプリを持っておりますし、こまつストーンナビも運営しております。観光パンフレットじゃらん、こまぶらりなどの制作にも当たっております。  

能美市議会 2019-06-07 令和元年第2回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2019-06-07

さらに、多言の看板表記につきましては、情報量が多くなり過ぎ、見づらくなるという問題がございます。観光客へ、よりスムーズに情報をお伝えするには、最新のICT技術を駆使していくことが今後重要になると考えております。例えばQRコードを表示し、スマートフォンから情報を読み込んだり、アプリとGPS機能を使って現在地から目的地までの観光ルートが手軽に検索できるといった技術が開発されております。

能美市議会 2019-06-06 令和元年第2回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2019-06-06

今後は、シティプロモーションによる交流人口や関係人口の拡大、移住・定住の促進により、当市を初めて訪れた方でも迷うことなく目的地にたどり着けるような案内表記や、訪日外国人に向けた多言対応表記などについてもガイドラインに含めるよう検討しているところであります。  

小松市議会 2019-03-11 平成31年予算決算常任委員会総括質疑 本文 開催日: 2019-03-11

ポルトガル語通訳1名を常駐させるとともに、庁舎内の窓口担当課11課にテレビ電話通訳による多言通訳サービスを導入し対応を行っております。  2点目として、小松商工会議所では本年4月から外国人雇用サポートセンターを設置し、各事業所の抱える課題について相談を受けることとしております。  

珠洲市議会 2019-03-05 2019.03.05 平成31年第1回定例会(第2号)  本文

しかし、現在、市役所病院及び消防などの市内の行政施設では多言表記の看板を見かけることがありませんし、どこへ相談すればよいかもわからない状態と想定されます。国際芸術祭開催市を標榜するならば、初めて珠洲市を訪れた外国人観光客の方が安心して移動、滞在、観光ができるよう、行政施設バスターミナル、また、芸術祭においては、その拠点施設や各作品への多言看板の設置が必要と考えます。

能美市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第1号) 本文(提案理由説明等) 2019-02-27

あわせて、多言で窓口対応を行えるようタブレットを活用したテレビ電話通訳サービスも導入いたします。  能美市立病院につきましては、自治体病院にとり試練の時代を迎えている現在、新改革プランの見直しも視野に、これから担うべき市立病院の役割の明確化と経営の効率化について検証し、経営改革を継続してまいります。  

小松市議会 2019-02-25 平成31年第1回定例会(第1日目)  本文 開催日: 2019-02-25

ポルトガル語通訳を配置したほか7カ国語まで対応できる多言通訳サービスを導入し、転出入に係る行政手続のワンストップ化を図っています。  また、子育て学校教育の現場でのサポート体制強化のため、認定こども園等における外国児童指導員配置への助成や小中学校における通訳の増員、日本語の初期指導体制の拡充、さらに高等教育を受けるためのサポートを行ってまいります。  

小松市議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2018-12-10

今後、バス路線におけるさまざまな工夫はもとより、来訪者の多様なニーズに対応できるよう、2次交通機能の充実とあわせ、行政としては画期的なAI、ICT等を活用したまるごとこまつがわかる多言対応のAIアプリの準備を進めております。これにより、来訪者に役立つ観光地、店舗、交通、宿泊等の情報を一元的に提供するなど、ソフト面での利便性の向上にも努めてまいります。  よろしくお願いいたします。  

小松市議会 2018-09-27 平成30年第3回定例会(第4日目)  本文 開催日: 2018-09-27

観光ブランド力・誘客推進費については、スマートフォンなどで利用できる多言に対応した観光おもてなしの窓口として多言AIコンシェルジュを導入する経費とのことであります。AI技術の活用に先進的に取り組むのはよいことでありますが、目まぐるしく技術が進化する情勢の中、選定時には広く情報を収集し導入するよう求めました。