173件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

金沢市議会 2022-06-25 06月25日-03号

精神科医医学博士の岡田尊司氏は、「インターネットゲーム依存症ネトゲからスマホまで」という著書において、ゲーム依存は、睡眠障害、注意力・遂行機能の低下、意思決定の異常、鬱状態、社会的機能の低下といったさまざまな問題を引き起していること。薬物やギャンブルと同じく依存症であること。それは脳機能画像診断技術の向上によって自明のものとなったこと。

七尾市議会 2020-03-05 03月05日-03号

日本摂食障害協会理事長で、政策研究大学院大学教授医学博士の鈴木真理教授によりますと、人生で困ったり、つまずいたりしたときになる人生障害でもあり、また社会が女性に学歴、容姿、結婚、出産など数々のハードルを乗り越えることを求めるようになり、それに挫折した女性が自信を取り戻すための手段が痩せるという行為となるとのことでございます。

小松市議会 2019-12-10 令和元年第5回定例会(第4日目)  本文 開催日: 2019-12-10

また、補正予算以外にも来年2月に誕生10年を迎えるカブッキーの誕生パレードでのポムポムプリンとの共演、2月15日の青少年健全育成大会での東京海洋大学名誉博士のさかなクンによる講演、2月22日の小松の未来を考えるSDGs未来都市シンポジウムなど、80周年をスタートさせていきます。

輪島市議会 2019-06-26 06月26日-03号

先般、ノーベル賞を受賞された野依博士も言っております。今の教育の大きな問題点は、好奇心を持ってみずから問う力、考える力、答える力が落ちている。先生や社会は、若者の自由闊達な挑戦を温かく見守る必要があるとも指摘をしております。形だけの評価制度だけで、実は本当の成果を求めていないとも言い、教育を取り巻く全てのセクターが世界の変化を直視し、近未来を担う若者を育てるべきだと言っております。

白山市議会 2019-06-17 06月17日-02号

スクールカウンセラーであり精神科医の明橋大二先生が、2002年にアメリカ出版されたエレイン・N・アローン博士の本を2015年に翻訳されて、この言葉が世に知られるようになりました。HSCと呼ばれる子は、本の中では、おおよそ5人に1人がこの特徴を持っていると言われています。 私自身が、学童保育指導員、今は放課後児童クラブ支援員ですが、をしていたときの経験と重なりました。

小松市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第4日目)  本文 開催日: 2019-03-06

この間、山崎、油井両宇宙飛行士やノーベル賞を受賞された白川博士などたくさんの有名な方々に御来館をいただきました。それから、国際宇宙ステーションとのリアルタイム交信など最先端技術の展示、紹介等も行ってまいりました。そのほかにも各種体験教室科学イベント等を開催することで、昨年12月には来館者70万人を達成することができました。

野々市市議会 2018-12-12 12月12日-03号

また、小学生を対象とした取り組みといたしましては、夏休み期間中にエコ作品コンクールを開催しており、申し込みをいただいた児童に対し、エコ博士の認定証を贈呈いたしております。この作品については、市内の金融機関のご協力を得て展示をしていただいておるところでもございます。ご家庭地域の住民の方への啓発にもつながっているものと思っております。 

白山市議会 2018-12-05 12月05日-01号

特に、今年度は世界認定に向けた課題解決と取り組みの強化を目的として、桑島化石壁の世界的な価値を考える国際化石シンポジウムやライン博士講演会、ジオパークの見どころをめぐるフォトロゲイニングを実施し、広く情報発信を行うとともに、金城大学短期大学部とも連携したジオガイドの養成講座の開催や市内の全地域でまち歩きツアーを開催するなど、市民参画と誘客の拡大・推進に果敢に取り組んできたところであります。 

能美市議会 2018-09-10 平成30年第3回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2018-09-10

「かほく市を代表する偉人「哲学者・西田幾多郎博士」が猫好きであった」という。まさか石川県が誇る鈴木大拙と二大哲人の一人が、西田先生がまさか猫好きだった。こういうミニ情報がここでとれるという、そんなことでございます。裏面の下のほうにはQRコードが埋め込まれております。これ見ましたら、ちゃんとかほく市のホームページに飛んでいくということでございます。  

小松市議会 2018-06-12 平成30年第2回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2018-06-12

このほか、公立小松大学公開講座や小松短期大学公開講座、社会福祉議会のはつらつ講座、商工会議所セミナーを初め、ふるさとこまつ検定や市民博士教養講座など、多様な学びの機会が提供されてございます。  これら既存の学習講座と並行して、9月開校予定のこまつ市民大学は、活力ある地域づくりを担う人材育成目的に設立するものでございます。

