11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

能美市議会 2019-06-07 令和元年第2回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2019-06-07

さらに、金沢大学の総合移転や小松空港国際化、金沢港整備などにも心血を注がれ、能美市発展のためにも、我が国初の国立大学法人北陸先端科学技術大学院大学を設立するなど、数々の企業誘致や各種施設建設など多くの分野でご尽力いただき、今日の能美市の繁栄の礎となったことは大きな問題であると思います。  

金沢市議会 2018-09-14 平成30年  9月 総務常任委員会-09月14日−01号

金沢美術工芸大学の移転整備用地として、小立野2丁目地内の金沢大学工学部跡地4万7,276平方メートル以内を、15億2,130万8,000円以内で国立大学法人金沢大学から取得するものである。 △[議案等に対する質疑応答] ◆広田美代委員 未来に向けた子ども施策の充実として、懇話会を設置して検討するとのことだが、どのような目的で何を検討するのか。

金沢市議会 2017-09-15 平成29年  9月 文教消防常任委員会-09月15日−01号

中学校体育館等の整備に向けて弥生地区の金沢大学用地を取得するものであり、契約の相手方は国立大学法人金沢大学面積は1万3,404平米以内、価格は5億8,374万円以内である。 ・議案第33号についての説明・・・・・・・・・・・・・・・・・小谷消防局長  議案第33号委託契約締結について説明するので、議案書の24ページを見てほしい。  

金沢市議会 2016-06-20 平成28年  6月 経済環境常任委員会-06月20日−01号

国立大学法人金沢大学宝町団地--小立野の大学病院等がある区画の一部において、要措置区域に指定していた区域の汚染土壌の除去措置が完了したことから、5月23日付で指定を解除した。  要措置区域とは、汚染物質の濃度が基準を超過し、かつ周辺に飲料用井戸があるなど健康被害を生ずるおそれがあるため、汚染除去等の措置が必要な区域のことである。  

金沢市議会 2015-06-04 平成27年  6月 経済環境常任委員会-06月04日−01号

国立大学法人金沢大学宝町団地、小立野の大学病院等のある区画の一部を形質変更時要届出区域に指定していたが、この区域の土壌の除去措置が完了したことから5月11日付で指定を解除した。また、これとは別に同団地内で新たな土壌汚染が確認されたので、敷地の一部を要措置区域及び形質変更時要届出区域に指定した。  

金沢市議会 2014-03-19 平成26年  3月 5常任委員会連合審査会-03月19日−01号

◆福田太郎委員 工学部跡地については、建物の解体費用が8億円から10億円と言われ、国立大学法人である大学も解体になかなか踏み込めなかった事情もあり、建物が荒れ放題で大変危険な状態だったが、一昨年から馳浩衆議院議員と自民党議員団がタッグを組んで文部科学省及び金沢大学交渉した結果、今月末より解体工事が始まるところである。インターネット上では、既に第1期工事発注の公示が出ており、工期は2年であった。

金沢市議会 2005-06-21 平成17年  6月 定例会(第2回)-06月21日−03号

市内の公立病院では、旧国立金沢病院独立行政法人国立病院機構金沢医療センターとして、また、金沢大学附属病院大学本体の国立大学法人への移行に伴って、それぞれ昨年4月から新たな制度のもとで医療サービスの向上と運営の効率化に努めるとともに、自己責任病院の特色づくりへの取り組みを強めているところです。

  • 1