運営者 Bitlet 姉妹サービス
596件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-21 能美市議会 平成30年第3回定例会(第4号) 本文(委員長報告・採決等) 2018-09-21 さらに、介護保険制度サービスの利用縮小の方向でのインセンティブ付与が進められていきますとますます介護保険サービスから遠のいてしまいます。要支援のサービスを現行相当とし、自立自助、相互扶助中心から本来の介護保険制度の方向に切りかえるべきです。  最後に、議案第80号、平成29年度能美市立病院会計決算認定についてであります。   もっと読む
2018-09-14 金沢市議会 平成30年  9月 市民福祉常任委員会-09月14日−01号 ◎多田生活支援課長 介護保険制度が始まる平成12年度以前に、地域デイサービスという形でデイサービス事業を始めたが、それ以前から善隣思想に基づく助け合いの活動をしてきたと理解している。 もっと読む
2018-09-13 金沢市議会 平成30年  9月 定例会-09月13日−04号 介護人材のあり方、そしてその確保策につきましては、介護保険制度の根幹をなすものでありまして、政府は今般、骨太の方針2018において、介護に関する外国人材の受け入れのさらなる促進を盛り込んだことから、本市としては、その動向を注視し、対応できるものにはしっかり対応していきたいと考えています。  私のほうからは以上です。 ○角野恵美子副議長 野口教育長。 もっと読む
2018-09-10 能美市議会 平成30年第3回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2018-09-10 2015年の法改正で、要支援1、2を総合事業にし介護保険制度から外し、地方自治体の責任としました。政府は、要支援1、2の保険外しだけでは給付費の削減にならないと、財政の立場からさらに要介護1、2も地域支援事業にしようと今検討されております。   もっと読む
2018-06-25 金沢市議会 平成30年  6月 定例会-06月25日−05号 保育の質の低下を招く規制緩和を盛り込んだ法改正に伴う今回の条例改正、同じく介護保険制度改正では、必要な介護保険制度によるサービスが受けられないよう対象から外し、安上がりな介護サービスに導くなど、法改正に伴う今回の条例改正には反対です。   もっと読む
2018-06-22 金沢市議会 平成30年  6月 市民福祉常任委員会-06月22日−01号 なお、保育にかかわる点や介護保険制度にかかわる点は、改めて国が進めている規制緩和や安上がりな介護サービスへの方向性を進める中で行われた法令改正に伴う条例改正という点で、我が党として反対である。保育制度、介護保険の充実は国の責任であるとともに、地方自治体にとっても責任ある対応が求められる。 もっと読む
2018-06-12 小松市議会 平成30年第2回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2018-06-12 また、介護保険制度におきまして介護ロボットの活用促進による夜間時間帯の夜勤職員配置の基準が今年度からまた緩和されたという背景もございます。   もっと読む
2018-03-23 金沢市議会 平成30年  3月 定例会-03月23日−06号 介護保険制度が始まった2000年には3,150円でしたから、2倍の保険料となったものです。介護保険制度は、給付費用の半分は保険料で賄い、半分は国・県・市町村の負担で運営される仕組みとなっています。したがって、高齢者が増加し、介護サービスの利用が増加すると保険料が引き上がるという根本的矛盾を抱えています。本市が保険料のランクを11段階から13段階にふやしました。 もっと読む
2018-03-15 金沢市議会 平成30年  3月 市民福祉常任委員会-03月15日−01号 情報システム費では、今般の介護保険制度改正に係るシステム改修費920万円や新元号対応に係るシステム改修費250万円を計上している。   もっと読む
2018-03-13 金沢市議会 平成30年  3月 定例会-03月13日−03号 介護保険制度が始まった2000年の基準月額3,150円から年々引き上げられ、2倍以上もの金額にはね上がっています。第6期の本市の保険料は、48の中核市の中で高いほうから4番目であり、市民からは保険料が高過ぎると声が上がっています。また、介護保険料を払っても、必要な介護サービスを利用できない制度になっているこの状況では、制度そのものへの理解が得られません。市長、介護保険料の引き上げはやめるべきです。 もっと読む
2018-03-06 小松市議会 平成30年第1回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2018-03-06 既にバリアフリー対策として本市では障害者の住宅改造の補助や介護保険制度の住宅改修費の支援を行っています。今回、やさしいまちづくりという観点で、それを思い切って一歩進め、介護認定や障害のみにかかわらず、マンション、アパートなど共同住宅の共有部分に係るバリアフリー改修工事費の一部を補助する新たな制度をつくることを提案いたします。   もっと読む
