運営者 Bitlet 姉妹サービス
209件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-10-12 金沢市議会 平成30年 10月 経済環境常任委員会-10月12日−01号 ・消雪用井戸の設置に係る許可制度の改正について・・・・・永井環境指導課長  消雪用井戸の設置に係る許可制度の改正について報告するので、環境局報告案件-2を見てほしい。  今回の改正理由だが、消雪用の井戸からくみ上げられる地下水の揚水量を削減することにより、地盤沈下の抑制を図るために行ったものである。   もっと読む
2018-10-09 金沢市議会 平成30年 10月 企業会計決算審査特別委員会-10月09日−01号 主要施策の実施状況の1件1,000万円以上の工事だが、第2卸売場屋上防水改修工事2,382万4,000円、ポンプ監視制御装置改修工事1,359万7,000円、9号井戸受水槽更新工事2,565万1,000円、本館卸売場可動式保冷庫E・H室保冷設備改修工事2,268万円である。  職員の状況だが、定数15人で前年度と同様となっている。 もっと読む
2018-10-01 金沢市議会 平成30年 10月 防災・安全対策特別委員会-10月01日−01号 災害時協力井戸の点検調査については、大規模災害発生時のライフラインの途絶に備え、平成10年度から民間事業者所有の井戸を災害時協力井戸として登録してもらっており、現在、204カ所が登録している。登録から年月が経過した井戸も存在していることから、平成28年度から5カ年計画で全井戸の水質と井戸揚水設備の点検調査を行っており、災害時の生活用水井戸として維持に努めていく。   もっと読む
2018-09-21 能美市議会 平成30年第3回定例会(第4号) 本文(委員長報告・採決等) 2018-09-21 また、別の委員から、老朽化が進んでいる消雪用井戸は何カ所あるのかとの質疑があり、執行部から、揚水試験を計画している井戸は25カ所あり、その結果により順次更新していきたいとの答弁がありました。   もっと読む
2018-09-11 能美市議会 平成30年第3回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2018-09-11 3番目に、消雪井戸を対象に揚水試験を実施し、老朽化している井戸の更新及び消雪管路の高圧洗浄を行うことで消融雪設備の最適化を図ります。  4番目は、道路除雪の強化対策として、リース機械の台数を増強し、除雪機械を自社保有していないさまざまな業界からも幅広く機械除雪の受託業者を募り、除雪力の底上げを図ります。   もっと読む
2018-09-10 能美市議会 平成30年第3回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2018-09-10 3点目は、消雪井戸を対象に揚水試験を実施し、老朽化している井戸の更新及び消雪管路の高圧洗浄を行うことで、消融雪設備の最適化を図ります。  4点目は、道路除雪の強化対策として、リース機械の台数を増強し、除雪機械を自社所有していないさまざまな業界からも幅広く機械除雪の受託業者を募り、除雪力の底上げを図ります。   もっと読む
2018-09-03 能美市議会 平成30年第3回定例会(第1号) 本文(提案理由説明等) 2018-09-03 3本目は、老朽化している消雪井戸を対象に揚水試験を実施し、その結果に基づいて井戸の更新及び消雪管路の高圧洗浄を行うことで消融雪設備の最適化を図ります。  4本目は、道路除雪の強化対策として、リース機械の台数を増強し、除雪機械を自社所有していないさまざまな業界からも幅広く機械除雪の受託業者を募り、除雪力の底上げを図ります。   もっと読む
2018-06-04 金沢市議会 平成30年  6月 防災・安全対策特別委員会-06月04日−01号 消融雪路線では、機械除雪を指定していない消融雪路線22路線及び消雪装置の井戸やポンプで故障があった25路線で除雪作業が遅延した。  近隣市町道及び国道・県道の出動基準だが、野々市市、白山市及び津幡町は積雪量10センチメートルで出動している。内灘町は、幹線道路が10センチメートル、幹線道路以外の道路については15センチメートルで出動している。 もっと読む
2018-05-21 金沢市議会 平成30年  5月 経済環境常任委員会-05月21日−01号 周辺には飲用井戸がなく、人に健康被害が生じるおそれがないことから、形質変更時要届出区域として指定したもので、土壌汚染の摂取経路がないことから、直ちに汚染の除去等の装置を講ずる必要はないが、今後、汚染土壌を除去する際は、適正な運搬や処理等について指導や確認を行っていく。 △[報告事項に対する質問応答] ◆山本由起子委員 熊による人身事故の発生と出没について聞く。 もっと読む
2018-05-08 金沢市議会 平成30年  5月 文教消防常任委員会-05月08日−01号 6ページ、防災拠点管理費は、大桑や大和町の防災拠点広場の維持管理経費などで、災害時協力井戸点検調査費は、平成28年度より5カ年計画で実施している災害時協力井戸の水質や設備の調査費用である。かなざわコミュニティ防災士育成強化費は、地域の防災リーダーとなるコミュニティ防災士の配置基準を見直し、1町会または200世帯に1名とし、年間100名、今後10年間で1,000名を育成するものである。 もっと読む
