運営者 Bitlet 姉妹サービス
139件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-14 金沢市議会 平成30年  9月 市民福祉常任委員会-09月14日−01号 教育扶助及び高等学校等就学費については、義務教育や高校就学に必要な費用について、一般家庭平均的費用を踏まえ改定し、入学準備金やクラブ活動に係る費用への支給上限額を引き上げている。  今回の生活保護基準の改定に当たっては、世帯への影響を十分配慮し、激変緩和措置を講じ、3年間で段階的に実施することになっている。   もっと読む
2018-09-11 小松市議会 平成30年第3回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2018-09-11 それをバックアップしていくためのいろんな、いわゆる若干の活動費の補助制度、これもいろいろはつらつ環境整備助成金だとか、それからことしから始めましたこまつ100クラブ活動助成だとか、いろんなことを考えてやっておりますので、そしてまたそれのいろんなノウハウを蓄積するめには、やはり学ばなきゃいけない、教えていただかなきゃいけない部分もございます。   もっと読む
2018-09-10 小松市議会 平成30年第3回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2018-09-10 市といたしましては、協働のまちづくりこまつ100クラブ活動という制度がございますが、その制度を御利用いただければ、初期導入費用として助成することが可能でございます。また、研修会の開催等により、ツールの利便性、導入のメリットの周知に努めてまいりたいと存じます。  今後、ICTを活用した新しい時代の地域コミュニティが展開されていくことを期待するものでございます。   もっと読む
2018-06-21 能美市議会 平成30年第2回定例会(第4号) 本文(委員長報告・採決等) 2018-06-21 また、別の委員から、受給者への影響に関して、この試算により母子加算減額やクラブ活動費実費支給などの課題が考えられるが具体的な対応をどう検討しているかとの質疑があり、執行部から、影響は市で試算したものであるが、システムが整備されれば対応を具体的に検討し、受給者に説明していきたいとの答弁がありました。   もっと読む
2018-06-13 白山市議会 平成30年  6月会議-06月13日−03号 次に、4点目として、白山郷公園野球場レフト側と鶴来南児童館の間は、児童館の子供たちの保護者の迎えや鶴来高校の高校生の帰宅時や鶴来中学の中学生が白山郷運動公園でのクラブ活動後の帰宅時において、暗くて恐怖感と不安感があるので、街灯を設置すべきであると思いますが、お伺いいたします。これは先日、鶴来高校の生徒との議会報告会で出された意見でもあります。   もっと読む
2018-03-22 小松市議会 平成30年第1回定例会(第5日目)  本文 開催日: 2018-03-22 次に、協働のまちづくり、こまつ100クラブ活動助成の募集についてであります。   もっと読む
2018-03-12 白山市議会 平成30年  3月会議-03月12日−02号 週2日休んで、順番にそれは地域のクラブ活動というふうに重点を置いていくというふうに思っております。  以上です。 ○議長(永井徹史君) 山口俊哉君。       もっと読む
2018-03-07 小松市議会 平成30年第1回定例会(第4日目)  本文 開催日: 2018-03-07 そういう意味では人口規模も少ない割には小松市は充実をしてきたということでありまして、金沢方面からもたくさんそういったクラブ活動の練習に来られるということであります。施設の整備をということ。これはもちろん上を常に追いかけていくというのは議員も私も同じであります。それはぜひさまざまな点でまた検討もしていきたいなと思います。   もっと読む
2017-12-11 小松市議会 平成29年第4回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2017-12-11 また、生きがい支援の本市の取り組みといたしましては、会員数が伸び、全国的にも活動が活発であると評価されております老人クラブ活動や、男性高齢者による地域の担い手を養成するおとこ塾、身近な住民が日常生活をサポートする地域サポートクラブなどがございます。   もっと読む
2017-12-05 能美市議会 平成29年第4回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2017-12-05 ところで、先日、金沢市のある高校生がクラブ活動中、学校近くの川に転落し、死亡事故が発生し、これらを重く受け、県教育委員会が学校周辺の危険箇所の再点検として、県立高校、特別支援学校、公立の中学校全校に周辺の危険箇所の再点検など、事故に向けた適切な措置を求める通知を出しております。 もっと読む
