運営者 Bitlet 姉妹サービス
1162件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-25 金沢市議会 平成30年 12月 定例会-12月25日−05号 一方、次代を担う若い世代に非正規雇用者がふえる中、子育て中の世代の幼児教育・高等教育に係る負担は大きく、この経済的な問題が少子化の大きな原因の一つとなっている。   もっと読む
2018-12-21 小松市議会 平成30年第4回定例会(第5日目)  本文 開催日: 2018-12-21 アプリをいかにダウンロードしてもらうかが課題であり、就職する世代が求めるニーズにマッチしたものとして活用されるよう、学生、企業の声を聞きながら進めていくとともに移住促進も図るよう求めました。   もっと読む
2018-12-18 加賀市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月18日−04号 一方で、非正規雇用者がふえる中、子育て中の世代では教育にかかる負担が大きく、この経済的な問題が少子化の大きな原因の一つともなっております。  こうした中、政府は少子化対策を進めるため、教育の無償化・負担軽減に向けた取り組みを進めようとしております。  よって、教育の無償化・負担軽減には充実した制度を早期に確立するとともに、実施に必要な財源を確保するよう、国に対して強く要望するものであります。   もっと読む
2018-12-11 小松市議会 平成30年第4回定例会(第4日目)  本文 開催日: 2018-12-11 国では、抗体保有率の低い世代、30から50代の男性に対し、定期接種と抗体検査を無料化する対象として拡大することで、風疹の排除のための対策を検討しているところでございます。   もっと読む
2018-12-10 加賀市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月10日−02号 妊娠期から保育士の育児支援を受けることができるマイ保育園登録事業は、本市では平成18年7月1日より実施している制度ですが、私たち団塊世代の出産、子育ては、産前産後6週間時代でした。産後43日目から仕事に復帰するには、妊娠時より対策を講じ、同居の親御さんにお願いしたり、保育園や知り合いの方々に預けたりして乗り越えてきたものです。   もっと読む
2018-12-10 小松市議会 平成30年第4回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2018-12-10 このように後継者が不在等の事業承継は極めて難しい問題であると認識しておりますが、その企業が培ってきた技術や長きにわたって市民に愛されてきた味やサービスを次の世代につなぐために、意欲のある起業家などにバトンを渡す取り組みができないものでしょうか。本市の御所見をお聞かせください。   もっと読む
2018-11-29 小松市議会 平成30年第4回定例会(第1日目)  本文 開催日: 2018-11-29 また、10連休後のお旅まつりは、当番町の京町と大文字町の子供役者が、大観衆の前、気迫あふれる芝居を披露し、新元号を祝う春の集い、祭典のフィナーレを飾り、受け継がれてきたバトンを次の世代につなげます。  ぜひ、市民総参加で、積み重ねてきた歴史、引き継がれてきた文化に感謝するとともに、新たな時代の幕開けを祝い、さらなる飛躍、笑顔いっぱいの未来に向かって勢いよくスタートを切りましょう。   もっと読む
2018-11-13 金沢市議会 平成30年 11月 経済環境常任委員会-11月13日−01号 大学生向け「金沢メギスと地魚の料理教室」の開催だが、学生を対象に、魚に関する知識や調理方法を学んでもらい、参加者自身が魚食文化になじんでもらうとともに、ソーシャル・ネットワーキング・システムなどを通じて、同世代の人向けにもっと魚を食べたくなるような情報発信を行ってもらうなどの波及効果を期待して実施した。 もっと読む
2018-11-13 金沢市議会 平成30年 11月 総務常任委員会-11月13日−01号 委員は資料に記載のとおりで、役職等に明示的に「子育て世代保護者」と記載している人以外にも多くの委員が未就学児や小学生の親である。  内容だが、人口ビジョンの概要や幼児教育、特色ある学校教育などについて、簡単に話題提供した後、意見交換を行った。   もっと読む
2018-11-06 金沢市議会 平成30年 11月 市民福祉常任委員会-11月06日−01号 ふえた原因は不明だが、20歳代から60歳代までの働く世代がふえている。また、ここ数年の状況を見ても、20歳代の自殺率が全国平均よりも高くなっており、働く世代が七、八割を占め、特に男性が多くなっている。70歳以上の高齢者についても、毎年10人から20人前後で推移している。職業で見ると、被雇用者・勤め人が約3割、無職者が約4割となっている。 もっと読む