2018-04-16 金沢市議会 平成30年  4月 経済環境常任委員会-04月16日−01号 ◎永井環境指導課長 現在、市の条例では、道路や鉄道の消雪用井戸についてのみ、井戸を掘り起こすことが認められているが、その場合には、一斉散水から交互散水に切りかえるなど、採取量の削減を条件としている。現在は、道路用以外に井戸を掘ることは認めていないが、このまま昔の設計基準である古い井戸を使い続けるとかなりの採取量が見込まれる。 もっと読む
2018-03-15 金沢市議会 平成30年  3月 文教消防常任委員会-03月15日−01号 災害時協力井戸点検調査費は、平成28年度から5カ年計画で継続している活用可能な災害時協力井戸の水質や設備を調査する費用である。かなざわコミュニティ防災士育成強化費は、地域の防災リーダーとなるコミュニティ防災士の従来の配置基準を見直し、1町会に1名または200世帯に1名と設定し、年間100名、今後10年間で1,000名を育成するものである。 もっと読む
2018-03-15 金沢市議会 平成30年  3月 経済環境常任委員会-03月15日−01号 ◎中村環境指導課長 消雪用地下水の規制についてだが、本市では平成21年4月から地下水保全条例が施行されており、地盤沈下に影響が大きいと思われている消雪用の井戸については、新規の掘削を原則凍結している。今回予算に計上している揚水量規制の見直しは、条例施行前に民間や公共で道路管理用に掘削された井戸について、設置から何十年もたち、更新の機会が今から出てくることに関係する。 もっと読む
2018-03-13 能美市議会 平成30年第1回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2018-03-13 また、市では新たな水源を確保する井戸や導水管、送水管や送水施設設備を整備する水量確保のための設備投資を実施したことから、供給先企業には費用負担としてことし1月使用分から料金改定し、約2割の負担増をしてもらっております。   もっと読む
2018-03-13 白山市議会 平成30年  3月会議-03月13日−03号 今はほとんどくみ上げてございませんけれども、そういうような集落用の井戸・ポンプが多々あるかと思いますが、そういうようなポンプをこれからの融雪工事のために使っていただきたい。ボーリングの工事費もかかりません。ただ、道路上の融雪工事だけで済みますから、そういうことを優先的に使いながら、これからの融雪工事に役立てていっていただければと思っております。   もっと読む
2018-03-12 白山市議会 平成30年  3月会議-03月12日−02号 1点目は、ホームページに公開されております松任工業用水道の地下水位の影響調査結果によると、1月は大雪だった12日前後から27日あたりをピークに、消雪井戸の稼働により水位低下が顕著にあらわれております。最も影響の大きい地点は八田町だというふうにも記されておりましたが、主として金沢市に近い市北部のエリアで、やはり昨年より顕著にあらわれているかなというふうに思います。   もっと読む
2018-03-12 小松市議会 平成30年予算決算常任委員会総括質疑 本文 開催日: 2018-03-12 消雪井戸の更新1カ所で工事費2,500万円、遠隔制御システムの更新で工事費200万円となっております。内容でございますけれども、市道津波倉一針線、一針町地内の井戸揚水設備を国土交通省の雪寒の交付金事業を利用いたしまして改修する予定でございます。  以上でございます。 もっと読む
2018-03-12 能美市議会 平成30年第1回定例会(第2号) 本文(代表質問・一般質問) 2018-03-12 今回の除雪においては、連続して何日間も散水することになったため、消雪井戸の水位の低下が起こり路面への拡散がままならず、装置が設置されているにもかかわらず機能が十分に発揮されなかった事態が発生したことから、適切な修繕等、改善策を検討していきたいと思っております。   もっと読む
2018-03-07 小松市議会 平成30年第1回定例会(第4日目)  本文 開催日: 2018-03-07 それ以外に、今回は低温の日が12日間続いたということもありまして、連続して消雪装置を稼働せざるを得なかったということで、小松の場合はかなり114カ所もあるということで、近くのところの井戸等についても近接関係、そういったものも全部網羅した形で設置しているわけですけれども、これだけ長い間、連続運転するということになりますと、小松ばっかりでありません。 もっと読む
2018-03-06 小松市議会 平成30年第1回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2018-03-06 これらの既設施設の井戸や散水管等の更新を現在進めております。  この消雪装置につきましても、今後、305号から、また教習所まではできておるんですけれども、できておらないところにつきましては井戸の揚水量とか湧水量とかそういうものを調査しなければならないと、このように思っております。今年度の冬期間の降雪も12日間、氷点下が続いたということもございまして井戸の水位が下がったと、そういうこともございます。 もっと読む