11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

白山市議会 2017-09-08 09月08日-03号

SNSソーシャルネットワーキングサービス電子メールの活用についてお尋ねをします。 現在インターネット普及をし、総務省の調べでは、インターネット利用者数は、平成26年度では、前年の25年度より26万人減少したとは言え1億人を超え、人口普及率国平均82.8%となっております。世代別利用率で見ると、13歳から59歳までの各階層でインターネット利用率は90%を超えていると言われています。

能美市議会 2015-03-12 平成27年第1回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2015-03-12

自治体情報発信手段としてフェイスブックなどのSNSソーシャルネットワーキングサービスを活用する自治体も多く、能美市においても公式フェイスブックサイトである能美styleを活用し情報発信をされております。私も多くの閲覧者の一人として毎回楽しみに拝見し、また必要に応じて共有ないしは拡散をさせていただいております。  

能美市議会 2015-03-11 平成27年第1回定例会(第2号) 本文(代表質問・一般質問) 2015-03-11

茶碗まつりと抱き合わせでのPRはもちろん、円谷プロとしても子供向け雑誌インターネットなどでのPRも用意されており、さらに会場に来られた方々からのフェイスブックツイッター、YouTubeへの動画発信など、ソーシャルネットワーキングサービスによる情報発信情報拡散も十分に見込めると思っております。言うまでもなくウルトラマンといえば国民的ヒーローであります。

能美市議会 2014-03-11 平成26年第1回定例会(第2号) 本文(代表質問・一般質問) 2014-03-11

先日来の新聞紙上でも紹介がありましたが、今年度は能美市出身の著名人首都圏在住方々観光大使として委嘱し、名刺の作成やソーシャルネットワーキングサービスを使って積極的に情報発信を行い、能美市の知名度向上を目指すものであります。議員皆様もご存じのとおり、ことし1月に松井秀喜さんに市民栄誉賞を授与させていだだきましたが、同時に名誉観光大使として能美観光大使第1号を委嘱させていただきました。

金沢市議会 2013-09-17 09月17日-02号

御自身もSNS--ソーシャルネットワーキングサービスを駆使され、中学生のお子さんの父親でもある山野市長は、子どもネット依存実態についてどのようにお考えかお聞かせください。 また、野口教育長には、市内子どもたちネット依存実態問題点について、どのように把握していらっしゃるかお尋ねいたします。

小松市議会 2013-06-17 平成25年第2回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2013-06-17

SNSソーシャルネットワーキングサービスや新しい情報提供サービスを構築し、他市とは違った日本一のサービスを何かお考えなのでしょうか。  また、先ほどの熊出没情報と関係いたしますが、今回、質問通告締め切りが12日で、その後、担当職員より質問趣旨の確認がございました。翌日、13日の21時03分には早速、「熊の出没情報のお知らせ」というメールが届きました。このスピード感には満足しています。

能美市議会 2012-03-08 平成24年第1回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2012-03-08

日本のネット利用者は7,350万人、そのうちフェイスブックなどSNSソーシャルネットワーキングサービス)加入率は57.9%。アメリカのネット利用者は1億8,850万人、そのうちSNS利用者は98.3%います。国の内外を問わず世界じゅうどこにいても家族や友人、ビジネスで連絡を取り合っています。また、Wi-Fi環境でスカイプを利用すれば世界じゅう無料電話連絡ができます。

小松市議会 2011-09-12 平成23年第4回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2011-09-12

これはC to Cを意図的に使った手法ですが、近年ではインターネットの発達によって、C to Cを意図的につくり、コミュニティを形成し、情報を集め、発信する手段として、SNSソーシャルネットワーキングサービスやブログ、ツイッターフェイスブックといったものがそれに当たります。  

  • 1