小松市議会 2018-03-06 平成30年第1回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2018-03-06

そして、4月から名前が変わりますまちづくり市民財団、それから社会福祉議会、それからさまざまに各地域にすばらしい市民博士もいらっしゃるわけですが、そういう人たちがみんなが集まって、そしてそれぞれの得意分野を御披露し合いながら、お互いを切磋琢磨していく。これが小松市の一番の私は魅力であると、そんなふうに思っております。  幸いキャンパスも市内全域にございます。

白山市議会 2018-03-01 03月01日-01号

新年度は、国指定天然記念物、桑島化石壁の世界的な価値を考える国際化石シンポジウムや、ジオパークの見どころを地図を頼りに探し当て写真を撮るスポーツリクレーション「ジオパークFOODフォトロゲイニング」、ライン博士講演会などを実施し、広く情報発信を行うとともに、明治初期に県庁が置かれた地に立つ石川ルーツ交流館に新たにジオパークコーナーを整備するなど、効果的な普及啓発や誘客の推進を図ることといたしております

金沢市議会 2017-12-14 12月14日-04号

文学は古来より人々の暮らしと関係が深く、本市では加賀藩藩校の明倫堂において天文暦学の講義が行われていた記録があるほか、現在の国立天文台の水沢緯度観測所の前身である観測所の初代所長を務め、Z項という地球の緯度変化を計測するための公式を発見した本市出身の世界的天文学者である木村栄博士は、明倫堂の流れをくむ石川県専門学校、後の第四高等中学校で天文学の講義を受け、天文学を志したそうであり、本市は宇宙科学

小松市議会 2017-12-11 平成29年第4回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2017-12-11

そして、さまざまなこれから必要であろう新しい幼児教育のあり方、これを積極的にやはり公立職員が、大学教授、また高等学校中学校小学校も含めまして、また地域のいろんな市民博士も含めまして、そういう人たちの知恵、そしていろんな思いを取り入れてやっていく。そして、できた果実はひとしく私立のこども園、保育園のほうにどんどんと提供していく。

白山市議会 2017-12-11 12月11日-02号

最後に、ドイツ・ラウンハイム市とは、桑島化石壁を世に広めたライン博士の出身地という経緯で、平成7年に旧白峰村が友好都市提携を行い、ライン博士顕彰会の民間交流のほか、本年は20周年であることから、去る10月の訪問の際に再調印をしたところであります。 

加賀市議会 2017-12-11 12月11日-02号

その代表的な人物が加賀市に生まれ世界を舞台に活躍した雪博士、中谷宇吉郎、日本百名山の著者、深田久弥でございます。彼らの業績や人となりは、中谷宇吉郎雪の科学館、深田久弥山の文化館で紹介しております。また、加賀市の自然や文化にひかれ、奥の細道で知られる松尾芭蕉や総合芸術家、北大路魯山人等の歴史的著名人が訪れ、多くの足跡を市内の各所に残してございます。

白山市議会 2017-09-07 09月07日-02号

小・中学生を対象としたジオパーク遠足や感性のびのびジオサタデー、また子どもジオパーク博士などを行っており、鶴来高校でもジオパーク学習に取り組んでおります。さらに、金城大学などと連携をした活動も行っており、小学校から大学まで幅広い教育活動を推進しているところであります。 次に、庁内横断的な連携による市職員の取り組みについてであります。 

珠洲市議会 2017-03-06 2017.03.06 平成29年第1回定例会(第2号)  本文

学校現場の業務改善においては、これまで市教委で行っていた調査物等について、昨年度末に既に見直しており、毎月求めていた読書活動推進取り組み報告や漢字・計算博士コンテストを今年度から取りやめております。また、研修会においても、当初の目的を達成しているものや、石川県教育委員会主催等の研修と目的、内容等が重複しているものについて整理しております。  

加賀市議会 2017-03-06 03月06日-02号

皆さん既に御存じのように、新聞報道でもありましたけれども、本川弘一博士でございますけれども、桑原町の出身で、昭和29年には「色の感覚に関する研究」でノーベル賞候補にもなられました。脳電図の研究日本学士院賞を受けられた医学博士でもあるわけでございます。 そこで、基金創設に当たりましてお伺いいたします。平成28年度補正予算において、科学奨励基金の内容をお伺いいたします。