2095件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

珠洲市議会 2019-03-15 2019.03.15 平成31年第1回定例会(第3号)  本文

議案第2号「平成31年度珠洲市国民健康保険特別会計予算」、議案第4号「平成31年度珠洲市介護保険特別会計予算」及び議案第5号「平成31年度珠洲市後期高齢者医療特別会計予算」の3件につきましては、本市の医療と介護保険制度を担保するためには必要な予算措置であり、全会一致で「原案のとおり可決すべきもの」と決した次第であります。  

珠洲市議会 2019-02-26 2019.02.26 平成31年第1回定例会(第1号)  本文

次に、病児・病後児保育の開設につきましては、平成31年度において、珠洲市総合病院で休棟となっている療養病棟の1室を病児・病後児保育事業の保育室として改修したいと考えており、今後、制度設計等を進めながら、早い段階での開設を目指してまいりたいと考えております。  

金沢市議会 2018-12-25 平成30年 12月 定例会-12月25日−05号

議案第46号については、本市に東京23区から本社機能を移転させると固定資産税が軽減される制度を実績もないのに延長し、しかも税率をゼロとするものです。これは国の地方創生の地方拠点強化税制のメニューで、都市部と地方の格差是正のために始められたものですが、これまでに本市に進出企業はなく、実態のない名ばかりの制度となっています。

小松市議会 2018-12-21 平成30年第4回定例会(第5日目)  本文 開催日: 2018-12-21

財政上の支援については現時点で1校下当たりのおおよその交付額が未定であることや未来永劫の財政支援の可能性も考えられる中、今後の財源確保においても不安が残るなど制度設計がしっかりとできていないことから、平成31年度当初予算とあわせて上程し、また、それまでの間に地域への説明と財源の確立などの課題解決を図るべきであることから、現時点での条例制定は時期尚早であり、継続審査とすべきとの意見が出されたものであります

珠洲市議会 2018-12-14 2018.12.14 平成30年第4回定例会(第3号)  本文

地方分権の進展に伴って自治体の権限が拡大する中、現行地方自治制度のもとで、市長とともに二元代表制の一翼を担う市議会の役割と責務はますます重大となっています。そのため、珠洲市議会では、かねてから議会改革の取り組みを進めてまいりましたが、全国の多くの自治体の活発な動きからは年々引き離されてきたことは否めません。

珠洲市議会 2018-12-14 2018.12.14 平成30年第4回定例会(第3号)  資料

で構成され、日本国憲法に規定された二元代表制の地方自治制度に根拠を置く合議制の議事 機関です。同じく選挙で選ばれた独任制の執行機関である珠洲市長(以下「市長」という。)とともに、地 方公共団体たる珠洲市の代表機関を構成します。この2つの代表機関は、市民福祉の増進を図るため、それ ぞれ異なる特性と権能を活かしあいながら、市政を運営することが期待されています。  

輪島市議会 2018-12-13 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月13日−02号

この関連法案には、漁業権制度を改正する漁業法等の一部を改正する等の法律も含まれており、具体的な運用等の規定につきましては、今後整備されるものであります。  漁業権制度のさまざまな改革の中で、優先順位の法定制を廃止する方向で進めるとのことでありますが、既存の漁業権者が活用している場合には、その者に優先して許可することが示されております。  

小松市議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第4日目)  本文 開催日: 2018-12-11

これまで6人の方が制度を活用し、現在、企業のリーダーとして活躍されてございます。  また、こまつの技継承支援といたしまして、九谷焼など伝統的産業の技術等習得を図るものに関しまして、3年間、奨励金を交付してございます。これまで8人の方が制度を活用いたしまして、現在も伝統的産業の後継者として活躍されてございます。  

珠洲市議会 2018-12-11 2018.12.11 平成30年第4回定例会(第2号)  本文

これが指定管理者制度の現実だと重く受けとめなければなりません。  木ノ浦ビレッジを始めて4年が経ちました。来年度からは新しい形での運営ということになろうかと思いますが、市長として、木ノ浦ビレッジに関しては、指定管理者制度のあり方については、5年前、非常に御苦労されたのも私はよく記憶しております。

