531件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小松市議会 2019-06-17 令和元年第3回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2019-06-17

リンパ浮腫という下半身がひどくむくむような病気合併し、卵巣も一緒に摘出されれば、若くして更年期を迎えます。もちろん子宮を摘出された女性は妊娠することはできません。  子宮頸がんの原因は、ヒトパピローマウイルス(HPV)への持続感染であることが明らかにされました。女性の約8割が一生に一度はこのHPVに感染するとされています。

小松市議会 2019-03-20 平成31年第1回定例会(第5日目)  本文 開催日: 2019-03-20

旧西尾小学校に限らず松東地区3小学校合併に伴い閉校となった旧金野小学校、旧波佐谷小学校にも共通することではありますが、今後の活用策の検討においては、全国の活用事例を参考にしながら多角的視点から調査研究を行い、地域住民が愛着を持てる地域活性化策につなげていくよう求めました。  最後に、請願第2号 国に国保への国庫負担増を求める請願についてであります。  

金沢市議会 2019-02-27 平成31年  2月 経済環境常任委員会-02月27日−01号

◆前誠一委員 花き市場については神宮寺に民設市場があるが、合併の話はなくなったのか。 ◎前田公設花き地方卸売市場事務局長 神宮寺の花市場の社長には、今回のあり方検討会にオブザーバーとして参加してもらっている。その中で、市の公設のあり方をしっかり見てもらったうえで、オブザーバーとしての意見ももらっている。

輪島市議会 2018-12-13 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月13日−02号

そこで、その整備スケジュールを示せとのお尋ねでもありますが、整備に要する費用、そしてその財源でありますけれども、まずコンパクトな防災拠点となる庁舎の増築部分についてでありますが、必要とする経費の95%を借り入れることができるという、しかし借金になりますが、これを返還するときの元利償還金につきましては、交付税によって70%が交付されると、こういった非常に手厚い合併特例事業債、これを財源として積み立ててまいりましたまちづくり

小松市議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2018-12-10

それから、発注側にとりましても一つ一つのボルト、ナットを発注するんじゃなくて、いわゆるアッセイ、コンポーネントで発注するというやり方が常道になっておりますので、そういう意味でやはり合併をしたり、吸収をされたりというようなことも起きているんだろうと思います。これも日本全体の企業力を高めるという意味では私はいい点なんだろうというふうに思っています。  

小松市議会 2018-09-11 平成30年第3回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2018-09-11

小松市は昭和15年、1940年12月1日、2町6カ村が合併して誕生しましたが、市制施行間もなく第2次世界大戦が勃発、そして敗戦。戦後復興と高度成長、オイルショックによる経済不況と安定成長など、社会の大きなうねりの中で市民は幾度の難局を不屈の精神で乗り越え、今の小松市の基礎を築いてきた半世紀でありました。  それでは、通告しました4項目について順次質問をいたします。  

金沢市議会 2018-07-27 平成30年  7月 連携中枢都市圏・都市交通特別委員会-07月27日−01号

豊田市合併市で、愛知県の5分の1を占めるほど非常に広い市である。合併しているので連携中枢都市圏と違うように感じるかもしれないが、合併していなければ連携中枢都市圏の考え方に近いと思う。先日、国交大臣表彰も受賞したが、公共交通の考え方の何が評価されたかというと、おいでんバスという幹線バス地域バスを、2段階に完全に整理しているところである。

珠洲市議会 2018-06-26 2018.06.26 平成30年第2回定例会(第2号)  本文

昭和29年7月15日、当時の3町6村、現在の 10地区で合併スタートした珠洲市は、これまでに7名の市長のもとで64年の時が流れました。この間、6名の市長はもとより、泉谷市長におかれても、珠洲市民の幸せのため、珠洲市の弥栄のため、寝食を忘れ、明日の珠洲市を築くための努力を積み重ねてこられましたが、全国的に、必然的に、ほとんどの市町村に進み続ける過疎化を押しとめることはかなわず、今日に至っております。

白山市議会 2018-06-12 平成30年  6月会議-06月12日−02号

白山市合併から14年目、これまで歴代の首長の市政運営により、着実に発展を遂げてきていると感じています。  振り返りますと、初代故角市長は、合併直後から住民の一体感の醸成を最優先に市政運営に当たられてこられました。  2代目、作野市長は、厳しい財政状況となる将来を見据え、行財政改革に積極的に取り組んだことから、今日の白山市があるのだと考えています。  

白山市議会 2018-03-23 平成30年  3月会議-03月23日−04号

本市の一般会計の歳入では、市税においては過去最高を見込んだ本年度とほぼ同額の約184億円余りが見込まれており、地方交付税においては合併特例債の段階的縮減は4年目となりますが、過年度の法人市民税の減額精算により本年度と比較し7.9%増となる90億円余りが見込まれております。いまだ大変厳しい財政状況ではありますが、合併振興基金の活用により学校保育所等の施設整備事業を進めるとされました。  

珠洲市議会 2018-03-06 2018.03.06 平成30年第1回定例会(第2号)  本文

このほとんどは制定時の首長のみを対象としておりますが、合併により失効となったり、あるいは廃止したところもあります。最近では自民党の任期延長、また中国では主席の任期指定撤廃という動きもあり、逆の方向に向いているような感もございますが、市政施行から63年余の珠洲市の歴史の中で3期12年を務め上げたのは、初代の岡村理一郎お一人であり、泉谷市長はタイ記録に並び、それを超えようとしています。

輪島市議会 2018-02-16 平成30年  2月 定例会(第1回)-02月16日−02号

平成18年の輪島市との合併により、旧門前町役場から門前総合支所となり、その後の課の統廃合や合理化により、空きスペースが目立つようになってまいりました。一方、空調設備等の更新に伴い、今後の門前総合支所はどのような施設となるのか、そのあり方について検討なされて、今回の改修工事となったものと考えますが、どのようになるのでしょうか。  

輪島市議会 2018-02-09 平成30年  2月 定例会(第1回)-02月09日−01号

これよりその主な内容についてご説明を申し上げますと、まず一般会計におきましては、歳入では、人口減少や固定資産税の評価替えの影響、また地域経済の情勢から自主財源であります市税収入の減収を見込み、また国からの地方交付税の部分では、合併算定がえの影響などによりまして収支不足が生じることから、10年ぶりに財政調整基金を2億円取り崩しして対応することといたしております。