2017-03-13 白山市議会 平成29年  3月会議-03月13日−02号 あわせて、ぜひクラブ活動費などの国の補助単価になっておりますので、これは再三再四議会で取り上げておりますけれども、ぜひこれも加えていただきたいということを強調して、次に進みます。  学童保育の施設整備です。  1点目は、市内の学童保育の施設は、人口の増加地域や6年生までが対象となったこともあり、入所児童数がふえて大規模化している施設が少なくありません。 もっと読む
2017-03-06 珠洲市議会 2017.03.06 平成29年第1回定例会(第2号)  本文 前回の議会において、教育長からは、小学生のクラブ活動は教育課程の一部ではないということで、現状の範囲でとどめるというお話だったかと思います。教育長としては、学校教育という観点から、そういった内容になってしまうのもいたし方ないのかなと思いますので、今回は市長に、珠洲市の子どもという観点でお聞きしたいと思います。   もっと読む
2017-03-03 珠洲市議会 2017.03.06 平成29年第1回定例会(第2号)  本文 前回の議会において、教育長からは、小学生のクラブ活動は教育課程の一部ではないということで、現状の範囲でとどめるというお話だったかと思います。教育長としては、学校教育という観点から、そういった内容になってしまうのもいたし方ないのかなと思いますので、今回は市長に、珠洲市の子どもという観点でお聞きしたいと思います。   もっと読む
2016-12-13 珠洲市議会 2016.12.13 平成28年第5回定例会(第2号)  本文 クラブ活動は義務教育の一環でありますが、遠征の参加は自由であり、強制ではありません。しかし、レギュラー陣やそれに近い部員は自分自身の技術の向上と経験を積むため、参加せざるを得ません。このようなことから、中学校の部活動遠征費が保護者に大きな負担増となっております。   もっと読む
2016-12-12 珠洲市議会 2016.12.13 平成28年第5回定例会(第2号)  本文 クラブ活動は義務教育の一環でありますが、遠征の参加は自由であり、強制ではありません。しかし、レギュラー陣やそれに近い部員は自分自身の技術の向上と経験を積むため、参加せざるを得ません。このようなことから、中学校の部活動遠征費が保護者に大きな負担増となっております。   もっと読む
2016-12-08 白山市議会 平成28年 12月会議-12月08日−02号 また、クラブ活動費につきましては、入学時において必要となる用具等の負担を軽減するため、本市におきましては市独自に新入学児童・生徒への入学支度金2万円を支給しているところであります。さらに遠征費などは、スクールバスを使用できますし、公式大会の旅費を含む大会経費等は補助金を出しているため、クラブ活動に係る支援は充実されているものと考えております。   もっと読む
2016-06-14 小松市議会 平成28年第2回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2016-06-14 これは子供会もしくは老人会、また中学校の部活動やそういったクラブ活動等に使用することはできないのでしょうか。 153 ◯議長(宮西健吉君) 行政管理部長、越田幸宏君。     もっと読む
2016-03-10 能美市議会 平成28年第1回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2016-03-10 これは以前からも言っておりますが、クラブ活動費やPTA会費、生徒会費、こういったところへの支援をぜひ能美市でも進めていただきたい。今まで県内ではこういったところに支援をしているところがないということでありますが、やはり先ほどからの言いましたように子供たちが安心して教育を受けることができる。どの子も平等に教育を受けることができる。 もっと読む
2016-03-09 白山市議会 平成28年  3月会議-03月09日−02号 以前の私の一般質問で、クラブ活動費が就学援助の対象項目とされているので、本市でも支給対象にするよう質問したことがありました。しかし御答弁は、部活によって経費の差が大きくて援助の公平性を確保することが困難なので、それはできないという御答弁でした。  しかし、これは例えば支給金額に上限を設けるといったようなことなど、工夫の余地はいろいろあるというふうに思うんですね。 もっと読む
2015-06-30 金沢市議会 平成27年  6月 定例会-06月30日−03号 ◆下沢広伸議員 この2点を質問させていただきました私の考えは、例えば、学習支援ボランティア事業などを土曜授業の一つの方法として、もしくは中学校では運動クラブ活動の外部指導者として、個々ではなくて学校全体として取り組みを持ちまして、意欲ある生徒、勉強したいという子たちにこのような方法が取り入れられないかというものです。 もっと読む