運営者 Bitlet 姉妹サービス
556件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-11 小松市議会 平成30年第4回定例会(第4日目)  本文 開催日: 2018-12-11 53 ◯総合政策部長(越田幸宏君) eスポーツの大会を開催する場合、競技のスペースであったり、大型モニター、観客席などのスペースに加えて、インフラ環境としてのゲーム機やパソコン、照明などへの電力供給のほか、高速で安定したインターネットへの接続というものが必要になろうかというふうに思っています。   もっと読む
2018-12-11 加賀市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月11日−03号 そういうこともやはり頑張っているんですから、せめて市当局はそれに応えるように同調して、そしてインフラの整備、特に無電柱化、そして道路の要望については応えていただくよう切望いたします。   もっと読む
2018-12-10 加賀市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月10日−02号 また、インフラ整備については、どういった計画を考えているのか。今後の方向性も含め、当局の所見をお聞かせください。 ○議長(林直史君) 眞田建設部長。 ◎建設部長(眞田茂樹君) 加賀温泉駅周辺の土地利用の検討についてお答えします。   もっと読む
2018-12-10 小松市議会 平成30年第4回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2018-12-10 また、さまざまなインフラ工事の中で、おすわさんの前にございますすわまへ芭蕉公園とか、奥の細道にゆかりのあるところについてもさらに磨きをかけてまいりました。  さて、来年は2019年、新しい年号になります。今、サミット関係で3つ計画をしておりまして、一つはおくのほそ道の風景地のフォーラムでございます。これは後ほど紹介いたします。このネットワーク総会は11月を予定しております。 もっと読む
2018-11-29 小松市議会 平成30年第4回定例会(第1日目)  本文 開催日: 2018-11-29 日本全体においても人口減少や超高齢社会の進展、多発する災害、公共インフラの更新費用など克服すべき課題も多くありますが、本市においてはAIなどイノベーションの活用や市民共創の推進など、ピンチをチャンスに変える、前向きにチャレンジしていく施策に取り組むとともに、固定費の圧縮や新たな財源の確保に努め、健全な財政運営に向けて取り組んでまいります。   もっと読む
2018-11-13 金沢市議会 平成30年 11月 経済環境常任委員会-11月13日−01号 2つ目、地場企業・起業家への対応では、最先端インフラや先端技術を整え、金沢の拠点性、利便性を生かしながら、チャンスのあるまち金沢の実現を図ることとしている。3つ目、世界を視座にしたビジネス展開では、創造力豊かな人材を育て、地場企業の市場拡大につながる環境をつくることとしている。4つ目、市民生活へのAI等技術の実装では、市民の豊かな暮らしを実現し、市民と観光客の利便性、回遊性を向上していく。 もっと読む
2018-11-13 金沢市議会 平成30年 11月 総務常任委員会-11月13日−01号 外から来た宿泊客により特にインフラへの負荷がかかっている部分もあると思うので、北陸新幹線影響検証会議でも出された提言のとおり、宿泊税で対応していくのは一つの考え方として十二分にあり得ると認識している。 ◆広田美代委員 北陸新幹線の長野から金沢までの総工費は1兆7,800億円であり、そのうちの3分の2が国の負担で、3分の1が県と市の負担である。石川県は1,030億円、本市も50億円以上負担している。 もっと読む
2018-10-15 金沢市議会 平成30年 10月 一般会計等決算審査特別委員会-10月15日−01号 ◆森一敏委員 概括的な見方をすると、建設事業費、投資的経費が比較的高位にあることは、それぞれの中核市の特性だと思うが、その中でも箱物と言われるような領域や、道路などのインフラの部分に金を余計に投入している金沢市の特質がずっと続いており、このままでよいのかとの問題意識を持っていることを表明しておく。   もっと読む
2018-10-09 金沢市議会 平成30年 10月 企業会計決算審査特別委員会-10月09日−01号 ◎向卸売市場長 中央卸売市場については、卸売業者、仲卸業者等の市場関係者による集荷や分荷、適正で安定した価格の形成、代金決済機能などを通して、安全・安心な生鮮食料品の安定供給や地域経済の振興、豊かな食文化の醸成など極めて大きな役割を果たしていて、まさに公共インフラとしての使命を果たしていると思っている。今後もこの機能を果たしていくことが大切である。 もっと読む
2018-10-01 金沢市議会 平成30年 10月 防災・安全対策特別委員会-10月01日−01号 ◆小間井大祐委員 第二本庁舎に設置される危機管理センターに防災情報システムが整備されるが、今般、防災にかかわるインフラ整備はインターネットを介したクラウド型になると思う。そういった環境のもとでは、最低限のサイバーセキュリティーについてしっかり対応していかないといけないと考えるが、そういった視点は持っているのか。 もっと読む
