14件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

珠洲市議会 2019-03-05 2019.03.05 平成31年第1回定例会(第2号)  本文

下川町は、2011年に環境未来都市宣言を掲げて、林業を中心に生活をしていく決断をし、人、物、金が地域内で循環しながら地域を再生しているドイツオーストリアへの先進地視察なども行って、SDGs未来都市の明確な町のビジョンを示した頃から、町民の自立意識が高まりまして、今日に至っているそうであります。

七尾市議会 2018-12-11 12月11日-03号

具体的な行き先は、オーストリアのウィーンとかフランス・パリ、中国の青島、オーストラリア、アメリカでありまして、海外で50店舗の取り扱い店ができた企業もございます。今後、この制度を積極的に活用していただければというふうに考えております。 最後の御質問のクラウドファンディングを活用して行政サービスを市民に提供していこうとする計画があれば伺いたいということでございます。 

能美市議会 2015-09-08 平成27年第3回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2015-09-08

中にはオーストリアなど16歳以上としている国もあり、今回の改正は世界の潮流と言えましょう。  そこで、今回の18歳以上への選挙権拡大法案成立を受けて、選挙管理委員会書記長に3点お尋ねをいたします。  1点目は、来年夏の参議院選挙を例とした場合、能美市で新たに対象、18歳、19歳、新たな有権者数はおおむねどれくらいでしょうか。また、有権者全体の何%くらいに相当するのでしょうか。  

小松市議会 2014-06-09 平成26年第2回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2014-06-09

私どもが外国へいろいろ行く場合、例えばイタリアですとトスカーナとか、オーストリアですとチロル地方とか、フランスですとボルドー地方とか、いろんなこういう名勝が頭にまず浮かぶわけでございまして、外国人に受け入れられる、またそれぞれ国によって違うわけですから、こういうキャッチフレーズを外国語でどんなふうにつくっていくんだとか、どうイメージを売り込んでいくか、そんなところまで加賀地域連携推進会議のほうで決めていきたいと

加賀市議会 2009-06-05 06月05日-01号

オーストリア経済学者シュンペーターは、「技術革新の母は不況だ」と述べております。日本経済は、これまで何度も不況を克服し、そして発展を継続してきました。国の経済危機対策にも、環境エコ関連の新技術を支援する内容が多く盛り込まれております。 県内企業では、技術革新によって、鉄よりも軽くて強い炭素繊維の製造により、航空機の機体部品を受注しているところもあります。

加賀市議会 1998-12-16 12月16日-03号

イタリア15人、ノルウェー18人、オーストリア18人など、日本はこの点でも後進国になっています。アメリカではことし、小学校低学年を18人学級にするために、10万人の教員をふやすという対策がとられています。日本でも早急に30人学級を実現させることは、父母や教職員、国民の願いであります。日本未来がかかった施策であると思います。 

金沢市議会 1998-09-18 09月18日-04号

しかし、欧州連合の中でもオーストリア輸入禁止を決定し、ドイツでは消費者が買わないのでスーパーにはほとんど置いていないようであります。日本では国が表示を検討しているとのことであります。 この中で、イギリスのロウェット研究所で害虫を寄せつけないようタチナタマメの遺伝子を組み込んだジャガイモをラットに食べさせたところ、発育不全免疫力の低下が見られたとの報告があります。

野々市市議会 1996-12-16 12月16日-02号

金沢商工会議所石川県と金沢市は、10月26日から13日間の日程でドイツフランスオーストリアの6都市をめぐる欧州交通システム先進地視察団を派遣し、新交通システム導入に向けての事情調査。 石川県新長期構想では、市町村の提言を反映し5地域別振興策。10月29日、県内の5地域に区分して振興策などを示す地区別発展方向を新長期構想に盛り込む方針を決めた。

  • 1