158件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

金沢市議会 2023-12-11 12月11日-03号

浅野川水害、氾濫や福島県からの受け入れなど、過去に災害廃棄物処理実証経験済み本市ではありますが、県の権限領域とはいえ、災害時の広域的な廃棄物処理能力の発揮など、平時からごみ処理施設連携体制を築くとともに、廃棄物エネルギーを効率的に回収する施設拠点化、大規模化など、気候変動対策廃棄物処理費の削減、回収に資することも重要と考えます。

加賀市議会 2020-03-05 03月05日-02号

これによると、石川県が管理する大聖寺川浄化センターは、当初の計画水量を下回り、処理能力に余裕が出ると予想され、統合について、地元や県と協議を重ねております。 これまで議会でもお示しをいたしましたが、片山津処理区の加賀浄化センターを廃止し、中継ポンプ場として大聖寺川浄化センターへの圧送管の整備を行うことは、今後の建設費維持管理費を考慮いたしますと、より経済的に汚水処理ができると考えております。 

七尾市議会 2019-12-09 12月09日-02号

その内容は、人口減少に伴いまして、稼働時の人口七尾市、中能登町合わせまして6万6,521人、1年に見込むごみの量は、七尾中能登両方合わせて1万8,907トンと想定をし、約1日に70トンとのごみ処理量を想定し、35トン処理能力を持つ焼却炉が2炉、ストーカ方式で旧第1衛生処理場跡地での建設計画をお示しをいただいております。 

輪島市議会 2019-09-10 09月10日-02号

まず、施設整備については、焼却炉の形式や処理能力等、施設規模や概要は決まったのでしょうか、お尋ねをいたします。 次に、幼児教育保育無償化についてお尋ねをいたします。 10月から幼児教育保育無償化制度に伴い、3歳以上の幼稚園児である1号認定、3歳以上の保育児童である2号認定について、施設利用料無償化となるものであります。 

加賀市議会 2019-06-18 06月18日-02号

本市加賀環境美化センターにおける産業廃棄物に該当する廃プラスチック類受け入れにつきましては、施設処理能力や二酸化炭素の排出量の増加など、課題もまだあることから、現段階では考えていないというのが現状でございます。 以上です。 ○副議長稲垣清也君) 中川敬雄君。 ◆(中川敬雄君) わかりました。 結果的には、確かに産業廃棄物も、もとはやはり人が必要として出てきたものであると思われます。

金沢市議会 2018-12-20 12月20日-04号

昨年度、2,000頭近いイノシシ処理について、成獣については、ジビエとして活用するためのジビエ工房三谷や白山ふもと会、ハンターベースジャパンなど、解体施設での処理を推奨するものの、その処理能力は全捕獲数に対し全く追いついていません。保存する冷蔵庫もいっぱいということで、一部自家消費するものも含め、埋設処分が中心となっています。

野々市市議会 2018-06-14 06月14日-02号

しかしながら、1日当たり処理能力が限られていることや、平常時の活用方法などに課題があるというふうにも伺っております。 災害時は、被災者トイレを我慢して健康状態を損なうことのないよう、早目汚水回収による良好なトイレ環境維持に努めることとし、まずは組立式トイレの備蓄を優先的に進めてまいりたいと考えております。 ○議長早川彰一議員) 金村議員

小松市議会 2018-03-12 平成30年予算決算常任委員会総括質疑 名簿 開催日: 2018-03-12

課題について             ・分別について            2.エコロジーパークこまつ・クリーンセンター建設費(24億             3,310万円)について             (1)夏に稼働するエコロジーパークこまつ・クリーンセンター              について             ・建設費の内訳について             ・クリーンセンター処理能力

七尾市議会 2018-03-06 03月06日-02号

次に、その財源についてでありますけれども、環境省の交付金活用であるならば、処理能力規模交付率も当然定められております。建設に伴う財源についての考えをお示しをいただきたいと思います。 また、昨年、担当課が作成をしているごみ処理施設建設に関する参考資料も拝見をさせていただきました。その中で、事業手法方式が示されております。これについての考えも伺っておきたいと思います。 

輪島市議会 2017-12-14 12月14日-02号

浸出水調整槽容量浸出水量浸出水処理能力(処理水量)は不可分の関係にあることから、浸出水量及び処理水量についてもこれまで説明されてきた数値は信頼性を失うことになりませんか。 お尋ねいたします。 まず、10項目に留意とはどのような内容ですか。 事業者は、豪雨を考慮し、浸出水調整槽容量計画の1.5倍にふやすと説明したということですが、その容量はどれだけですか。 

金沢市議会 2017-12-13 12月13日-03号

現在の西部焼却炉は、1日当たり処理能力が150トンのものが2基であります。新しく規模が縮小される東部エネルギーセンター焼却炉規模であっても、もし西部焼却炉でトラブルが発生し稼働できなくなった場合、金沢市のごみ処理に問題が発生することはないのかお尋ねいたします。 次は、プラマークのついた容器の分別についての質問です。

白山市議会 2017-09-08 09月08日-03号

松任中央浄化センター供用開始当時の回転円板方式による事業費についてでありますが、昭和56年から松任中央浄化センター建設を開始した回転生物接触法回転円板方式ですが、昭和56年から着手し、2系列、日1万4,000立方メートルの処理能力を持つ施設土木構造物、建築及び機械設備などに要した事業費は約34億6,000万円です。 

小松市議会 2017-06-13 平成29年第2回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2017-06-13

処理能力は1日当たり110トンで、余熱発電も行う計画でありますが、この処理能力はリサイクルやごみ減量化の進展も見込んだ上で、現在の環境美化センター処理能力の1日当たり150トンよりも低く設定されたものであります。  予算資料によれば、平成28年度の家庭可燃ごみ量平成20年度に対し24.6%減少したとされておりますが、この取り組みの事業名ごみダイエット50%費であります。