2414件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小松市議会 2020-09-08 令和2年第3回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2020-09-08

中期ビジョンを策定する石川県の要望を受けた調査で、自衛隊との共用空港としては初めての取り組みとなる。ただ、小松空港は防衛上の観点から民間委託のハードルが高いとみられる」。  そういったような見出しがあって、中に記事が続くわけでありますけれども、これはとにかく資産調査をしようという報道でありますから、まだ民営化が当然決まったわけではありません。  

小松市議会 2020-09-07 令和2年第3回定例会(第2日目)  資料 開催日: 2020-09-07

       │ │番 │一括│一問│      │                                   │ │  │  │一答│      │                                   │ ├──┼──┼──┼──────┼───────────────────────────────────┤ │  │  │  │      │1 本市の環境問題に対する取り

野々市市議会 2020-09-06 09月10日-02号

4月1日現在、94自治体取り組みがされていたのが、7月1日現在で100自治体(35都道府県)にまで新型コロナウイルスの影響で導入自治体が増えましたが、全体の3%にとどまっているとの報道がありました。今後は電子書籍の拡充が課題となるでしょう。 株式会社図書館流通センターが運営する本市図書館における電子書籍ニーズは今後高まることが予想されます。

小松市議会 2020-08-31 令和2年第3回定例会 目次 開催日: 2020-08-31

…………………………………………21 ○開議の宣告………………………………………………………………………………………………………………22 ○会議時間の延長…………………………………………………………………………………………………………22 ○市長提出議案に対する質疑並びに市政一般質問……………………………………………………………………22  18番川崎 順次君     1 本市の環境問題に対する取り

小松市議会 2020-08-31 令和2年第3回定例会(第1日目)  本文 開催日: 2020-08-31

これまでの水質浄化取り組みに感謝し、未来の木場潟の姿を共有する木場潟宣言を年内に行います。また、民間団体から譲り受け改修を行っていた流し舟を9月20日から11月末までの休日、木場潟流し舟として、船頭が操舵し、南園地周辺を運航します。  こまつ乗りものフェスティバルは、来月21日から26日まで、こまつドームをメイン会場に、こまつ乗りもの動物園を分散開催する予定です。

小松市議会 2020-06-19 令和2年予算決算常任委員会総括質疑 本文 開催日: 2020-06-19

また、地域協議会というのがございまして、地域協議会に指定をさせていただいて防災の関係を今年は重点テーマに選んでいただいて取り組みをいただきますと、1町内上限30万円でございますが10分の10の補助制度もございます。これらのいろいろな補助制度活用して地域衛生対策等も行っていただけたらなと思っている次第でございます。  

輪島市議会 2020-06-16 06月16日-02号

教育学研究者約3,000人でつくる日本教育学会は、「9月入学よりも、いま本当に必要な取り組みを」との提言文部科学省などに5月22日提出しました。9月入学問題を検討のために特別委員会を開催していたのです。 提言では、今やるべきことはたくさんありますが、感染の再拡大に備え、オンライン学習環境整備をすること、オンライン活用は、子供たちが教師や友達とつながり、孤立感を防ぐ手だてにもなります。 

小松市議会 2020-06-11 令和2年第2回定例会(第2日目)  資料 開催日: 2020-06-11

                 │ │  │  │  │      │  避難所運営の指針とリードを担当部署に期待(導線とスペースレイア │ │2 │○ │  │片山瞬次郎 │   ウト)                             │ │  │  │  │      │3 在宅介護の現場でのコロナ対策について               │ │  │  │  │      │ (1) 感染予防取り

小松市議会 2020-06-04 令和2年第2回定例会 目次 開催日: 2020-06-04

………………………………24 ○会議時間の延長…………………………………………………………………………………………………………24 ○市長提出議案に対する質疑並びに市政一般質問……………………………………………………………………24   9番梅田 利和君     1 コロナ禍対応 学校再開…………………………………………………………………………………24      (1) 校内の安全性確保のための取り

