11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

野々市市議会 2018-09-12 09月12日-02号

本市では、虐待未然防止はもちろんですけれども、市民関係機関からの通告による早期発見も重要であると考えておりまして、毎年11月の児童虐待防止推進月間には市内商業施設において児童虐待防止を呼びかける啓発活動としてオレンジリボンキャンペーンを実施するなど、児童虐待についての理解を深めるとともに、相談機関通告先の周知にも取り組んでまいりました。 

小松市議会 2017-12-11 平成29年第4回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2017-12-11

オレンジリボンをいろいろなところで目にしました。189(いちはやく)という児童相談所への3桁ダイヤル番号も周知されており、虐待かもと思うときは電話をしてくださいということから、周りの方からの連絡や相談全国的にふえているとのことです。  小松市での虐待相談の状況はどうでしょうか。

輪島市議会 2016-06-15 06月15日-02号

また、毎年11月の児童虐待防止月間におきましては、「オレンジリボンキャンペーン」といたしまして、啓発グッズの配布やポスターを掲示するなどさまざまな啓発活動を行っております。 次に、保育士待遇改善についてのご質問で、まず、保育士の低賃金は国の基準が低過ぎることによってもたらされているのではないでしょうか。

金沢市議会 2015-12-14 12月14日-02号

先月11月の児童虐待防止月間ではオレンジリボンキャンペーンが行われました。オレンジリボンは、2004年に栃木県小山市で2人の幼い兄弟虐待の末に亡くなった痛ましい事件を受け、市民団体などが虐待防止啓発のために2005年から始めたオレンジリボン運動シンボルマークで、オレンジ色子どもたちの明るい未来をあらわしています。

金沢市議会 2011-09-15 09月15日-03号

子ども虐待防止オレンジリボン啓発活動全国で推進されます。平成12年の児童虐待防止法成立から2度の改正で、児童安全確認のための立入調査などの強化、保護者に対して指導に従わない場合の措置の明確化をしたことで、児童相談所の権限と責任が強化されたと考えます。昨年度において、全国児童相談所における児童虐待相談件数は5万件を超え、児童虐待防止法施行前に比べ4.7倍に増加しています。

金沢市議会 2008-03-10 03月10日-02号

さらに、いじめ撲滅へ向けて、「君を守り隊」、「オレンジリボンキャンペーン」、「いじめをなくす委員会」など、児童・生徒が自発的に取り組んでいる中学校や小学校が出てきています。いじめをなくすためにはこうした取り組みこそ最も重要であり、他人への思いやりを育てるといった教育的効果も期待できます。本市いじめ撲滅に向けて、子どもたちの自発的な取り組みについてお伺いします。 

  • 1