64件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小松市議会 2019-12-06 令和元年第5回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2019-12-06

インドネシア3,900ドル、フィリピン3,100ドル、ラオス2,600ドル、ベトナムまだ2,550ドル余りです。そして、やはり人口大国であるインド2,040ドル、まだまだというところになっておりますが、このタイインドネシアフィリピン、ラオスベトナムインド、これらの国々が今後10年余りで1人当たりのGDPが倍になる可能性はないわけではないのであります。

小松市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第4日目)  本文 開催日: 2019-03-06

鹿児島県にはいちき串木野市でフィリピン人男性、霧島市ではイラン人男性が活動しております。熊本地震では、熊本南阿蘇村に住むカナダ人男性が団員として救援に携わったことは報道もされております。また、滋賀県の草津市では立命館大学に通う留学生による外国人だけの機能別消防団も創設されております。  

小松市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2019-03-05

ポルトガル語スペイン語英語中国語、これはよく聞かれる言葉ですが、昨今はベトナム語だとか、フィリピン語だとか、中にはエジプト語といいますかアラビア語ですね。エジプトの方も来ておられまして、そんなふうに幅が広がっていると。  そして、宗教も、仏教徒もいらっしゃれば、キリストの関連の方もいらっしゃれば、そしてイスラムの方もいらっしゃる。また、それ以外の宗教もあるんだろうと思います。

白山市議会 2018-12-12 12月12日-02号

先ほども申し上げましたとおり、11月末現在で1,378人となっており、うちベトナム出身者が約40%、次に中国が約20%、フィリピンが約8%となっております。 そうした外国人向けとして、住民登録の手続の際、お渡しする案内物のうち、ごみカレンダーについては英語中国語、そしてこのほど完成したベトナム語の3言語で対応しております。

七尾市議会 2018-06-18 06月18日-02号

ちなみに1位はフィリピン54.8%、2位アメリカ42.7%、3位ドイツ38.5%、4位イギリス37.8%等々となっており、全て30%を超えております。それらの各国からは、日本女性の持つ潜在能力日本男性は気づいていないのではないかとか、女性が持っている力を見抜き、女性が活躍できる社会形成を進めないと、社会の安定した発展は形成できないことを認識すべきとも言われております。 

白山市議会 2018-03-13 03月13日-03号

ベトナム人フィリピン人、我々の地区には50人近くの外国人が居住しております。皆さんが悪いわけでもございません。 そんな中で、学校周辺とかには畑もございます。この畑の野菜被害とか、そんな余り大きな、警察沙汰にならないような、そんな被害も多々、実際に起こっているのは事実でございます。 そんな中で、何かあったときでは、対応が遅過ぎるんです。

加賀市議会 2018-02-27 02月27日-01号

アジア大会では、中国日本アメリカインドフィリピンの5カ国から約1,500名が参加をし、8種目の競技が行われております。 本市チームは、大会当日に課題が与えられ、児童がその場でロボットのプログラミングを行うという種目に出場し、団体戦においては銀賞に入賞し、個人戦においても銀賞が2名、銅賞が1名という好成績をおさめてまいりました。 

珠洲市議会 2016-06-24 2016.06.24 平成28年第2回定例会(第3号)  本文

また、提案説明でも申し上げましたが、今月30日から7月5日までの間、イフガオGIAHS支援協議会の会長として、金沢大学中村客員教授とともにフィリピンイフガオを訪問し、本市能登里山マイスター養成プログラムノウハウに基づいた事業の成果を確認し、今後につなげてまいりたいと考えております。  

珠洲市議会 2016-06-14 2016.06.14 平成28年第2回定例会(第1号)  本文

また、金沢大学能登里山里マイスター養成プログラムノウハウフィリピン世界農業遺産認定サイトであるイフガオの棚田の保全に生かすため、平成26年度から、JICA独立行政法人国際協力機構)の支援を受け、中村浩二客員教授を中心に、金沢大学イフガオマイスター養成プログラム事業を実施されております。

小松市議会 2016-06-13 平成28年第2回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2016-06-13

そして、ことしも激戦地でありますフィリピン慰霊、そして昨年はペリリュー島の慰霊、その前は10年前はサイパンへの慰霊とか、そういったことを御高齢にもかかわりませず一つ一つ慰霊の旅に出られているあのお姿を見るたびに、やはり平和というものを祈る、また戦争を繰り返さないという一つの思いを私自身もさらに強くしたというのが1点でございます。  それから、もう1点は、昨年、終戦70年を迎えました。