138件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

野々市市議会 2022-09-05 09月05日-01号

幸いにも台風10号や大雨による本市への影響はありませんでしたが、これから秋の長雨や本格的な台風のシーズンを迎え、異常気象とも言える予測不能で局所的なゲリラ豪雨台風などに備えるため、関係機関との連携を密にしながら、河川管理水防体制に万全を期してまいりたいと考えております。 大変暑い夏ではありましたが、本市にとりまして、スポーツに関連した大変うれしいニュースが数多くあった夏でもありました。 

金沢市議会 2022-06-24 06月24日-02号

加えて、昨今のゲリラ豪雨などを初め、風水害時に避難する回数もふえてきております。災害時の避難所として活用される観点からも、体育館へのエアコン設置について、管轄所管の問題を明確にする中で、設置に向けての御検討を進めていただきたいと思いますが、御所見をお聞かせください。 以上をもって私の質問とさせていただきます。ありがとうございました。(拍手) ○高誠副議長 山野市長。     

小松市議会 2020-03-09 令和2年第1回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2020-03-09

近年の異常気象により、各地ゲリラ豪雨発生し、市街地ではコンクリート化などによって要因が重なり、浸水被害が拡大するという懸念から、昨年1月から施行しておるんですが、市民及び事業者連携の下、総合的な治水対策を図ることを目的に条例を施行したところでございます。  

小松市議会 2019-12-06 令和元年第5回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2019-12-06

市におきましては、市内のアンダーパス幹線排水路6カ所にライブカメラ設置しまして、ゲリラ豪雨、局部的な豪雨による道路冠水などに対して迅速に対応できるよう監視を行っておるところでございます。この6カ所のライブカメラの画像につきましては、12月から小松市ライブカメラのホームページに追加しまして、周辺住民道路利用者に対しましても道路通行における注意喚起情報提供を行うこととしております。  

能美市議会 2019-09-20 令和元年第3回定例会(第4号) 本文(委員長報告・採決等) 2019-09-20

一方、歳出面においては、少子化高齢化の進展による社会保障費のさらなる増嵩を初め公共施設維持管理や更新に係る経費や県水の受水に対しても引き続き繰り出しするなど予測される事態ばかりでなく、ゲリラ豪雨などの自然災害発生すれば、その被害対策にも想定外の支出が予想されます。  

能美市議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2019-09-10

一時的なゲリラ豪雨各地で頻繁に発生している状況に鑑みますと、いつ、さきに申し上げたバックウオーター現象発生し、流域に甚大な被害発生するかもわかりません。  過去の浸水エリアには、市道や水田に加え、根上地区にお住まいの市民飲料水を供給する重要施設であります吉原水道管理センターが位置しているわけであります。  

七尾市議会 2019-09-09 09月09日-02号

3点目として、最近、七尾市でもゲリラ豪雨がたびたび襲って甚大な被害が出ております。日中はそれなりの対応ができると思います。しかし、休日や夜中に災害発生した場合、市民被害を最小限に抑えられる対策が必要です。 行政は、住民の命を守ることを一番に考えていかなければならない。ならば、防災危機管理官設置する必要性があるのではないでしょうか。 

七尾市議会 2019-06-21 06月21日-03号

昨今のゲリラ豪雨と言われます集中豪雨によって、七尾市も毎年のように生活道路冠水をいたします。河川改修も順次なされてきており、効果のあらわれているところもあるわけでありますが、住宅の床上浸水床下浸水や国道、県道、市道とも冠水が後を絶たないのが現状であります。それこそこれまでのデータによって、何ミリ以上の雨が降るとどこそこの地点は冠水するというふうなことがわかっていると思います。

白山市議会 2019-06-17 06月17日-02号

今、これだけゲリラ豪雨が多発する中で、公園にして山で置いておくという利用価値よりも、そこを調整池を兼ねたグラウンドにして、今あるグラウンドと同じような機能を持たせれば、下流域洪水対策にもなると思います。いろんな面を含めて、あそこをあのままの山にしておくよりも、利活用の幅が広がるという意味で質問をさせていただきました。 

白山市議会 2018-12-12 12月12日-02号

台風大雨ゲリラ豪雨のように、短時間に激しい雨が降り続いたときなど、川が氾濫し排水し切れない水で、市街地浸水状態になるといった水害が近年全国各地で起きております。水が引かない浸水状態の地域では、逃げおくれた人たちを救助するために、自衛隊や消防隊員による救命ボートを活用した救助が行われますが、浸水が浅く、救命ボートを浮かべることができないときには、助け出された人を背負って救助しております。 