2018-09-27 小松市議会 平成30年第3回定例会(第4日目)  資料 開催日: 2018-09-27 ──────────                                         議員提出議案第9号           地方鉄道の安全施設更新に対する支援制度の拡充を求める意見書  地方鉄道は地域住民の通勤・通学などの足として重要な役割を担うとともに,地域の経済活動の基盤であり,移動手段の確保,少子高齢化や地球環境問題への対応等の観点からその活性化が求められている重要な社会インフラ もっと読む
2018-09-20 金沢市議会 平成30年  9月 連携中枢都市圏・都市交通特別委員会-09月20日−01号 こうした施策は、本来なら事業者がインフラを整備し、運営しないといけないので、大都市なら黒字になるから実施するが、地方は維持できないので特に鉄道事業をやめて、バスに切りかえたがっているし、バス事業も不採算部分はやめていこうとしている。新交通システムを進めるには、そうした中でも理解を求めていくことが必要だが、交通事業者はやりたくないことを前提にやらないとなかなか進まない。   もっと読む
2018-09-14 金沢市議会 平成30年  9月 総務常任委員会-09月14日−01号 計画の目的だが、施設の老朽化に伴う公共インフラの再整備が今後本格化する中、計画的かつ持続可能な公共施設等の再整備と長期的視点に立った健全な財政運営を行うため、再整備に係る財政需要の平準化を図ることにより新計画を策定するものである。   もっと読む
2018-09-12 金沢市議会 平成30年  9月 定例会-09月12日−03号 特にスマートフォンが発売されてからの約10年間では、ネットワークインフラの発展による大量のデータ流通とともに、コミュニケーションのあり方を初めとして、仕事、観光、娯楽、さらには医療、介護等のあらゆる面でITが大きな影響を与えてきました。 もっと読む
2018-09-11 金沢市議会 平成30年  9月 定例会-09月11日−02号 ただ、山出前市長の時代から長い間に積み上げられてきた結果といたしまして、インフラ整備の手法として、いわゆる上下分離方式が確立されたところであります。 もっと読む
2018-09-10 小松市議会 平成30年第3回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2018-09-10 川の拡幅や排水ポンプの増設など、インフラ整備による減災効果があるということで、ありがたいことと思います。芦田町の福祉施設でも、隣を流れる川の水位が上がらずに安心をしたというふうに言っておりました。  また、洪水浸水想定区域図を100年から1,000年に1回の想定し得る最大規模の降雨に、国や県が改めて作成したことから、市もハザードマップを来年までにリニューアルするとのことでした。   もっと読む
2018-09-10 加賀市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月10日−02号 また、幹線道路沿いであることや、敷地が平坦なことから、土地造成やインフラ整備に係る費用も抑えられ、近隣市町の団地よりも安価な分譲価格で用地を提供できると見込んでおります。  進出に対する立地支援につきましても、県内最長となる最大10年間の固定資産税の免除による優遇措置を初め、多様な支援を設けており、さらに、企業進出のインセンティブになるような支援策についても研究してまいります。   もっと読む
2018-09-03 小松市議会 平成30年第3回定例会(第1日目)  本文 開催日: 2018-09-03 梯川の拡幅や雨水排水ポンプの能力向上、幹線排水路の整備など、国、県、市による長年の計画的インフラ整備により減災効果があらわれています。これからも過去にない異常な気象や災害に立ち向かうハード、ソフトの強化を進めてまいります。  なお、9月22日には国の梯川改修事業として能美大橋のかけかえ工事起工式が予定され、2021年度中の完成を見込んでいます。   もっと読む
2018-08-08 金沢市議会 平成30年  8月 経済環境常任委員会-08月08日−01号 プロジェクトの2つ目は、「地場企業・起業家の第4次産業革命への対応支援」を図るもので、5GやLPWA等の最先端インフラ、RPA等の先端技術を整えて、新たな価値創造拠点施設との相乗効果により、地場企業・起業家を支援するとともに、金澤町家や店舗等を拠点に活動するAI、IoT企業が集積する金沢版AIビレッジの整備を進めていくものである。   もっと読む
2018-06-13 能美市議会 平成30年第2回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2018-06-13 法人市民税などの地方税は、自治体の住民及び企業への教育福祉、環境や道路などのインフラ整備などといった行政サービスを提供するための重要な財源であり、能美市においても地域内経済環境や暮らしの質を高め、地域活性化を推進する上での貴重な税収でございます。   もっと読む