運営者 Bitlet 姉妹サービス
335件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-10 小松市議会 平成30年第4回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2018-12-10 また、後継者が不在等のために休廃業、解散した県内企業数は280件に上り、これは経営難で倒産した企業数の4.4倍で、黒字でも廃業するケースが石川県でも見られるとのことであります。当然、廃業すれば雇用の場が失われると同時に、その企業が培ってきた技術やサービスも失われることとなり、地域経済の活力をそぐことにもなりかねません。   もっと読む
2018-12-07 小松市議会 平成30年第4回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2018-12-07 失われた20年とよく言われますが、株価暴落、山一証券倒産、金融危機を経て低成長時代へと。給料は右肩下がり、雇用も氷河期、このような社会変化とともに地域のきずなが薄れております。そして、核家族の進行に伴って、それぞれの地域において若者が流出をしていく。よりよい場所を求めて、そして個人主義を主張する。 もっと読む
2018-09-12 金沢市議会 平成30年  9月 定例会-09月12日−03号 昨年、全国でA型事業所の経営破綻による倒産が起こり、多くの障害者が雇用と行き場を失いました。この原因の1つには、障害者自立支援法の施行で規制緩和がされ、福祉をお金もうけの道具にする営利企業を障害関連事業に入り込めるようにしたことが事業所の経営破綻につながったのではないかと指摘されています。国は、A型事業所と雇用契約をした障害を持った利用者の人数に応じて事業所に給付金を出しています。 もっと読む
2018-09-11 能美市議会 平成30年第3回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2018-09-11 病気や倒産、突然降りかかる不幸な出来事もあります。そうしたことが生活の困窮化、税の滞納につながっていきます。  これに関連して、私は先日、近藤議員とともに債権管理条例を制定した滋賀県野洲市に視察に行ってまいりました。そして、野洲市のような考え方、体制であれば、運用次第でこの条例も市民の方に役立つと思いました。   もっと読む
2018-09-11 小松市議会 平成30年第3回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2018-09-11 人手不足によって企業が倒産するかということをよく新聞だとかマスコミでもやっておりますけれども、全国の統計を見ますと、ことしの上半期、いわゆる1月から6月の数字で人手不足で倒産したのが70件という数字が出ておりまして、この小松地区はどうかということをハローワークに問い合わせましたら、人手不足ということが原因、それが主要原因で倒産したというものはありませんと、そうはっきり言っていただいたというのは、それぞれ もっと読む
2018-03-13 白山市議会 平成30年  3月会議-03月13日−03号 北陸3県では、休廃業・解散した会社は881件、法的整理で倒産した会社が145件、これの6倍を超えました。石川県でも4年ぶりに減少したとはいえ、238件の休廃業・解散した会社がありました。事業を断念した代表者の年齢は、80代が13%、70代が30%、合わせて43%を占め、北陸3県の企業では、54%が後継者不在との調査結果もあります。 もっと読む
2018-02-16 輪島市議会 平成30年  2月 定例会(第1回)-02月16日−02号 今日の日本で、貧困は特別の事情ではなく、倒産、失業、リストラ、病気、親や家族の介護などで職を失えば、誰もが貧困に陥っておかしくない状態に置かれています。  また、生活扶助基準の引き下げは、住民税、保育料、介護保険料、就学援助、最低賃金などに連動して、広範な国民、市民の生活に重大な影響を与えます。 もっと読む
2017-08-30 加賀市議会 平成29年  9月 定例会(第3回)-08月30日−02号 一方で、地元には倒産や廃業になった事業所もございます。そういった場合は雇用や税収等に影響があることから残念ではありますが、市全体が元気になるには新商品、新サービスの開発支援、IoTによる技術革新や人材育成の支援等により、市内で頑張っている企業のさらなる強靭化を目指すとともに、将来性のある企業を誘致することが必要と考えております。   もっと読む
2017-06-06 珠洲市議会 2017.06.20 平成29年第2回定例会(第2号)  本文 有村架純さん演じる主人公、谷田部みね子は、集団就職で勤めた工場が倒産し途方にくれましたが、洋食レストランすずふり亭のホール係として再就職が決まりました。一日も早くスタッフの一員として役に立てるよう、みね子はお店のメニューをアパートに持ち帰って覚えたいと言います。これを聞いた宮本信子さん演じるすずふり亭店主の牧野鈴子さんはこう言います。「それは感心、感心って言いたいとこだけど、やめなさい。 もっと読む
2017-03-16 能美市議会 平成29年第1回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2017-03-16 全国でも小規模の介護事業所が倒産に追い込まれてきております。市が行う事業で事業所を追い込んでいいのかどうか。このことが今、問われているのではないでしょうか。事業所も守り、そして介護者も守っていく。その姿勢こそ必要だと思います。   もっと読む
