57件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

能美市議会 2020-03-23 令和2年第1回定例会(第4号) 本文(委員長報告・採決等) 2020-03-23

これはまさに、現地現場主義、市民ファーストを掲げ、市長が就任以来続けておられるタウンミーティング等に寄せられた市民団体の声を丁寧に予算化させた結果であり、「したいこと、能美市だったら叶うかも」のキャッチフレーズとともに能美市の魅力を県内外に広く発信できる予算として、ここに賛同の意を示すものであります。  

能美市議会 2020-03-10 令和2年第1回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2020-03-10

平成29年、市長に就任以来、特に1年目、各地区、各団体タウンミーティングを重ね、現地現場主義でとことん住民の声を聞くことを最優先に心がけた中で、特に意見、要請が多かったのがのみバスと聞いております。  市として、その後、住民代表、各種団体、有識者で構成された公共交通会議で協議を重ね、3年たち、今回、新しいのみバスのプランが策定されました。

能美市議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2019-12-10

巻き込んで環境意識づけをしていただくかというところになろうかと思いますので、実際、答弁は投げかけませんけれども、市長は環境の負荷をかからないことをどんなことしておいでますかと、部長、どんな活動しておいでますかと言ったときに、すぐにでも答えが出るような、そんなような形を今から一人一人がつなげていっていただきたいと思っておりますし、能美市内で頑張っておいでる環境団体がありますので、まだ多分、市長とのタウンミーティング

能美市議会 2019-09-20 令和元年第3回定例会(第4号) 本文(委員長報告・採決等) 2019-09-20

企画費のタウンミーティング事業について、委員から、昨年度19件開催した事業成果について問うとの質疑があり、執行部から、市民の皆様からいただいたご意見やご要望などは令和元年度予算に反映しており、子育て・住環境の充実、産業振興・企業誘致推進・人手不足対策、交流人口の拡大などの分野で新規事業を打ち出したほか、多くの施策について見直しや改善を行っているとの答弁がありました。  

能美市議会 2019-06-07 令和元年第2回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2019-06-07

また、市長もタウンミーティングや各地の講演等でお示しになっていらっしゃるとおり、小学校の卒業生よりも、現在は小学校の入学生のほうが少ないという状況が起きております。少子化は避けては通れない状況でございます。この子供たちが将来を担っていくわけでございますけれども、不登校の問題は、やはり早期に解決されることが肝要でございます。  

能美市議会 2019-06-06 令和元年第2回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2019-06-06

このような現状の中、昨年6月に開催された根上地区でのタウンミーティングにおいて、来場者のお一人から、「他市では保育園の民営化が進んでおり、幼稚園機能を持つ保育園があるなど、各保育園が競争し合って、成果を上げていると聞いている。民営化についてメリット、デメリットがあると思うが、どのように考えているか」という質問が出され、それに対し井出市長は、「民営化を将来的に考えている。

能美市議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2019-03-12

しかし、昨年度のタウンミーティング、ちょっとお聞きしますと、のみバスに関する意見が数多く寄せられているようですが、その中、やはり買い物に行っても帰るバスがない、乗り継ぎの時間が長い、こういった不満の声が聞かれたわけですが、それだけ公共交通に対する市民の関心が高くなってきたんだ。言いかえれば、移動の足としての期待感が増していると言えるわけであります。  

能美市議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会(第2号) 本文(代表質問・一般質問) 2019-03-11

多くの市民と意見交換するタウンミーティングも新年度も同様に開催する計画をしており、平成31年度の施策や方針を紹介する機会としても活用したいと考えております。  喫緊の課題解決に向け、国、県、周辺自治体との連携強化にも努め、有識者の方々と協議する場を増強するために、仮称ではありますが能美市・北陸先端科学技術大学院大学連携推進協議会を設置いたします。  

能美市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第1号) 本文(提案理由説明等) 2019-02-27

タウンミーティングを初めさまざま機会を通し、大変多くのご意見を頂戴いたしましたのみバスにつきましては、2020年4月ののみバス再編に向けて鋭意作業を実施しているところであります。  また、中山間地域への移住・定住助成を拡充するとともに、東部地域の住民が主体となり、住環境の整備、交流人口の拡大、UIJターンを通した移住・定住の促進を目的とする地域デザインの策定を支援してまいります。  

能美市議会 2018-09-11 平成30年第3回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2018-09-11

しかしながら、地域の声が大きいということは、多分市長もタウンミーティング等でお聞きになっているところかなとも思いますし、地区要望として各町会長から上がってきている事項ではないかなというふうに思います。それぞれの状況をしっかりと調査して、また各学校でも学校懇談会とか行っていると思いますので、そういった声をまた拾い上げていただきたいなというふうに思います。  

能美市議会 2018-09-03 平成30年第3回定例会(第1号) 本文(提案理由説明等) 2018-09-03

また、私の政治理念である現地現場主義、市民ファーストに基づき24回に及ぶタウンミーティングを開催させていただきました。市民の皆様のまちづくりへの思いや能美市の魅力、強み、課題等を間近に感じられ、これらさまざまなご意見等を踏まえまして能美市の明るい未来の礎となるよう第2次能美市総合計画の着実な進展を図るため、諸施策に取り組んでまいりました。  

能美市議会 2018-06-13 平成30年第2回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2018-06-13

井出敏朗市長は、就任以来、現地現場主義をモットーに数多くのタウンミーティングを行ってこられました。本日もタウンミーティングのご案内というチラシを全議員にお配りいただいて、今月開催されるということが書かれてございました。19日に辰口福祉会館、21日に寺井地区公民館、26日には根上学習センターでの開催が予定されていると。さらにはどんどん募集してくれというPRもあったかと思います。

能美市議会 2018-03-23 平成30年第1回定例会(第4号) 本文(委員長報告・採決等) 2018-03-23

新年度予算は能美市の魅力を県内外に広く発信するとともに、市長の政治信条である現地現場主義が貫かれ、タウンミーティング等に寄せられた市民の声に応えたもので、ここに賛同の意を示すものであります。  次に、議案第31号 平成30年度能美市水道事業会計予算であります。  この予算において収益の根幹をなす水道料金は、昨年の第3回定例会で審議された条例改正に基づき積算された金額です。

能美市議会 2018-03-13 平成30年第1回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2018-03-13

市長もタウンミーティング等々において述べられておりますとおり、能美市は緩やかな人口増加を続けております。他の自治体の多くが人口減少に直面している中にあって、将来への希望の光が差しているようでもあります。「光あるうちに光の中を歩め」という本もございましたが、まさに今、市長の行動力でもって将来性ある施策に期待が向けられているところでございます。  その一方で、人口減少への不安も懸念もされております。

能美市議会 2018-03-12 平成30年第1回定例会(第2号) 本文(代表質問・一般質問) 2018-03-12

タウンミーティングやアンケート調査等でも、のみバスに対しては「自分の行きたい施設や場所へ行く便がない」「バス停が自宅から遠く利用しづらい」「便数が少ないので、行きは買い物や病院までの目的地までは移動できるが、帰りの便が思った時間にないので、すごく不便で利用しづらい」といった市民からの声が多く寄せられていると聞いております。