小松市議会 2018-09-14 平成30年予算決算常任委員会総括質疑 本文 開催日: 2018-09-14

本当にいつゲリラ豪雨が襲ってくるかわからない。もちろん地震のようなもの、突然の災害というものもありますし、そういったときにやはりすばらしいものを整備した。それで満足するんじゃなくて、しっかり聞こえているのか、本当に1人でもの命を助けられるのか。  消防長も答弁の中でもおっしゃってましたけれども、空振りを恐れないということが本当に大事なんですね。

金沢市議会 2018-09-13 09月13日-04号

気象状況ゲリラ豪雨など、異常やゲリラというフレーズが日常的に耳にし当たり前になりつつある近年、また、夏日から真夏日、そして猛暑日酷暑日という名称の移り変わりが気候の変化を物語っています。過日、会派の勉強会で、東日本大震災を体験し、九死に一生を得たジャーナリストの高橋さんの講演を拝聴いたしました。時代は変わる、気候も変わる、意識を変える、まさにこの言葉に尽きると考えます。

珠洲市議会 2018-09-11 2018.09.11 平成30年第3回定例会(第2号)  本文

今年の暑さは異常でありましたが、異常な天候は続いており、先般のゲリラ豪雨により、珠洲市でも土砂崩れや床下浸水をされるなどの被害発生しております。我々が幼少期に比べれば間違いなく気温も上昇しております。学校の構造も違いがあり、建物内の気温が高い場合もあります。そういった中で、今年は夏休み前から高温となりました。

小松市議会 2018-09-10 平成30年第3回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2018-09-10

私自身ここ数年、春夏秋冬、季節ごとに姿を変える木場潟公園に通い続けておりますが、春の桜の時期や、また爽やかな秋晴れの時期もあれば、ゲリラ豪雨大雨による水位の増加、またここ最近でも台風影響により落ち葉、枝、倒木、ごみなどが園内に散乱し、その片づけ作業が大変なことはよく存じております。  特に半年くらい前ですか、湖面の水があふれ、周遊園路の内側にかなり水がついた時期がありました。

加賀市議会 2018-09-10 09月10日-02号

近年は側溝整備などにより雨水の流れがよくなったことや宅地が舗装化され浸透しなくなったことなどによる調整池への水量の増加、加えてゲリラ豪雨の頻発により調整池があふれる危険が増している状況でございます。先ほどの写真のとおりでございます。そこで、調整池があふれる危険があるたびに臨時のポンプを配備するのではなく、本年度、調整池機能の改善を図るオーバーフロー用放流池を整備したところでございます。 

小松市議会 2018-03-07 平成30年第1回定例会(第4日目)  本文 開催日: 2018-03-07

タイムラインというのは直下型の地震ゲリラ豪雨、噴火、竜巻、落雷などの突発的な発生に対する自然災害対応には非常に難しいものなんですが、大型の台風接近遠隔地発生した地震による津波、今回のような豪雪など、事前にある程度見通しがつく自然災害対応できるというところが非常に強みとなっています。  

白山市議会 2017-12-11 12月11日-02号

また、開発により宅地化が進む中、ゲリラ豪雨や都市型の浸水被害が心配されますので、緑地緩衝帯など、公園調整池の役割も果たしますので、面積を3%だけでなく5%ぐらいふやすべきではないでしょうか。また、ふえた分は市が取得してもよいと思いますが、お伺いしたいと思います。 次に、3点目として、松任グリーンパークの温室の今後の利活用の計画はどのように考えているのかお伺いしたいと思います。 

加賀市議会 2017-12-11 12月11日-02号

加賀市においてもこのJIS認定ヘルプマークを活用し、ヘルプカードを作成してはどうかと御提案しますが、特に、これは地震だけでなく、台風集中豪雨ゲリラ豪雨による災害が近年多くなっております。障がいのある方の連絡先やどんな支援が必要なのかをあらかじめ書き込んでおいていただくことで、災害時に周囲からのサポートをスムーズに受けやすくすることが必要だと思います。

能美市議会 2017-09-15 平成29年第3回定例会(第4号) 本文(委員長報告・採決等) 2017-09-15

また、近年頻発するゲリラ豪雨朝鮮半島情勢緊張等、あらゆる事態災害対策本部が的確かつ迅速に判断が下せるよう情報管理機能を強化する事業等、安全・安心に対する事業なども盛り込まれています。  いずれの事業においても市長政治信条である、現地現場主義市民ファーストの精神が貫かれ、その目配り、気配りが感じ取れる事業であり、その着実な執行に期待するものであります。