小松市議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2018-12-10

私は以前、平成27年の9月議会で健康ポイント制度について質問をしました。当時の私の考え方は、健康づくり、いわゆる福祉の観点から、どちらかというと高齢者の運動促進のために健康ポイント制度を創設し、歩くことを基本とした数値化、体を動かしたことの見える化、共通化を図り、それに対してインセンティブを与えることで楽しみもふえ、健康維持増進が図れるのではないかという質問の趣旨でした。  

小松市議会 2018-12-07 平成30年第4回定例会(第2日目)  資料 開催日: 2018-12-07

   旨       │ │番 │一括│一問│      │                                  │ │  │  │一答│      │                                  │ ├──┼──┼──┼──────┼──────────────────────────────────┤ │  │  │  │      │ (1) 風疹の予防接種の制度

小松市議会 2018-12-07 平成30年第4回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2018-12-07

私、いろいろ資料を見てみまして私見を述べさせてもらいますと、はつらつ協議会制度、これはやはり少子・高齢化が進行し、地域の活力が失われつつある中で、再び地域を活性化し、より発展させるやはり画期的な制度ではないかと考えております。  従来、地縁、血縁と言われる関係、農業、稲作を通じた地縁や、また在所、町内間での婚姻等による血縁はほとんど崩壊状態にあります。

金沢市議会 2018-11-27 平成30年 11月 文教消防常任委員会-11月27日−01号

また、市では改修に対する補助制度を設けていることや流通促進のために支援していることを知ってもらい、解体を考えている人がいるとすれば、それを思いとどまってもらい、再生活用につなげるきっかけになればとの思いでお知らせ文書を配布した。配布先だが、旧城下町区域を主体として記載の各地区に存在する金澤町家6,125件を対象とした。配布時期については9月20日から10月末までである。  

金沢市議会 2018-11-22 平成30年 11月 建設企業常任委員会-11月22日−01号

◆澤飯英樹委員 この補助制度について、私の住む地域ではすでに町会長会議で説明があった。よい制度だと思うが、利用するに当たっては「雪害対策本部が立ち上がったときに」という条件があり、それをチラシにもっと大きな字で書かなければいけないのではないか。除排雪を業者に頼んだときに、いつでも3分の2の補助がもらえると解釈する町会長がたくさんいたので、条件があることをはっきりとわかりやすく説明してほしい。

金沢市議会 2018-11-13 平成30年 11月 総務常任委員会-11月13日−01号

施設運営の分野においては、金沢は保育施設については民間施設の割合が非常に高いが、各施設が情報共有や共同研究などで切磋琢磨しているとの意見や、子ども・子育て支援の新制度に移行した後に保育施設を中心に教育の意識が高まっており、認定こども園などでは人材配置も柔軟に行うことができるといった意見もあった。

金沢市議会 2018-11-06 平成30年 11月 市民福祉常任委員会-11月06日−01号

制度の利用・要望について」では、保護者が現在必要、重要だと思う支援は、一般世帯、生活困難世帯とも子どもの就学費用の軽減と悩み事の相談できる場所や人の確保である。就学費用の軽減は、一般世帯では47.9%、生活困難世帯では74.1%が重要と考えている。相談に関しては、一般世帯、生活困難世帯ともおおよそ30%が必要としている。

金沢市議会 2018-10-15 平成30年 10月 一般会計等決算審査特別委員会-10月15日−01号

164ページ、3項1目清掃総務費の家庭ごみ減量化推進費では、指定ごみ袋による家庭ごみ収集制度の開始に伴い指定ごみ袋の製造を委託したほか、制度周知に努めた。  168ページ、5目清掃施設建設費の翌年度繰越額1億5,600万円余は、次期廃棄物埋立場建設事業において適正工期を確保するため繰り越したものである。