1646件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

野々市市議会 2022-09-27 09月27日-03号

5.市町村合併算定特例終了を踏まえた新たな財政需要の把握、小規模自治体に配慮した段階補正の強化について引き続き対策を講じること。6.2020年度から始まる会計年度任用職員処遇改善のための財源確保をはかること。7.依然として4兆円規模財源不足があることから、地方交付税法定率を引き上げ、臨時財政対策債に頼らない地方財政を確立すること。

金沢市議会 2021-12-12 12月12日-04号

これからこの税収も考えながらやっていかなければならない時代になっておりますので、この質問の最後にですね、長期的に道州制や合併が再びまた議論になるかもしれません。そのために自治体の構成を考えた場合の州都の受け皿として、さまざまな機能を担う観点を含め、周辺市町との連携をもっと進めていく必要があると思っております。その考えをお聞かせいただきたいと思います。 ○高誠議長 山野市長

野々市市議会 2020-06-21 06月21日-03号

市長粟貴章君)登壇〕 ◎市長粟貴章君) 12年前、当時、市町村合併が進められるなか、野々市町長に就任いたしましたときの選挙公約は「5万人市制の実現」でございました。野々市を市にすることによって自信と誇りを持っていただく、特に行政市民の皆様との距離を縮めながら、ともに野々市をつくり上げていきたいということで、単独市制をめざし、私の仕事がスタートいたしました。 

七尾市議会 2020-06-15 06月15日-02号

〔18番(杉本忠一君)登壇〕 ◆18番(杉本忠一君) 今回は、まず最初に、平成16年度の1市3町の合併の件について聞いてまいります。 合併の時期は、その効果に期待をいたしました。当時、平成15年度決算税収額94億5,300万円、人口は6万3,951人。この数字が16年後の今日、税収額78億8,300万円となりまして15億700万円のマイナス、減少であり、また、人口数は1万1,373人の減少

能美市議会 2020-03-23 令和2年第1回定例会(第4号) 本文(委員長報告・採決等) 2020-03-23

能美市においては、合併時に定められた議員定数に関する協議書に、議員定数皆さんもご承知のとおり18名と決定されたことに基づき、現在は18名によって議会運営を行っております。  もとより二元代表制に基づく議会は、市長及び執行機関である行政についての監視及び評価を行い、市政を方向づける責務を担っております。

能美市議会 2020-03-10 令和2年第1回定例会(第3号) 議事日程 2020-03-10

のための組織DMO)の構築について │ │     │ 1)観光アクションプラン実行のための組織DMO)の構築について │ ├─────┼──────────────────────────────────┤ │     │10番  開 道 昌 信(一問一答)                │ │     │                                  │ │     │1.合併

能美市議会 2020-03-10 令和2年第1回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2020-03-10

平成17年の合併から、はや15年が経過いたしました。16年前になりますが、辰口町会議員をしておりました。まさにこの場所で平成合併決議に参加をいたしました。そのときご一緒させていただいたのを思い起こすと、今、居村議長南山議員かなという具合に思います。本当に感慨ひとしおでございます。  今後は、その合併効果についてしっかりと検証していく必要があるかとは思います。

輪島市議会 2020-03-10 03月10日-02号

大型事業の実施に当たりましては、財政負担を極力抑えるために、財源確保といった部分に留意をいたしまして、緊急防災減災事業債といわれる地方債、あるいは合併特例債過疎対策事業債、こういったものなどを用いるということ、また、これらを利用することによって、交付税の後に還元措置のあるその他の地方債も含めて、これらを財源といたしたところであります。

小松市議会 2020-03-09 令和2年第1回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2020-03-09

これにより、公共下水道事業だけでなく、農業集落排水事業合併浄化槽事業も加えた3事業を効率的に選択することにより、早期の汚水処理施設整備を進めているところでございます。今年度末には当初の目標としている3事業による汚水処理人口普及率90%を達成する状況でございます。  今後は、現在整備中の町内については引き続き整備を推し進め、さらなる普及率向上に努めてまいります。  

能美市議会 2020-03-09 令和2年第1回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2020-03-09

先般、井出市政1期目の締めくくりとも言うべき令和年度の当初予算が打ち出されましたが、合併15周年を迎えて、次の20周年、30周年へと能美市の成長、発展を持続可能なものにするための施策が数多くラインアップされている内容であると、僣越ではありますが評価させていただいているところであります。  

七尾市議会 2020-03-06 03月06日-04号

健康増進センターアスロンというのは、合併前の平成12年11月に旧の田鶴浜町が町民の健康の増進及び体力向上を図ることを目的として開設をし、当時でありましたけれども、第2次国民健康づくり対策、いわゆるアクティブ80ヘルスプランの下で厚労省が定める運動型健康増進施設として認定をされまして、今日まで約20年間、クアハウスとしての多くの皆さん方に利用されてきました。

白山市議会 2020-03-06 03月06日-02号

令和2年合併振興基金約31億円の残高見通しと報告がありますが、償還が終了して自由に使える額は現時点で約9億円ぐらいとのことですが、総額の約31億円全て自由に使えることになるのは何年度となるのでしょうか。 白山市の財政調整基金は約18億円、基準はないのですが、全国的には目安としては標準財政規模の20%ぐらいが必要ではないかと言われています。

七尾市議会 2020-03-05 03月05日-03号

一方で、このような町会現状では、町会運営が困難であっても、町会長町会役員さんが自主的に町会合併を進めていく、そういう合意を出すことは非常に難しいのではと思うのです。町会連合会も、町会会員数だけでなく、町会そのものの数に応じて助成金を拠出されていることを踏まえると、積極的に町会合併を支援し取り組むということも現状では厳しいのではないでしょうか。 そこで、執行部に質問いたします。 

加賀市議会 2020-03-05 03月05日-02号

今後も、人口減少に伴う市税収入減少や、普通交付税算定におけます合併特例措置終了による減収が見込まれますが、市民ニーズ対応した行政サービスを継続的かつ安定的に提供する必要がございます。 そのため、予算執行段階では、歳出の適正な執行と歳入の確保に努めますとともに、毎年度財政計画に見直しをかけていくことで、将来におきましても、持続的な財政運営が行えるよう努めてまいりたいと考えております。

輪島市議会 2020-03-03 03月03日-01号

その一方で、本市財政状況につきましては、実質公債費比率などの健全化判断比率の数値は、能登半島地震以後、改善傾向にあるということではありますが、平成28年度以降、合併算定替えによる普通交付税減少などの影響によって、経常収支比率は上昇しており、一般会計におきましては、平成30年度決算で5億5,000万円の財政調整基金の取崩しを行ったほか、今年度予算では約7億円の収支不足財政調整基金の取崩しで対応