145件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小松市議会 2019-06-17 令和元年第3回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2019-06-17

行政全体におきましてもSDGsという国際連合が提唱しております持続的、発展的な社会づくり、これにもやはり若い人たちが取り組んでいくことによって、自分の持てるこれからの仕事のあり方、そしてどんどん進むであろう技術革新、さらにはグローバル、そういったものを自分たちの学びの中にどう取り入れていくかということも大変重要だろうとそんなふうに思っておりますので、これまでのやり方に踏襲するだけではなくて、大きな

小松市議会 2019-06-10 令和元年第3回定例会(第1日目)  本文 開催日: 2019-06-10

今、我が国の社会経済は、人口減少や少子・高齢化、働き方改革、世界経済グローバル、第4次産業革命とも言われる技術革新など、大きな転換期を迎えています。  このような時代に、小松市民希望に満ち、誇りの持てるまちとなるためには、私たち一人一人が現状に甘んじることなく、それぞれの夢に向かって果敢にチャレンジし、力強く歩みを進めなければなりません。

能美市議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会(第2号) 本文(代表質問・一般質問) 2019-03-11

バブル崩壊から始まった長期的な経済の停滞、経済グローバル、IT化の流れの中で各自治体は苦難に陥りました。1964年東京大会後に増加を続けていました日本人口は、2008年をピークに既に減少に転じており、能美市の人口も2020年をピークに減少に転じると見込まれております。  平成の時代がことし4月に幕を閉じ、新たな時代を迎える成熟市能美市は今まさに大きな変革を必要としております。

小松市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第4日目)  本文 開催日: 2019-03-06

教育大綱アクションプランでは、英語教育の充実としてグローバルに対応する英語教育の推進が挙げられており、昨年度の教育委員会の点検・評価によると、中学校でのイングリッシュ・テーブルの設置や非常勤講師の派遣などが見られました。それらのこれまでの取り組みというのはどうだったのでしょうか。

金沢市議会 2018-12-20 平成30年 12月 定例会-12月20日−04号

産業構造の高度化や市場グローバル、AIやIoT等の技術革新が進展していますことから、本市としてもこの機会を逃すことなく、本市が今、調子がいいと言われているこの時期だからこそ、迅速かつ的確に高付加価値型産業を創出する新産業創出ビジョンをつくり、その具現化に取り組んでいかなければいけないというふうに思っています。

小松市議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2018-12-10

基本的な考え方はということでございますが、改訂の基本方針といたしまして、教育基本法学校教育法が目指しております普遍的な教育の根幹を踏まえまして、グローバルの進展や人工知能の飛躍的な進化等、社会加速度的な変化を受けとめ、将来予測が難しい社会の中におきましても伝統や文化に立脚した幅広い視野を持って、志高く未来をつくり出していく、そういう資質、能力子供たち一人一人に確実に育む学校教育の実現を目指しているということでございます

小松市議会 2018-09-11 平成30年第3回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2018-09-11

今でも大変国際化が進んでおりますが、もっとこの国際化、グローバルが進んでまいります。そのために、一日も怠ってはいけないのは、いわゆる教育であります。私どももそうでありますが、青少年、特に児童生徒の国際化を担っていく人たちのグローバル教育、これは大変幅広いわけですが、単なる語学だけではなくて、日本というものをよく知らなきゃいけない。

小松市議会 2018-09-03 平成30年第3回定例会(第1日目)  本文 開催日: 2018-09-03

グローバルは急速に進行しており、子供たちにとって異文化理解や異文化コミュニケーションはますます重要になっております。国際共通語である英語力の一層の向上を図るため、8月に新たなALT(外国語指導助手)が着任し、2学期から市立高校及び全10中学校に常駐し、同時に小学校23校についても11名のALTが分担し、小学生に英語教育を行ってまいります。

金沢市議会 2018-06-20 平成30年  6月 定例会-06月20日−03号

これまで、生鮮食料品の安定供給に貢献し、社会存在意義を発揮してきた卸売市場をめぐっては、人口減少、超少子高齢社会食品全般のグローバル食品輸入の増加や食品加工比率の増大等に伴う市場経由率の低下など、流通構造の変化により、卸、仲卸業者の利益率、収益力の悪化を招いており、新たな農水産物物流チャンネルとしての道の駅インターネット等を活用した産地直送の増加など、販売チャンネルとしての定着しつつある市場外流通形態

小松市議会 2018-06-04 平成30年第2回定例会(第1日目)  本文 開催日: 2018-06-04

今後4年間の学びで、高度な専門知識やスキルはもとより、少子化グローバル技術革新など目まぐるしく変化する環境社会の中で、基盤となる豊かな教養と多角的な視野で物事を捉える力を身につけ、市内全域をフィールドに、企業市民と積極的に交わることで豊かな人間性と人やAIと交わりながら仕事を進める能力を育み、地域と世界で活躍できるグローカルな人材が数多く育つよう大いに期待しています。  

小松市議会 2018-03-22 平成30年第1回定例会(第5日目)  本文 開催日: 2018-03-22

今後、社会経済グローバルが進展する中、4月の公立小松大学の開学により小中高校と大学との連携による教育ベルをより一層高めるため、提案申し上げるものです。  議案第49号 固定資産評価審査委員会委員の選任についてであります。  固定資産評価審査委員会委員、若本伸一氏の委員任期は3月26日をもって満了となります。

小松市議会 2018-03-05 平成30年第1回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2018-03-05

少子・高齢化の進展、健康意識の高まり、国際化、グローバルの進展、地方創生の動きと地域間競争の激化、AI、IoTなどの技術革新等々、環境の変化や課題が山積する中、市長御自身、最も思い入れの強い、重視し力を注がれた分野や重点政策を挙げるとすればどれでしょうか。その狙いを含めお答え願います。  次に、公立小松大学の開学についてであります。  

小松市議会 2017-12-15 平成29年予算決算常任委員会総括質疑 本文 開催日: 2017-12-15

また、観光、交流の広域化やグローバルに対応し、歴史文化、自然、食などの地域資源ののブラッシュアップを図り、新たなターゲットに向けた誘客促進を展開してまいります。  中でも小松空港国際チャーター便の拡充やLCCの新規就航など国際化が進展し、外国人旅行者はもとより、教育文化スポーツ交流などを通じた新たな需要も期待されております。  

金沢市議会 2017-12-12 平成29年 12月 定例会-12月12日−02号

また、議員から御指摘いただきましたように、グローバルに伴います海外市場の開拓ということも考えていかなければいけないというふうに思っています。情勢の変化に的確に対応していくためにも、仰せの企業誘致、また、中小企業支援策のあり方を含めた新たな産業ビジョンの策定について検討していきたいというふうに考えています。

小松市議会 2017-12-11 平成29年第4回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2017-12-11

金曜日、代表質問の中にございましたけれども、留学生、いわゆるグローバルに伴いまして留学する人の支援はどうするんだと、そんな基金を設けてはというようなお話もございました。まさにそのとおりでありまして、この大学におきましても留学というのを積極的に行っていきますので、こういった留学する場合の支援制度をどうするかとか。