2016-12-12 小松市議会 平成28年予算決算常任委員会総括質疑 本文 開催日: 2016-12-12 そんな中で、かつてのにぎわいのあった粟津温泉から比較しまして何件の旅館が倒産をし、また廃業されていったか。そしてまた、今、粟津温泉の現状を見ると人口は確実に減少してきております。これはかなり前から粟津温泉だけが、粟津町だけが人口がぐっと減ってきて、そして生活保護を受けている方が大変ふえてきている。 もっと読む
2016-09-15 金沢市議会 平成28年  9月 定例会-09月15日−03号 本市の条例減免制度のことについてですけれども、自然災害等で被災された方、また、倒産等により廃業を余儀なくされた方には、本市の条例に基づいて保険料の減免を行っており、今後も継続してまいります。  法定外繰り入れのことについてですけれども、法定外繰り入れにつきましては、ルールを決めて行ってきたところであり、また、近年、法定繰り入れの規模が拡大しているところであります。 もっと読む
2016-06-27 輪島市議会 平成28年  6月 定例会(第2回)-06月27日−04号 4つ目には、事業者が途中で倒産や廃業して事業継続が困難になった場合でも、法に基づく最終処分場維持管理積立金制度により、埋め立て期間中にあらかじめ積み立てられる積立金が、約22億円から必要となる費用が担保されます。  5つ目には、環境問題のモラル向上での意識改革が進みました。事業者が一粒たりとも危険物質などを搬入すれば、企業としての生命は絶たれます。事業者が多くのものを失う行為はないと思います。 もっと読む
2016-03-22 加賀市議会 平成28年  3月 定例会(第2回)-03月22日−04号 そうした中でも、この間、多くの倒産、閉鎖、撤退した企業も極めて多いと思います。これらの経済効果に関する収支も明らかになっておりません。地域振興を図るのであれば、地場産業や地元産業への支援こそが必要であると思います。力のある特定の企業をさらに優遇する税金の使い方は、余りにも不公平だと私は思います。 もっと読む
2016-03-09 加賀市議会 平成28年  3月 定例会(第2回)-03月09日−03号 加賀温泉郷を代表してきたホテル百万石の倒産、松籟荘などの大型観光旅館や施設の姿は、一体何を映し出しているのでしょうか。経営破綻した旅館や施設の現在は、安く手に入れた事業者が地元の債権者へわずかな配当で債務処理をし、事業を再開して継続しているのはまだよいほうで、債務処理が完了し、あるいは行き詰って閉鎖されたままの廃業旅館なども、加賀市には危険家屋の中に数多くあると思います。   もっと読む
2016-03-08 加賀市議会 平成28年  3月 定例会(第2回)-03月08日−02号 まず、この物件の所有者につきましては、既に倒産しており、現在、法人格が消滅したままで、建物管理を行う者が不在の状態となっております。そのため、市といたしまして、法務局で当該物件の土地建物の実態調査を行いましたところ、複数の債権者が存在していることが判明いたしましたので、現在、裁判所と相談しながら適正な建物管理の確保について債権者と協議を進めているところであります。   もっと読む
2015-12-12 珠洲市議会 2015.12.11 平成27年第6回定例会(第3号)  本文 また、本決算における不納欠損額については、前年度より大きく増額となっているところでありますが、そのほとんどが倒産法人が所有していた土地の財産処分に伴うものであります。滞納整理は自主財源の確保と市民負担の公平性を期する上からも極めて重要であり、今後も引き続き徴収の努力を望むとともに、消滅時効などでやむなく不納欠損処分を行うときも、法律に基づき速やかに厳正な事務処理を望むものであります。   もっと読む
2015-12-11 珠洲市議会 2015.12.11 平成27年第6回定例会(第3号)  本文 また、本決算における不納欠損額については、前年度より大きく増額となっているところでありますが、そのほとんどが倒産法人が所有していた土地の財産処分に伴うものであります。滞納整理は自主財源の確保と市民負担の公平性を期する上からも極めて重要であり、今後も引き続き徴収の努力を望むとともに、消滅時効などでやむなく不納欠損処分を行うときも、法律に基づき速やかに厳正な事務処理を望むものであります。   もっと読む
2015-12-08 白山市議会 平成27年 12月会議-12月08日−02号 介護職員がやめるから入居者をふやすことができない、今この悪循環の中、倒産せざるを得なくなった事業者が全国で出てきております。  白山市内の介護離職者及び介護施設の離職者の現状と対策についてお尋ねいたします。 ○副議長(小川義昭君) 竹内健康福祉部長。       もっと読む
2015-12-08 能美市議会 平成27年第4回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2015-12-08 今回具体のご指摘のあるローリングサイクルにつきましては、要望はいたしますけれどもちょっと問い合わせをしましたところでは、製造元が倒産をしており修繕等には多額の経費を要するため大変厳しい状況にあるけれども、人気遊具でもあり、特に安全管理に十分に留意しながら使用を継続しているとのことでありましたので、ご理解をいただきますようお願いいたします。   もっと読む