390件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

珠洲市議会 2019-06-25 2019.06.25 令和元年第3回定例会(第2号)  本文

この交通事故では、保育園の関係者によれば、散歩中の安全対策は十分になされていた上に、交差点ではできるだけ離れた位置で待機をしたということでありまして、想定を超える事象が発生したものであると感じたところであります。  珠洲市の保育所においても、散歩をされている姿を見かけます。

小松市議会 2019-06-18 令和元年第3回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2019-06-18

最後の質問は、後を絶たない高齢者交通事故についてであります。  先日、木下議員からも質問がございました。全国で高齢ドライバーによる交通事故が相次いでおり、連日テレビ等で報道され、社会問題になっております。中でも、アクセルとブレーキの踏み間違いによる重大事故が後を絶ちません。昨年のデータによりますと、70歳以上の踏み間違い事故は1,257件に上っております。  

小松市議会 2019-06-17 令和元年第3回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2019-06-17

また、警察庁の資料によれば、高齢運転者が最も過失割合が重い第一当事者となる交通事故の割合は年々増加傾向にあり、こうした中、本年4月に東京都豊島区池袋において高齢運転者による悲惨な事故も生じました。  ただ、こうした事故の深刻さは数だけで捉えられるものではありません。ひとたび事故が発生すれば、被害者を初め御家族や関係者も筆舌に尽くしがたい苦しみを抱えることになります。  

小松市議会 2019-06-17 令和元年第3回定例会(第2日目)  資料 開催日: 2019-06-17

                     │ │  │  │  │      │ ・子供貧困対策                         │ │  │  │  │      │ ・本市のいじめ,不登校の状況と対策                │ │  │  │  │      │ ・中高年の引きこもり                       │ │  │  │  │      │ ・後を絶たない高齢者交通事故

小松市議会 2019-06-10 令和元年第3回定例会 目次 開催日: 2019-06-10

その対策は      ・交流人口拡大に向けての観光戦略      ・県事業の「高度専門人材」のUIターン就職の本市における状況      ・子育て支援の状況と拡大      ・子供貧困対策      ・本市のいじめ,不登校の状況と対策      ・中高年の引きこもり      ・後を絶たない高齢者交通事故   8番吉村 範明君     1 安心・安全地域づくりへ…………………………………………

小松市議会 2019-06-10 令和元年第3回定例会(第1日目)  本文 開催日: 2019-06-10

さて、昨今、児童が犠牲となる犯罪や痛ましい交通事故など、登下校中の安全が脅かされる事件事故が全国で発生しております。小松市では、学校やこども園等における安全対策の再確認を進めるとともに、PTA、わがまち防犯隊、防犯交通推進隊などによる一層の見守りや声かけをお願いしたところです。

金沢市議会 2019-02-27 平成31年  2月 経済環境常任委員会-02月27日−01号

市場の周りに住宅がたくさん張りついていて、小学校中学校に行く子どもたちの親は、今でさえ交通事故が起きないかと心配しているが、周辺住民に対しての周知や説明はどのように考えているのか。 ◎向卸売市場長 委員指摘のとおり、工事の際の交通に関しては、周りに住んでいる住民にとって重要な問題である。

金沢市議会 2019-01-21 平成31年  1月 文教消防常任委員会-01月21日−01号

増加の要因は、近年の救急需要の増加に伴うものが最も大きく、特に昨年は1月、2月の大雪により交通事故や転倒などで負傷した人や7月、8月の猛暑により熱中症などで体調を崩した人がふえ、例年より多くの救急要請があった。また、災害では、台風21号が通過した9月4日に家屋の被害に遭った人などからの通報が多くあり、その日の通報件数は183件で、通常の2.5倍となった。

金沢市議会 2018-12-21 平成30年 12月 建設企業常任委員会-12月21日−01号

◆中西利雄委員 これから冬場に向けて寒くなり、路面が凍結したり、雪が降ったりするが、土木局、企業局を含めて市道を走る市所有車の台数が非常に多いので、交通事故のないように改めて職員にしっかり周知してほしいと要望しておく。 △[市議会だよりの掲載事項について]  正副委員長に一任することに決定した。

小松市議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第4日目)  本文 開催日: 2018-12-11

通学路については、毎年、年度当初に教職員保護者などにより交通事故防止、不審者対策、民間を含めたブロック塀を含む建物、構造物安全確認を行っていますが、この通知を受けて再度、教職員によってブロック塀高さ、ひび割れ、破損、傾きなどの目視点検を実施し、児童生徒への注意喚起、通学路の変更を行っております。  

