15件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

白山市議会 2018-12-13 12月13日-03号

現在、白山については、気象庁が弥陀ヶ原に火山性微動を監視する地震を1台、中飯場及び大倉山にそれぞれ地震1台と噴火に伴う空気の振動を監視する空振計を1台、そして白峰に噴煙を監視する望遠カメラ1台が設置されています。 白山では、これまで2014年12月16日に地震が多発し、日回数167回を数え、最大の地震マグニチュード3.4であり、その後、特段の変化は認められませんでした。

白山市議会 2014-12-17 12月17日-02号

市民生活部長(竹内 茂君)登壇〕 ◎市民生活部長(竹内茂君) 白山の噴火予知観測の状況につきましては、気象庁が弥陀ヶ原に火山性微動を監視する地震を1台、中飯場に地震1台と噴火に伴う空気の振動を監視する空振計を1台、白峰に噴煙を監視する遠望カメラ1台を設置し、防災科学技術研究所京都大学防災研究所が尾口や岐阜県白川など4カ所に設置している地震の観測データの提供も受け、24時間体制で観測を継続

野々市市議会 2013-09-05 09月05日-01号

この緊急地震速報は、海底地震のノイズ処理が原因による誤報と判明いたしましたが、発表直後に防災担当職員を中心に情報収集を行い、約25分後には「ほっとHOTメールののいち」により、石川県加賀地方震度5弱の揺れを観測する可能性があったために自動配信されたことを市民の方々にお伝えするなどの対応をしたところであります。 

白山市議会 2007-12-10 12月10日-02号

第2点目は、地震についてであります。 最近、全国各地で地震が減っていると聞きます。特に平成の大合併をした自治体では、老朽化や故障した地震を直さずに撤廃しているところがあるようであります。 白山市には地震合併前の8つの自治体に1つずつあり、現在もなお稼働しております。

能美市議会 2007-09-14 平成19年第3回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2007-09-14

緊急地震速報は、ごくわずかな地震初期微動P波を震源に近い地震がとらえ、その情報から震源の位置や地震の規模を解析します。数秒から数十秒後に襲ってくる大きな揺れ、S波の到達時間や震度地域ごとに推定し、可能な限り素早く知らせることができます。  能登半島地震について、気象庁は大きな揺れが来る前に地震の発生を知らせる緊急地震速報を出しました。

野々市市議会 2007-09-13 09月13日-02号

地震には、初期微動のP波と後から強い揺れとなるS波があり、速報は震源地に一番近い地震がとらえたP波を気象庁が瞬時に解析して、最大震度5弱以上と推定した地震が起きた際、本揺れが来る前に震度4以上の地域の名前をNHKテレビラジオ等で知らせ、身を守る行動をとろうというのがねらいです。行動をとる時間は数秒から、長くても数十秒しかありません。

加賀市議会 2007-09-10 09月10日-02号

この緊急地震速報は、ごくわずかな地震初期微動震源に近い地震がとらえ、その情報から震源の位置や地震の規模、マグニチュード解析、数秒から数十秒後に襲ってくる大きな揺れの到達時間や震度地域ごとに推定し、私たちに可能な限り素早く知らせます。 実は、この緊急地震速報は、既に昨年8月から鉄道病院または工事などの特定の事業者に対して、情報提供が始まっていたそうであります。

能美市議会 2007-06-15 平成19年第2回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2007-06-15

気象庁では、3分以内に受信された情報が公表される仕組みとなっており、今回の場合、たまたま電話回線の混乱により地震情報が3分以内に届かなかったものと県より報告をいただいております。  県へは震度計の故障修理を含め、早急に改善を現在要望いたしているところでございます。  また、防災行政無線の活用についてでございますが、明福議員の先ほどのご質問でも申し上げましたが、当日4回放送を行っております。

白山市議会 2005-12-12 12月12日-02号

国・県は、この対策として白山内部に地震を取りつけ、観測の態勢をし警戒していることを書いてございます。白峰地域周辺に心配するのは、積雪期における火砕流の発生、火砕流の熱で溶けた雪が大規模な土石流に膨れ上がり、津波のような高い波がダム破壊し流域に大被害を与えるような危険性があるということを、やはり金沢大学教授訴えてございます。 

金沢市議会 2000-06-28 06月28日-02号

同時に今後の対応に万全を期してまいりますために、この庁舎に設置されております強震計、これが1つございますし、企業局にガス事業がございますので地震があるわけでありまして、これらのデータ有効にまとめて活用できる体制、そういうものをつくっていきたいと、こう思っておる次第でございます。 市民防災意識を高めることがまず大事だという御指摘でございまして、仰せのとおりだと思っています。

  • 1