小松市議会 2020-03-25 令和2年第1回定例会(第5日目)  資料 開催日: 2020-03-25

こうした取り組みにより,国民保険制度かかりつけ医中心医療提供体制一体となった我が国の保険医療システムを,長寿社会における医療モデルとして確立することが,国民に将来の安心を約束することにつながる。  よって,国におかれては,このような持続可能な医療介護制度の確立に向けて,適切な財源を確保するよう強く要望する。  以上,地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。   

小松市議会 2020-03-13 令和2年予算決算常任委員会総括質疑 名簿 開催日: 2020-03-13

また、普及目標値と到達              年数は             ・安宅新以外の大規模造成工事等CADを使った工事の発注を              近々にするのか             ・ニーズに合った取り組み、業者育成取り組みについて             ・今後も同額の予算で推移する予定か  5 川崎 順次   1.施設園芸推進費(293,000千円)について             

金沢市議会 2020-03-11 03月11日-02号

ところで、文部科学省より、昨年10月25日の通知「不登校児童生徒への支援の在り方について」、続いて12月8日に「不登校取り組みについて~不登校政策変化~」として公表されました。これらの文部科学省からの公表後、本市において、不登校に関する政策転換変化について、何をどのように学校長及び教職員にお伝えしているのかお聞かせください。 

七尾市議会 2020-03-06 03月06日-04号

どのモデル事業も本当の意味で地域力維持向上に資する取り組みでございまして、地域再生に取り組んでおります。 そこで、七尾市ではこの関係人口の創出・拡大に向け、着目するポイントや独自性というものについてどう考えるのか、見解を伺います。そして、そのことに向けた取り組みをどう進めていくのか、どう展開していくのか、こういったことについても伺いたいと思います。

小松市議会 2020-03-06 令和2年第1回定例会(第2日目)  資料 開催日: 2020-03-06

  │  │      │ (2) 図書館によるまちづくり                     │ │  │  │  │      │  まちづくりにおける新しい図書館の果たす役割について       │ │6 │○ │  │吉田 寛治 │2 SDGs環境問題について                     │ │  │  │  │      │ ・小松市と企業と市民一体となったSDGsの取り

七尾市議会 2020-03-05 03月05日-03号

次のローカルベンチャー戦略アテンダントですが、ローカルベンチャー戦略アテンダントは、平成30年度から事業承継取り組み中心に活動を行っております。 この取組の中で、19社が全国向け人材募集サイト後継者を募集したところ、14社に対しまして64人の応募がありました。実績といたしまして、今までに2件の採用が決定をしております。

七尾市議会 2020-03-04 03月04日-02号

とりわけ七尾城跡の保存活用取り組みについては、歴史遺産として子孫につなぐ基礎を固めながら、本格的な発掘調査に着手するなど、全国の方々にも訪れていただく交流拠点として整備、発信していきたいと考えております。 以上でございます。 ○議長(杉木勉君) 白田総務部長。     〔総務部長白田 剛君)登壇〕 ◎総務部長白田剛君) 中西議員にお答えをいたします。 

小松市議会 2020-02-28 令和2年第1回定例会 目次 開催日: 2020-02-28

……………………………………36      ・八日市地方遺跡出土品や石の文化小松特産品などの展示場を設ける考       えはあるのか      ・高架下プロムナードとして,どんな姿をイメージして設計に入るのか     6 本市治水対策について(答弁:副市長)……………………………………………………………37      ・河川,排水路改修状況について      ・石橋川排水区遊水地の概要と取り

白山市議会 2020-01-30 01月30日-01号

あわせて市政におきましても、引き続き本市の豊かな自然、各地域に伝わる歴史、伝統、文化を将来に大切に継承いたしますとともに、これまでのまちづくりの歩みを礎として、「健康」「笑顔」「元気」を基本とする各種施策並びに昨年宣言をいたしました「健康都市 白山」にかかわるさまざまな取り組みをさらに推進し、市民の皆様が100歳になっても元気に暮らせる、安全・安心で住んでよかったと実感ができるまちづくりに努めてまいりたいと