小松市議会 2018-09-10 平成30年第3回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2018-09-10

スーパー台風なんていう言葉ももう当たり前になってまいりましたが、つい最近でも、例えば大規模火災小松市はわずか八十数年前に小松市街地が2回にわたって全域燃えたという大きな痛手をこうむっておりますし、また大規模な列車事故だとか交通事故が起こったときにはどういう影響があるのかというようなこともあります。  

珠洲市議会 2018-06-26 2018.06.26 平成30年第2回定例会(第2号)  本文

まず、運転免許自主返納支援事業につきましては、高齢者による交通事故の減少を図るため、平成22年度から実施いたしております。本市の制度は県内でも手厚く、申請者数は増加傾向であり、平成29年度中の申請者数は76名と、これまでで最も多く、事業開始からの申請者数の合計は443名となっております。交通安全への関心の高さや、広報すずなどを通じて返納制度への理解が進んだ結果であると認識いたしております。  

金沢市議会 2018-06-21 平成30年  6月 定例会-06月21日−04号

交通事故死亡者は1970年の1万6,765人をピークに、さまざまな対策の結果、2017年に3,694人と過去最少に減ったことに比べると、自殺は抜本的な対策が講じられないまま3万人から2万人台を推移しています。さらに、若年層においては自殺死因の第1位であり、自殺死亡率も先進7カ国中ワーストワンとなっています。  

小松市議会 2018-06-20 平成30年第2回定例会(第4日目)  本文 開催日: 2018-06-20

報告第15号 専決処分の報告については、平成30年2月に、矢田野町において発生しました交通事故に係る損害賠償額が確定し、専決処分いたしましたので報告するものです。  本件は、小松選挙管理委員会が行う石川県知事選挙広報業務中に、派遣職員の運転する公用車が車両に接触し、相手方に物損を与えたものです。被害者におわびいたしますとともに、交通安全事故防止徹底により一層努めてまいります。  

金沢市議会 2018-06-19 平成30年  6月 定例会-06月19日−02号

高齢者交通事故報道をよく見聞きしますが、事故を起こさないためにも、公共交通の利便性向上が欠かせません。速さや定時性だけでなく、誰もが利用しやすい料金にすることも利便性向上の一つの方策ではないでしょうか。中高生や妊産婦、免許返納者らを対象に運賃を割り引く交通実験をモデル的に実施してはどうかと考えますが、山野市長の御所見を伺います。 ○黒沢和規議長 山野市長。

小松市議会 2018-06-12 平成30年第2回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2018-06-12

そしてまた、最近ではあおり事故、あおり運転による交通事故が大変ふえております。道路の真ん中に車をとめさせ、おろす。極めて遺憾な事故が起こっております。事故というよりも、ここまで来たら殺人と言われるのではないでしょうか。  公用車には全てドライブレコーダーの取りつけを義務化してはいかがでしょうか。

能美市議会 2018-06-12 平成30年第2回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2018-06-12

次に、教育関係から離れまして、高齢者交通事故防止について質問することにします。  さて、高齢者交通事故が多発している現状において、いかに高齢者がかかわる交通事故を防ぐかということであります。  ここ近年、高齢者が運転中、ブレーキとアクセルを踏み間違えて歩道に突っ込み歩行者をはねる事故、走行車線を逆走する事故など、高齢に起因すると思われる事故が多発し、その対策が大きな課題となっています。  

白山市議会 2018-03-13 平成30年  3月会議-03月13日−03号

これまでドライブレコーダーというと、交通事故発生時の状況映像をカメラで記録する機器という、そういったイメージが強くありましたが、そのほかにも、車の速度やGPS情報、急ブレーキ、急発進、急ハンドルなど、あらゆる走行データを記録する機能があることから、そのデータを活用したさまざまな取り組みが始まっていることを知りました。  

能美市議会 2018-02-28 平成30年第1回定例会(第1号) 本文(提案理由説明等) 2018-02-28

また、「防犯交通安全の充実」といたしましては、高齢者交通事故防止に向けた取り組みである高齢者の運転免許証自主返納支援事業について、制度の積極的な周知や高齢者の方々の交通安全意識の浸透による免許証返納者の増加に対応するため所要額を補正するものであります。