84件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

金沢市議会 2018-11-27 平成30年 11月 文教消防常任委員会-11月27日−01号

傷病者は、56歳の台湾人男性で、約16キロメートル付近の第4救護所のすぐ近くで突然倒れ、心肺停止の状況だったが、救護所スタッフのほか、メディカルランナーも近くを走行中だったことから、直ちに心臓マッサージを開始し、発生から2分後にAEDによる蘇生処置を実施し、4分後には自発呼吸を再開した。

金沢市議会 2018-09-11 平成30年  9月 定例会-09月11日−02号

職員へのAED講習につきましては、傷病者発生時対応マニュアル等を活用した校内講習会を年1回以上行うよう指導しております。加えて、毎年実施している危機管理能力向上講習会の中でも救急救命講習を行っており、参加した教職員全員がAEDを操作できるようにいたしております。  以上でございます。 ○清水邦彦議長 西川保健局長

珠洲市議会 2018-09-11 2018.09.11 平成30年第3回定例会(第2号)  本文

石川県が9月24日から運航を開始するドクターヘリにつきましては、救急医療に必要な機器や医薬品等を積載した救命医療専用のヘリコプターであり、消防機関からの要請により、石川県立中央病院から出動し、ランデブーポイントにおいて消防機関救急隊から傷病者を引き継いで、速やかに医療機関へ搬送するものであります。  

金沢市議会 2018-08-08 平成30年  8月 文教消防常任委員会-08月08日−01号

傷病程度別搬送人数については、重症が1名いたが、大半は軽症だった。  発生場所・発生状況別の搬送人数については、屋外の102人に対し、屋内は127人と屋外より多い結果となった。屋外の内訳を見ると、作業中やスポーツ中に多く発生しているが、歩行中の人に最も多く発生しており、中には散歩中や通院の帰り道といった事例も複数件見られた。

金沢市議会 2018-06-21 平成30年  6月 定例会-06月21日−04号

これまで使用した結果から、傷病者に安心感を与え、また、短時間に必要事項を聴取できるなど高い効果を確認しておりまして、引き続き、アプリ機能の向上に取り組みながら、質の高い救急業務の実施に努めてまいります。  続きまして、このアプリが多くの救急現場で活用されるよう、全国に使用を呼びかけてみてはいかがかとのお尋ねでございました。

金沢市議会 2018-05-08 平成30年  5月 文教消防常任委員会-05月08日−01号

救急高度化推進整備事業費は、消防指令センターに配置する救急救命士養成費のほか、食道閉鎖式の気管挿入器具など新たな資機材の増強や、救急車内の傷病者の容体を医師へ画像伝送する救急画像伝送システムの運用に係る経費である。  5ページ、消防機械整備事業費では、消防局に配置している情報調査車と駅西消防署に配置している高規格救急車を更新する。

金沢市議会 2018-02-19 平成30年  2月 文教消防常任委員会-02月19日−01号

その内容は対応方針概要に記載したとおりで、気象状況等に応じた警備体制の強化として、積載ホースの増強、消火栓探知機や除雪用具の積載のほか、積雪により救急現場直近まで進入することが困難な場合などにおいて、傷病者の搬送支援のため救急隊と消防隊を同時出動させるPA連携出動の積極的な実施や非常招集により非常用救急車を増強運用すること、消防隊乗組要員を増員すること、非常招集により非常用消防車を増強運用するという

金沢市議会 2017-08-09 平成29年  8月 文教消防常任委員会-08月09日−01号

傷病程度別の搬送人数では、3週間以上入院が必要と診断された重症が1人、1日以上3週間未満の入院が必要と診断された中等症が10人、治療を受けたが入院の必要がなかった軽症の人が63人だった。  消防局では、各種救命講習会の際に熱中症対策、応急手当について指導しているほか、ホームページに予防法と応急手当について掲載するなどして注意喚起に努めている。

金沢市議会 2017-03-16 平成29年  3月 文教消防常任委員会-03月16日−01号

救急高度化推進整備事業費の外国人救急体制強化費だが、平成27年度に開発した多言語対応金沢救急アプリによって、外国人傷病者に対する迅速な処置が可能となったが、さらにフランス語スペイン語タイ語など7つの言語を追加し、増加する外国人旅行者からの救急要請に迅速に対応していく。消防機械整備事業費だが、消防局に配備している消防局指揮隊車、地震体験車、人員輸送車などを更新する。  

金沢市議会 2016-04-25 平成28年  4月 文教消防常任委員会-04月25日−01号

4ページ、救急高度化推進整備事業費だが、救急救命士養成費では、救命率のさらなる向上を図るため、119番通報受信時において緊急度、重症度が高い傷病者に対して心肺蘇生法などの適切な口頭指導を実施するため、消防指令センターに配置する救急救命士を計画的に養成していく。また、指導的立場の救急救命士を養成するほか、救急救命処置の拡大に係る資格取得を推進し、救命率の向上に努めていく。

能美市議会 2016-03-23 平成28年第1回定例会(第4号) 本文(委員長報告・採決等) 2016-03-23

次に、議案第9号 能美市議会議員その他非常勤の職員公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例につきましては、地方公務員災害補償法施行令の改正に伴い、地方公務員災害補償法による年金たる補償のうち、傷病補償年金と同一の事由により厚生年金保険法による障害厚生年金等が併給される場合の調整率を「0.86」から「0.88」に改正するものであるとの説明がありました。

金沢市議会 2015-09-10 平成27年  9月 定例会-09月10日−03号

医師看護師消防職員等からなりますワーキングにおいて、傷病者が発生した場合の初期対応、救急車の要請等の医療救護マニュアルを作成したところであり、また、一般市民には、医師会の協力を得て、大会当日の日曜当番医を増員するととにも、金沢市医師事務局で相談窓口を設け、最寄りの当番医を案内することとしております。  私からは以上です。 ○森一敏副議長 越田保健局長

金沢市議会 2015-09-09 平成27年  9月 定例会-09月09日−02号

今年度からは、これまで月8回開催しておりました定期的な救命講習を月10回にふやして、成人のほか、小児、新生児などの傷病者に対応できる救命講習も開催しているところでございます。引き続き、応急手当の普及啓発に努めてまいりたいと考えております。  以上でございます。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 △休憩 ○森一敏副議長 この際、暫時休憩いたします。      

金沢市議会 2015-08-17 平成27年  8月 教育消防常任委員会-08月17日−01号

△[報告] ・救急搬送中における負傷事故発生について・・・・・・・・・・小谷消防局長  去る7月31日に、消防局の救急隊が救急活動中に傷病者を転落させる事故を起こした。市民生命、身体を守る立場にある救急隊が救急活動中に傷病者にけがを負わせてしまい、関係者に深くおわび申し上げる。消防局としては、今回の事故を受けて、職員指導安全管理教育の徹底を図り、事故の再発防止に努めていく。

能美市議会 2015-06-04 平成27年第2回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2015-06-04

法案で言うところの後方支援とは、弾薬や燃料などの補給武器、弾薬、兵員などの輸送、壊れた戦車の修理、傷病兵の医療通信情報などの活動だと言っていますが、これは国際的には兵たんと呼ばれているものです。  共産党の志位委員長が衆議院特別委員会アメリカ海兵隊が現在使用している海兵隊教本が兵たんについて書かれている部分を次のように紹介をしています。  兵たんが戦闘と一体不可分であると認識している。