741件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

珠洲市議会 2018-12-14 2018.12.14 平成30年第4回定例会(第3号)  本文

水道事業を加えた公営企業会計全体を見ましても、人口減少の影響がそれぞれの経営を取り巻く環境をより一層厳しくしていくものと思われますが、将来を見越した的確な需要予測、経営方針の確立と効率化を推進し、経費の節減、合理化に努め、市民から信頼される病院づくり、安全でおいしい水の安定供給のため、さらに努力してほしいとの要望がなされたところであります。  

小松市議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第4日目)  本文 開催日: 2018-12-11

53 ◯総合政策部長(越田幸宏君) eスポーツの大会を開催する場合、競技のスペースであったり、大型モニター、観客席などのスペースに加えて、インフラ環境としてのゲーム機やパソコン、照明などへの電力供給のほか、高速で安定したインターネットへの接続というものが必要になろうかというふうに思っています。  

金沢市議会 2018-11-06 平成30年 11月 市民福祉常任委員会-11月06日−01号

多重債務問題と言うと、サラリーマン金融などが問題の発生源になっているような認識で対策が講じられてきたと思うが、地方銀行なども資金供給のために多重債務につながりかねないような融資条件で商品開発しているのではないかという新しい動きがある。少し観点を広げて、多重債務に係る現況について、どういう特色があらわれてきているのかを把握し、対応策を盛り込んでほしいが、今後の方向性について聞く。

金沢市議会 2018-10-12 平成30年 10月 総務常任委員会-10月12日−01号

この自動精算機は、システム更新をしようにも需要供給のバランスから変更はできないと、既にメーカーが言っているようである。仮に自動精算機のシステム改修の費用として、宿泊税徴収額を全額充当したとしても現在のシステムの減価償却より年数がかかってしまうとの試算を事業者は既にしている。東京都や大阪府のように1万円以下は課税しないこととすれば、このような事業者が頭を抱えずに済んだ。

金沢市議会 2018-10-09 平成30年 10月 企業会計決算審査特別委員会-10月09日−01号

それぞれの状況だが、青果部については、野菜類では、春先から秋口までタマネギ、大根など農産物全般の豊作が続き、供給量が増加したため単価減となった。しかし、10月下旬以降は一転し、台風が2週連続で発生したことや、厳しい冷え込みが続いたことにより、農作物全般の供給量が減少したため、単価増となった。特に冬場にかけてキャベツ、白菜、レタスなどは近年にない高値水準が続いた。

金沢市議会 2018-10-01 平成30年 10月 防災・安全対策特別委員会-10月01日−01号

食料、生活必需品等の備蓄計画だが、生活必需品の追加配備として、1回の給水で約330人に1日分の飲料水を供給できる応急給水用水槽を平成31年度までに全拠点避難場所68カ所へ配備するため、今年度は12台配備した。また、災害時に有効な小型簡易トイレを平成34年度までに屋内指定避難場所208カ所へ5セットずつ配備するため、今年度は210台配備した。

小松市議会 2018-09-27 平成30年第3回定例会(第4日目)  資料 開催日: 2018-09-27

なかでも,賃貸住宅に居住する国民の約6割は,国民平均所得以下であり,未就労の学生や年金受給生活者も多く含まれていることから,良質な賃貸住宅が供給され,居住条件をより良いものにするため,賃貸住宅の税制措置を講ずることが求められている。  よって,国におかれては,国民の健康で文化的な生活を守るため,下記の事項に取り組まれるよう強く要望する。                         

小松市議会 2018-09-14 平成30年予算決算常任委員会総括質疑 本文 開催日: 2018-09-14

ちょっとここでお話ししておきたいことが一つあるんですが、防災意識の高まりによりまして戸別受信機の設置を控えていたアパートのオーナーさんからやはり必要だということで申し込みがあったり、市内の需要もふえてまいりまして、また全国的に、小松市だけではなくて防災無線が大事だということで、そういったことが認められまして全国的にも各市設置されるところもあって、メーカーも増産しているけれども供給が追いつかないということもありまして

小松市議会 2018-09-11 平成30年第3回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2018-09-11

今回の北海道胆振東部地震では、地震の揺れとともに電力の供給等についても考えさせられ、人間がいる、共生、また技術の関連性の中に私たちは生きているんだと感じました。  それでは最初の質問、これにも関連しますけれどもボランティアについてです。  こまつ幸せへの「道しるべ」というのが小松市では発行されています。  このボランティアを取り上げるきっかけというのは、広島の豪雨災害がありました。

能美市議会 2018-09-10 平成30年第3回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2018-09-10

フードバンクとは、食品メーカーなどで、品質に問題がないものの、包装の不備などで市場での流通が困難になり商品価値を失った食品が発生して廃棄されていたこうした食品の提供を原則として無償で受け、生活困窮者を支援している市民団体を通じて福祉施設や生活困窮者に供給し、提供を行う企業にとっては廃棄に係る金銭的な費用を抑制できるだけではなく、食品廃棄物の発生を抑え、そしてまた福祉活動に貢献しているという面で企業価値

珠洲市議会 2018-07-04 2018.07.04 平成30年第2回定例会(第3号)  本文

次に、議案第40号の「平成30年度珠洲市水道事業会計補正予算(第1号)」では、下水道事業特別会計と同様に、水道使用量の特別減免に係る還付金と第17回日本スカウトジャンボリー開催に伴う水道施設運転管理業務委託などを増額補正するものとの説明を受け、住民福祉の向上と安全安心な水の安定供給には必要な予算措置であり、全会一致で「原案のとおり可決すべきもの」と決しました。  

七尾市議会 2018-06-26 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月26日−資料

                          七尾市議会議員  桂 撤男                           七尾市議会議員  中西庸介                           七尾市議会議員  今田勇雄     地域材の利用拡大推進を求める意見書  戦後造成した人工林が本格的な利用期を迎える中、山林に広がる豊富な森林資源を循環利用し、林業の成長産業化を実現するためには、地域材の安定供給体制

金沢市議会 2018-06-25 平成30年  6月 定例会-06月25日−05号

しかしながら、本意見書は、国民の命と安全を最優先にという名のもとで原発ゼロに固執しており、化石燃料が乏しく、また、他国からの電力供給が見込めない我が国の状況を適切に反映させたものではありません。また、再生可能エネルギーが完璧なエネルギー源ではないことにも触れられておりません。

能美市議会 2018-06-13 平成30年第2回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2018-06-13

種子法の廃止により、種子の高騰や安心・安全性が確保されないのではないかという指摘もあるようでございますが、国が都道府県に対して行った調査では法律の廃止後も引き続き種子の生産、管理、供給を継続していくことを条例や要綱などで定めるなどの措置を講じていくことが確認されております。  

能美市議会 2018-06-13 平成30年第2回定例会(第3号) 議事日程 2018-06-13

              │ │     │2.農業者支援について                       │ │     │ 1)農業者の被害の実態を問う                    │ │ 14  │ 2)種子法の廃止について見解を問う                 │ │     │ 3)多国籍企業が進出する影響について問う              │ │     │ 4)種子の安定した供給

白山市議会 2018-06-12 平成30年  6月会議-06月12日−02号

では、6番目ですが、住宅用の再エネ設備設置費補助についてですが、万一災害で送電が絶たれたとしても、蓄電設備があれば最小限の電源供給、電源確保ができます。蓄電設備の導入支援などは、災害が今頻発する時代に入っておりますので、こういった時代に必要な施策と考えますが、この設備設置費補助の制度に追加をしてはいかがでしょうかお尋ねいたします。 ○副議長(吉本史宏君) 池田市民生活部長。