16件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

小松市議会 2019-12-09 令和元年第5回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2019-12-09

そんなふうに常に保健医療学部国家試験を取るためだけの勉強ではなくて、優しい心をつくっていく。そして、障害を持っている人たちの気持ちにいかにして素早く入り込んでいくか、こんなこともさせていただいておるわけでございます。  いろんな施設についてのお話もございました。これからも改善できるものはどんどんしていく。しかし、構造上ちょっと難しいなというのもございます。

小松市議会 2019-06-18 令和元年第3回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2019-06-18

そして、実習が3年間で終わりまして、そこから溶接の国家試験が取得できなければ、帰国してから再度2年来れないというふうにも聞いております。再度受け入れができないということで、あわせてその企業が全額負担して取得させたその技能、そしてその資格証は、働き手の技能実習をした人の国に帰っては役にも立たないんですよね。日本独自なものですから。  

小松市議会 2017-06-12 平成29年第2回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2017-06-12

現状でも看護学校、また小松短大の臨床学士就職率ほぼ常に100%でございますし、国家試験もほぼ100%であるということでありますので、今回、四年制になることによりまして、より高度な医療技術を身につけて社会に飛び立っていくということになります。  3つ目の国際文化交流学部でございますが、これはこれから国際化を国全体が目指していくんだと。

小松市議会 2016-06-13 平成28年第2回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2016-06-13

一方で、看護学校も専門学校でございますが、ほぼ6年連続して、いわゆる看護師国家試験が100%ということでございまして、これも非常に希有な専門学校でございます。  そういうふうに財政的、そして質的に高めていくということのベースを踏まえて、昨年から設立協議会を設置し、そして準備委員会を設置しということでございます。  御質問にお答えをしていきたいと思います。  

小松市議会 2016-03-08 平成28年第1回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2016-03-08

ここ5年間はいわゆる国家試験看護師になるためには国家試験があるんですが100%合格を5年続けておりまして、ことし6年目、続ければなと今思っておりますが、そういう看護学校はございません。いわゆる1学年40名でございますが、一人一人をしっかり育てていくんだと。そして、一人一人の患者様に温かく接していくんだということを教育をさせていただいておりまして、学校というのは数では私はないと思います。

小松市議会 2015-06-08 平成27年第3回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2015-06-08

この考え方は今度の新しい公立大学にも適用していくということでして、例えば臨床工学、これは小松短大というのは非常に定評があるわけでございますが、この国家試験の合格率が88%です。全国の平均が83でございますので、やや上回っているということでございます。  それからもう一つ国家試験がございまして、診療情報管理士というのがございます。

小松市議会 2015-03-10 平成27年第1回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2015-03-10

現状の小松短大、それから看護学校におきましても来年度入学してこられる方いらっしゃるわけでございますので、そういう人たちもしっかりと就学をしていただいて、そして卒業し、また国家試験も通っていただく、そういうことを並行して進めながらということでございますので、そういう意味ではいろんな予測しないことがあるかと思いますが、今現状、私どもが思っている段階ではこの時期を逃してはできないだろうというふうに思っておりますし

小松市議会 2015-03-09 平成27年第1回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2015-03-09

それから、こまつ看護学校もこれで4年連続で看護師国家試験100%合格です。日本にこんなところありません。人数は40名程度と少のうございますが、100%合格するということは、それも4年連続、ことしもそうなりますので5年連続になります。そういう教育というものはやはりなせばなるんだと思います。また、学生さんもしっかり勉強してくれていますし、何しろ先生方が意欲を持って、責任感を持ってやっていただいている。

小松市議会 2014-12-09 平成26年第5回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2014-12-09

こちらのほうもこれで4年連続、卒業生が国家試験100%。全国にこういう例はありません。人数は40人ですから大したことないのかもしれませんが、そういうふうに入ってきていただいたらしっかりお育てして、そして次、社会に出て役に立つ人を育てるという基本方針のもと私もやらせていただいておりまして、短大も同じでございます。  

小松市議会 2013-09-09 平成25年第3回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2013-09-09

こまつ看護学校の看護師国家試験の合格率でございますけれども、過去3年間連続して100%を達成いたしております。今後とも卒業生全員の国家試験の合格を目指しまして、小松市民病院を初めとする南加賀地区の医療機関看護師を送り出すことが第一の使命ではないかと考えております。  

小松市議会 2011-09-13 平成23年第4回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2011-09-13

そこで、小松市では市民病院看護師職員採用試験一般職と一緒に毎年9月に試験されておりますが、市外または県内の病院の採用試験はほとんど病院独自で6月ごろに採用試験を行っており、その年卒業する看護学校の生徒は早く就職が内定することで国家試験に集中できると関係者が話しておられます。

小松市議会 2010-03-08 平成22年第1回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2010-03-08

現状、まだ国家試験等の結果待ちもございますので一概には言えませんが、現状75%程度というふうな数字が内定率でございます。求人開拓事業におきまして、そして就職のいろんな指導もできるような体制を新たに22年度からとりたいというふうに思っております。  そんなことを一つ一つ積み上げながら、この雇用の確保、安定に努めさせていただきたいと思います。  中小企業のいろんな支援でございます。

小松市議会 2006-09-13 平成18年第4回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2006-09-13

それからもう一つ、国家試験の合格の状況でございますが、17年度の合格状況を見ますと、小松の場合は44名が合格をいたしております。合格率は……。失礼しました。受験44名に対して41名が合格いたしております。合格率は93.2%ということでございまして、全国平均が88.3%でございますが、成績は相当優秀であると、このように思っておるところでございます。  

能美市議会 2005-12-08 平成17年第4回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2005-12-08

これも弁護士士業専門家で国の国家試験を通ったすばらしい専門家であるエリートであります。1級建築士さんも私はそうだと思っております。それから、きのうの報道で愕然としたんですけど、29歳の歯科医師さんが、やはり不埒な行為に及んで逮捕されておる。また、何とあろうことか保育士さんが自分の担当している4歳の幼児にわいせつ行為に及んでいるということで逮捕か検挙されておる。

小松市議会 2005-06-14 平成17年第2回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2005-06-14

大手と言われる企業では手をこまねていることなく、内部の研修センターにおいての研修なり、現場で実作業しながらの技術習得、いわゆるオンザジョブトレーニング(OJT)や社内技能競技大会、はたまた国家試験である技能検定取得の勧めや取得後の適正な評価、賃金への反映などが行われています。  

小松市議会 1998-12-09 平成10年第5回定例会(第2日目)  本文 開催日: 1998-12-09

次に、看護婦、看護士などの免許の後追い発表はなくなったかという御質問でございますが、川議員さんより平成8年の6月議会におきまして、看護婦、保健婦の国家試験による免許取得職については合格発表を早めるように国に対して働きかけよという御質問がございまして、その後どうなったかということであったかと思います。  

  • 1