71件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小松市議会 2019-09-10 令和元年第4回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2019-09-10

例えば感染症というのも大変気になるところでございまして、いわゆるオゾンを発生することによっていわゆる感染症、その空気をきれいにしていくとか、それからもう8年前になりますけれども乳児ですね、赤ちゃんの搬送のシステムを入れたりとか、それから心臓のいろんなモニター類も含めまして、考えられることはどんどんやってきております。

小松市議会 2019-09-09 令和元年第4回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2019-09-09

規格内容でございますが、救急資機材といたしまして、車内に低濃度オゾンガス生成装置装備し、感染予防を図るとともに、磁気式防振ベッドを装備、揺れを最小限に抑え、傷病者の負担を軽減いたします。救急車安全装備といたしまして、屋外作業灯コーナーセンサー、高輝度ヘッドライトなどを装備し、救急隊員のサポートを行います。  

小松市議会 2018-03-06 平成30年第1回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2018-03-06

さらに今後は、結核やノロウイルス感染防止対策のためのオゾンガスによる除菌装置も配備されることになります。  救急救命士のさらなる向上のためにどのようにすべきかでありますが、救急出動は年間3,000件を超え、昨年中の救急件数は過去最高を記録し、これからも増加することが予想されます。  平成3年に創設された救急救命士制度は、心肺停止患者救命効果に大きな成果をもたらしました。

加賀市議会 2009-03-10 03月10日-03号

オーストラリアでは、オゾン層の破壊されているところに一番近い国であるために、赤ちゃんが外出するときは、紫外線防止のためにベビーカーに白い布をかぶせて外出していました。また、多発している皮膚がんに脅かされている市民の様子をうかがい知り、二酸化炭素排出軽減のための取り組みの必要性を強く感じました。 しかし、この問題は大きく2つのタイプに分けられると環境ジャーナリスト枝廣淳子氏が言っています。

能美市議会 2008-06-17 平成20年第2回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2008-06-17

これまでの大量生産大量消費大量廃棄という戦後の高度経済成長におけるライフスタイルは、物質的に豊かな生活とは裏腹に、ご承知のように公害問題、オゾン層の破壊酸性雨、そして地球温暖化等地球環境に深刻な影響を与えてきております。今のままでは未来はないと私も思っております。  

能美市議会 2008-03-11 平成20年第1回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2008-03-11

オゾン層にあいた穴をどうやってふさぐのか、あなたは知らないでしょう。死んだ川にどうやってサケを呼び戻すのか、あなたは知らないでしょう。絶滅した動物をどうやって生き返らせるのか、あなたは知らないでしょう。そして、今や砂漠となってしまった場所にどうやって森をよみがえらせるのか、あなたは知らないでしょう。

能美市議会 2006-12-15 平成18年第4回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2006-12-15

居村議員のご指摘のように、これまでの大量生産、それから大量消費大量廃棄という高度経済成長期におけるライフスタイルは、物質的な豊かな生活とは裏腹に公害問題、オゾン層の破壊水資源の枯渇、そして地球温暖化等地球環境に深刻な影響を与えておるのはご指摘のとおりであります。  

輪島市議会 2005-06-21 06月21日-03号

高度経済成長生活利便性をもたらした反面、大規模森林伐採資源乱開発オゾン層の破壊などなどにより地球温暖化をもたらし、地球存続そのものが危惧されております。京都議定書などにより一定の国際的な歯どめがありますが、極めて不十分であり、今後、第三国の経済発展等によりまして環境破壊により拍車をかけるのではないかと懸念されております。 

白山市議会 2005-06-14 06月14日-01号

生水処理施設は、市の中心部に近い中部処理場内にあり、下水道の2次処理水を放流せず、オゾン処理で脱色、脱臭し、砂ろ過微少ごみを除去、最後に滅菌処理を行い、大腸菌が全くいない状態にしております。料金は10立方メートルまで103円、11立方メートル以上136円として、佐世保市の上水道料金の約半分に設定しています。

能美市議会 2005-03-15 平成17年第1回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2005-03-15

地球温暖化オゾン層の破壊酸性雨森林破壊砂漠化異常気象環境ホルモン等環境破壊を複雑な生態性メカニズムによって地球的な規模の生命の危機を予感させる深刻な問題となっております。限りある資源を次の世代に引き継ぎ、地球環境を守ることが存在する者の宿命であり、企業、行政民間団体、住民、政府機関環境保全の輪を広めていくのが急務だと思います。  

小松市議会 2005-03-08 平成17年第1回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2005-03-08

次に、このこまつ環境プラン概要の第4章、「地球環境を守るためCO2を15%減らそう」という中に、「クリーンエネルギーの活用」「オゾン層を守ろう」など6つの項目がありまして、それぞれの項目の中で市民は何をする、事業者は何をする、市は何をすると決めています。  例えばその中の「環境に優しい交通システムを」では、市民エコドライブを心がける。新車購入時には低公害車を考える。

小松市議会 2004-06-16 平成16年第2回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2004-06-16

排気ガスは、地球温暖化原因となる二酸化炭素酸性雨原因となる硫黄酸化物光化学スモッグ原因となる炭化水素呼吸器障害をもたらす黒煙、金属などの微粒子、そしてオゾンなどです。  オゾンは意外かもしれませんが、成層圏にあるオゾン紫外線を遮ってくれるのに対して、地上のオゾンは他の物質と結びついて光化学スモッグやせきや胸の痛みの原因にもなる有害な物質です。  

小松市議会 2003-09-12 平成15年第4回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2003-09-12

現在の電力は石油を初めとする化石燃料大量消費によって供給されるが、電力消費が拡大し、酸性雨炭酸ガスによる地球温暖化オゾン層の破壊といった地球的規模環境破壊原因となっていると思います。  さらに、原子力発電事業重大事故を起こせば人類と共存はできないのであります。このことは歴史的にも証明されているし、世界的には原子力発電事業は縮小の傾向にあると思うところであります。