2018-10-15 金沢市議会 平成30年 10月 一般会計等決算審査特別委員会-10月15日−01号 この2つの負担を将来世代に残さないためにどうしていくかが大切である。もう一つ大切なこととして、今話したのは経常収支比率の分子に当たるが、分母に当たるのは市の収入である。 もっと読む
2018-10-12 金沢市議会 平成30年 10月 経済環境常任委員会-10月12日−01号 そのほか、東アジア文化都市2018金沢関連事業で実施した中国、韓国の手仕事の実演、日中韓の子どもたちによる陶芸作品の展示によって、国境や世代を超えた工芸での交流が図られた。  金沢食文化フェスタでは、発酵食や和菓子のワークショップが全ての回で満席と大変好評だった。あわせて金沢の菓子・料理・バーテンダー名工賞表彰式を行い、市民や観光客に食文化の豊かさや魅力に理解を深めてもらうことができた。   もっと読む
2018-10-09 金沢市議会 平成30年 10月 企業会計決算審査特別委員会-10月09日−01号 団塊の世代が75歳となる2025年に向けて、医療提供体制の再構築と地域包括ケアシステムの構築を図るとのことで、国の施策によって社会保障体制の見直しが進められてきた。こうした中、平均在院日数が短縮され、一層の在宅医療推進の流れが加速してきている。 もっと読む
2018-09-27 小松市議会 平成30年第3回定例会(第4日目)  資料 開催日: 2018-09-27 しかしながら,少子高齢化による将来の社会保障制度への懸念や子どもの教育費の負担増,来年10月に予定される消費税率引き上げ,世界経済の不安要因などから,特に若い世代を中心に,将来の生活の見通しに不安が広がっている。  このような不安が広がる中,住まいは国民の健康で文化的な生活の基盤であることから,全ての人にとって居住の安定を確保することは極めて重要になっている。 もっと読む
2018-09-27 小松市議会 平成30年第3回定例会(第4日目)  本文 開催日: 2018-09-27 小松市の顔となる大変な仕事であるボランティアについては深い知識が必要であり、今後は費用対効果を検証し、若者世代も含めた人材を確保できる体制づくりを構築していくよう求めました。  市内コンベンション開催費については、コンベンションや合宿等の補助に要する経費とのことであります。 もっと読む
2018-09-21 能美市議会 平成30年第3回定例会(第4号) 本文(委員長報告・採決等) 2018-09-21 一般財源化し、市民生活、そして福祉の向上に予算を充てるべきとの意見もあるようですが、優良企業が進出し、雇用がふえ、働く世代が定住することによって初めて能美市の福祉施策は向上を見せるのであります。  基金積立が必要ないというのならば、能美市へはこれ以上、企業進出が必要ないということなのでしょうか。それは、これからの人口減少社会の到来へ向けて、余りにも無責任な議論であると言わざるを得ません。   もっと読む
2018-09-14 小松市議会 平成30年予算決算常任委員会総括質疑 本文 開催日: 2018-09-14 小松市におきましても、出生数は平成19年度以降1,000人を下回り、減少傾向にございましたが、結婚相談や出会いの場の提供に加え、新婚生活を応援する住居費用等の補助や3世代家族同居等の住宅建築奨励金制度の創設、また妊娠から子育て期にわたるさまざまな支援体制の充実など、出生率の向上につながる施策に取り組んできた結果、近年は20歳から30歳代の子育て世代の転入者の増加もみられ、出生数は回復基調を見せておるところでございます もっと読む
2018-09-14 金沢市議会 平成30年  9月 総務常任委員会-09月14日−01号 ◎高桑企画調整課長 金沢版総合戦略の柱の一つに「若い世代に優しく、子育ての喜びが実感できるまちをつくる」を掲げており、子育てや教育環境の充実を図ることは、まちの魅力を高めることにつながると考えている。 もっと読む
2018-09-13 金沢市議会 平成30年  9月 定例会-09月13日−04号 さらに、何といっても大事なことは、我々は子どもや孫などの将来世代に対し責任があるということです。財政が立ち行かなくなれば、どんなよい福祉政策も、どんなすばらしい教育も、どんな立派な公共施設も、全く意味をなさなくなります。夕張市を見れば明らかです。 もっと読む
2018-09-12 金沢市議会 平成30年  9月 定例会-09月12日−03号 あるいは、若い世代と中堅世代の意識の違いに戸惑うこともあるといった御意見もお聞きしました。ことしで300年の歴史を誇る加賀鳶を支える金沢市の消防団にとって、新規分団員の獲得に苦慮している現状は大きな問題ではないかと思われますが、市の見解をお聞きいたします。   もっと読む