2018-03-06 加賀市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月06日−02号 介護保険制度改正及び第7期お達者プランについて数点お伺いします。  平成30年度は6年に1度の診療報酬と介護報酬のダブル改定となっております。診療報酬改定につきましては次の質問でお伺いしますが、まず、この介護保険制度の改正の部分についてお伺いしたいなと思います。   もっと読む
2018-03-05 小松市議会 平成30年第1回定例会(第2日目)  資料 開催日: 2018-03-05             │ │  │  │  │      │ (3) 国,県への補助金増額を求めるべき                │ │  │  │  │      │  ・地域公共交通の役割を考えるならば,国,県の補助金増額は必要と思 │ │  │  │  │      │   う                               │ │  │  │  │      │2 小松市介護保険制度 もっと読む
2018-03-03 珠洲市議会 2018.03.16 平成30年第1回定例会(第3号)  本文 議案第2号「平成30年度珠洲市国民健康保険特別会計予算」、議案第4号「平成30年度珠洲市介護保険特別会計予算」、議案第5号「平成30年度珠洲市後期高齢者医療特別会計予算」の3件につきましては、本市の医療と介護保険制度を担保するためには必要な予算措置であり、全会一致で「原案可決すべきもの」と決した次第であります。   もっと読む
2018-02-26 小松市議会 平成30年第1回定例会 目次 開催日: 2018-02-26 効        果が期待されるのか      (2) 「エコ通勤デー」などを啓発し,バス利用人数を増やす努力を       ・17路線を維持するためにも「エコ通勤デー」,「ノーマイカーデー」        など市民の自主的利用を促進する対策が必要      (3) 国,県への補助金増額を求めるべき       ・地域公共交通の役割を考えるならば,国,県の補助金増額は必要と思う     2 小松市介護保険制度 もっと読む
2018-02-26 輪島市議会 平成30年  2月 定例会(第1回)-02月26日−03号 国のいろいろな介護保険制度の改悪で、保険あって介護なしの状況が拡大する中での引き上げです。これでは賛成することができません。  最後に、議案第11号輪島市門前交流センター条例の制定についてです。  16日の本会議での質疑・質問でも述べたように、もんぜん文化村セミナーハウスともんぜん文化村ギャラリーを閉館し、陶芸教室や切り絵教室や草木染め教室をやめるのでは、機能の集約や複合化とは言えません。 もっと読む
2018-02-16 輪島市議会 平成30年  2月 定例会(第1回)-02月16日−02号 次に、介護保険制度についてのお尋ねであります。  訪問介護サービスのうち、生活援助について、利用回数制限を行おうとしているのではないか、これは国の方針ですが、輪島はどう受けとめるのかというお尋ねであります。   もっと読む
2017-12-12 珠洲市議会 2017.12.05 平成29年第5回定例会(第1号)  本文 介護保険特別会計では、介護保険制度の改正に係るシステム改修事業費151万2,000円を増額し、累計額は27億8,922万9,000円となるものであります。  後期高齢者医療特別会計では、後期高齢者医療広域連合負担金1,268万9,000円を増額し、累計額は2億8,877万7,000円となるものであります。   もっと読む
2017-12-11 白山市議会 平成29年 12月会議-12月11日−02号 今回は、介護保険制度、コミュニティバス、免許証自主返納者、交通弱者対策、まちづくり会議、大項目では5点について質問したいというふうに思っております。  それでは、まず、介護保険について質問をいたします。  将来私たちも介護保険制度の対象者となる世代であります。老後の不安要因として一番に考えられるのが介護の関係ではないかというふうに思っております。 もっと読む
2017-12-05 能美市議会 平成29年第4回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2017-12-05 現在、共助として介護保険制度が創設され、介護を社会全体の問題として捉え対応していくため、訪問系や通所系、さらに短期入所など多様な介護サービスが整備されました。介護サービスの整備が進むにつれて介護負担はかなり軽減され、介護慰労金の支給を廃止する自治体が全国的に多く見られました。  しかし、市においては合併後も存続し、在宅介護者を支援しております。 もっと読む