74件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

白山市議会 2019-12-11 12月11日-03号

一方、石川県では、ジョブカフェ石川において、理系大学院修了した新卒者もしくは県外企業を離職し、対象企業に正社員として転職した人などを対象に、条件つきで助成を受けられる石川県ものづくり人材奨学金返還支援助成金制度があります。金城大学社会福祉学部における就職先では、平成30年度卒業生で就職した53人のうち保育関係に就職した学生は40人で、うち市内の保育関係には8人が就職しております。 

加賀市議会 2019-12-10 12月10日-02号

さらに、本市も協力しておりますジョブカフェ石川の合同就職説明会、いしかわ就職フェアが3月9日と6月29日に開催され、それぞれ11社と6社の市内企業参加しております。 特に、本市が主催、共催する事業につきましては、学生の参加を促すため、職員が連携大学を訪問いたしましてポスターやチラシを配布し、学生への周知についてお願いしているところであります。 

珠洲市議会 2019-03-05 2019.03.05 平成31年第1回定例会(第2号)  本文

また、大学に通う学生に向けては、ジョブカフェ石川と連携し、市内企業の就職情報の発信を行っていくことも考えられます。  さらに、地元企業や事業所の取り組み内容がわかるホームページや求人案内の作成を行うことも必要であり、企業や事業所が存続していくためには、不足している一時的な資金などの確保を行う支援制度の検討も必要となってくると考えられます。

七尾市議会 2018-09-11 09月11日-03号

それから、ジョブカフェ石川もこういう数はつかめていないということでございましたが、私は、ほとんど地元出身の大学生が地元へ帰っていないんじゃないかというぐあいに思うわけです。 

能美市議会 2018-03-13 平成30年第1回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2018-03-13

また、石川県では昨年10月に外国人留学生の就職促進を進めるため、いしかわ就職・定住総合サポートセンター内のジョブカフェ石川にいしかわ外国人・就職サポートデスクを開設をいたしております。市内企業海外進出や取引も増加しているとお聞きしており、お一人でも多くの外国人留学生が能美市内企業に就職をしていただけるよう、県と連携を深め、取り組んでまいりたいと思っております。  

小松市議会 2017-06-13 平成29年第2回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2017-06-13

国、県や他市の状況も見ながら、ハローワーク小松ジョブカフェ石川加賀テライト、連合石川かが地域議会小松商工会議所で構成いたします雇用対策連絡会におきまして、人材育成、働く職場環境に関する効果的な施策を検討し、支援をしていきたいというふうに考えているところであります。  

七尾市議会 2016-09-13 09月13日-03号

また、能登への移住希望者につきましては、能登サテライト、ミナ.クル内の2階にありますジョブカフェに設置されておりまして、そこで対応し、金沢や東京のセンターとも連携を図っているところでございます。 なお、ちなみに実績でございますが、県外からの移住希望者3組がこの能登サテライトを訪れまして、うち2組が市内への移住につながっております。

野々市市議会 2015-12-08 12月08日-02号

また、内容についても若い世代や学生のジョブカフェや女性版のハローワークのマザーズハローワークの設置についても検討されているのか、伺う。 ○議長早川彰一議員) 小山産業建設部長。   〔産業建設部長小山滋君)登壇〕 ◎産業建設部長小山滋君) 現在、県内には35歳未満の若者を対象としたジョブカフェが3カ所、子育てをしながら働きたい方向けのマザーズについては1カ所設置されております。 

金沢市議会 2014-10-22 10月22日-02号

また、ジョブカフェ石川でも、15社という小単位での企業ガイダンスを開催し、参加した学生が希望する企業ブースで個別に説明を受けることができ、地元の中小企業への就職につながっていると聞いております。そこで、ジョブカフェ石川との連携が重要と感じますが、市長の御所見をお伺いいたします。学生は、公務員や大手企業への就職志向が強いようですが、出身地の企業大学がある地域企業にも就職活動を行います。

能美市議会 2013-03-27 平成25年第1回定例会(第4号) 本文(委員長報告・採決等) 2013-03-27

次に、議案第14号 平成25年度能美市一般会計予算(所管事項)につきましては、労働費のジョブカフェ石川加賀テライトの運営補助について、委員から、小松市、加賀市との3市合同で行うこともよいが、市内企業にどれだけ雇用してもらえるかが大切であり、単独で行うことや市内の学生や企業にとってよりメリットのあるものにしてほしいとの意見がありました。

加賀市議会 2013-03-08 03月08日-02号

これまでも何度か加賀市のこの非正規雇用者の生活改善策について質問してきましたが、当局は非正規雇用者の増加については人件費の低減を図りたいとする事業者、そして景気が読めず、常用雇用化ができないなどの要因が洗い出されて、そして市としては職安を中心に県やジョブカフェ石川などとの連携を深め、非正規雇用対策に取り組んでいきたいとのことでしたが、最近の加賀市の就労人口の減少、そして、これまで一生懸命働いて多くの

小松市議会 2012-12-21 平成24年第5回定例会(第4日目)  本文 開催日: 2012-12-21

ジョブカフェなどと協力し、面接指導など若者のスキルアップも必要であります。現在も厳しい経済情勢の中、若者の就職難が問題となっており、市としても創意工夫し、多面的に雇用機会を創出し、費用対効果のある事業になるよう求めました。  第2点目は、「空の駅」構想調査・アンテナショップ運営費についてであります。  

金沢市議会 2012-03-23 03月23日-06号

3 ジョブカフェ関連事業やドリーム・マッチプロジェクトの継続、または同様の取り組みの拡充を図り、学生と中小企業の接点を強化すること。4 地域中小企業と関係団体協力し、新入社員への基礎的な職業訓練能力開発を一体的に実施するなど、中小企業への定着支援の充実を図ること。 ここに、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。