ツイート シェア
  1. 能美市議会 2019-03-12
    平成31年第1回定例会(第3号)〔資料〕 2019-03-12


    取得元: 能美市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-07-11
    ↓ 最初のヒットへ(全 0 ヒット) 1                議 案 審 査 付 託 表                            平成31年第1回能美市議会定例会 ┌───────┬────────┬─────────────────────────────┐ │ 委員会名  │  議案番号  │            議 案 名            │ ├───────┼───┬──┬─┼─────────────────────────────┤ │       │議案第│  2│号│消費税率及び地方消費税率の改定に伴う関係条例の整備に関する│ │       │   │  │ │条例の制定について                    │ │       ├───┼──┼─┼─────────────────────────────┤ │       │議案第│  3│号│能美市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条│ │       │   │  │ │例について                        │ │       ├───┼──┼─┼─────────────────────────────┤ │総務常任委員会│議案第│  4│号│能美市長の選挙における選挙運動用ビラの作成の公費負担に関す│ │ (6件)  │   │  │ │る条例の一部を改正する条例について            │ │       ├───┼──┼─┼─────────────────────────────┤ │       │議案第│  5│号│能美市手数料条例の一部を改正する条例について       │ │       ├───┼──┼─┼─────────────────────────────┤ │       │議案第│ 15│号│能美市火災予防条例の一部を改正する条例について      │ │       ├───┼──┼─┼─────────────────────────────┤ │       │議案第│ 39│号│能美市部設置条例の一部を改正する条例について       │ ├───────┼───┼──┼─┼─────────────────────────────┤
    │       │議案第│ 12│号│能美市産業振興奨励条例の一部を改正する条例の一部を改正する│ │       │   │  │ │条例について                       │ │       ├───┼──┼─┼─────────────────────────────┤ │ 産業経済  │議案第│ 13│号│能美市基金条例の一部を改正する条例について        │ │ 常任委員会 ├───┼──┼─┼─────────────────────────────┤ │ (5件)  │議案第│ 14│号│能美市水道法施行条例の一部を改正する条例について     │ │       ├───┼──┼─┼─────────────────────────────┤ │       │議案第│ 16│号│市道路線の認定、廃止及び変更について           │ │       ├───┼──┼─┼─────────────────────────────┤ │       │議案第│ 37│号│能美市九谷焼担い手職人支援工房の指定管理者の指定について │ ├───────┼───┼──┼─┼─────────────────────────────┤ │       │議案第│  1│号│能美市根上青年の家条例を廃止する条例について       │ │       ├───┼──┼─┼─────────────────────────────┤ │       │議案第│  6│号│能美市乳幼児等の医療費助成に関する条例の一部を改正する条例│ │       │   │  │ │について                         │ │       ├───┼──┼─┼─────────────────────────────┤ │       │議案第│  7│号│能美市児童館条例の一部を改正する条例について       │ │ 教育福祉  ├───┼──┼─┼─────────────────────────────┤ │ 常任委員会 │議案第│  8│号│能美市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定│ │ (7件)  │   │  │ │める条例の一部を改正する条例について           │ │       ├───┼──┼─┼─────────────────────────────┤ │       │議案第│  9│号│能美市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について   │ │       ├───┼──┼─┼─────────────────────────────┤ │       │議案第│ 10│号│能美市国民健康保険条例の一部を改正する条例について    │ │       ├───┼──┼─┼─────────────────────────────┤ │       │議案第│ 11│号│能美市いきいき安心医療費助成条例の一部を改正する条例につい│ │       │   │  │ │て                            │ └───────┴───┴──┴─┴─────────────────────────────┘ ┌───────┬────────┬─────────────────────────────┐ │ 委員会名  │  議案番号  │            議 案 名            │ ├───────┼───┬──┬─┼─────────────────────────────┤ │       │議案第│ 17│号│平成30年度能美市水道事業会計利益剰余金の処分について  │ │       ├───┼──┼─┼─────────────────────────────┤ │       │議案第│ 18│号│平成31年度能美市一般会計予算              │ │       ├───┼──┼─┼─────────────────────────────┤ │       │議案第│ 19│号│平成31年度能美市国民健康保険特別会計予算        │ │       ├───┼──┼─┼─────────────────────────────┤ │       │議案第│ 20│号│平成31年度能美市後期高齢者医療特別会計予算       │ │       ├───┼──┼─┼─────────────────────────────┤ │       │議案第│ 21│号│平成31年度能美市介護保険特別会計予算          │ │       ├───┼──┼─┼─────────────────────────────┤ │       │議案第│ 22│号│平成31年度能美市温泉事業特別会計予算          │ │       ├───┼──┼─┼─────────────────────────────┤ │       │議案第│ 23│号│平成31年度能美市農業集落排水事業特別会計予算      │ │       ├───┼──┼─┼─────────────────────────────┤ │       │議案第│ 24│号│平成31年度能美市水道事業会計予算            │ │       ├───┼──┼─┼─────────────────────────────┤ │       │議案第│ 25│号│平成31年度能美市工業用水道事業会計予算         │ │       ├───┼──┼─┼─────────────────────────────┤ │       │議案第│ 26│号│平成31年度能美市公共下水道事業会計予算         │ │ 予算決算  ├───┼──┼─┼─────────────────────────────┤ │ 常任委員会 │議案第│ 27│号│平成31年度国民健康保険能美市立病院事業会計予算     │ │ (20件)  ├───┼──┼─┼─────────────────────────────┤ │       │議案第│ 28│号│平成30年度能美市一般会計補正予算(第4号)       │ │       ├───┼──┼─┼─────────────────────────────┤ │       │議案第│ 29│号│平成30年度能美市国民健康保険特別会計補正予算(第2号) │ │       ├───┼──┼─┼─────────────────────────────┤ │       │議案第│ 30│号│平成30年度能美市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)│ │       │   │  │ │                             │ │       ├───┼──┼─┼─────────────────────────────┤ │       │議案第│ 31│号│平成30年度能美市介護保険特別会計補正予算(第2号)   │ │       ├───┼──┼─┼─────────────────────────────┤ │       │議案第│ 32│号│平成30年度能美市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1 │ │       │   │  │ │号)                           │ │       ├───┼──┼─┼─────────────────────────────┤ │       │議案第│ 33│号│平成30年度能美市水道事業会計補正予算(第3号)     │ │       ├───┼──┼─┼─────────────────────────────┤ │       │議案第│ 34│号│平成30年度能美市工業用水道事業会計補正予算(第1号)  │ │       ├───┼──┼─┼─────────────────────────────┤ │       │議案第│ 35│号│平成30年度能美市公共下水道事業会計補正予算(第3号)  │ │       ├───┼──┼─┼─────────────────────────────┤ │       │議案第│ 36│号│平成30年度国民健康保険能美市立病院事業会計補正予算(第4│ │       │   │  │ │号)                           │ └───────┴───┴──┴─┴─────────────────────────────┘ 2                          平成31年第1回能美市議会定例会                               請願文書表 ┌───┬───┬────────┬──────────┬────────────────────┬─────┬─────┐ │受 理│受理 │ 件   名  │  請願者氏名  │       請願の要旨        │紹介議員 │ 付託  │ │番 号│月日 │        │          │                    │     │ 委員会 │ ├───┼───┼────────┼──────────┼────────────────────┼─────┼─────┤ │請 願│2/18 │主要農作物種子 │農民運動石川県連合会│ 米、麦、大豆の優良な種子の生産・普  │近藤 啓子│産業経済 │ │第1号│   │法廃止に伴い日 │ 会長 宮岸美則  │及を都道府県に義務付ける主要農作物種  │佐伯富美子│常任委員会│ │   │   │本の種子の保全 │          │子法は、国民への安定的な食糧供給、過  │     │     │ │   │   │の施策を求め石 │          │度な民間参入、知見流出を防ぐ大きな役  │     │     │ │   │   │川県条例の制定 │          │割を果たしてきた。           │     │     │ │   │   │を求める請願書 │          │ ようやく軌道に乗った新しい石川の米  │     │     │ │   │   │        │          │「ひゃくまん穀」など、種子の品種改良  │     │     │ │   │   │        │          │と生産は県の研究機関、農協、種子農家  │     │     │ │   │   │        │          │による長年の努力と費用がかけられてい  │     │     │ │   │   │        │          │る。                  │     │     │ │   │   │        │          │ また、安定した農産物を届けることは  │     │     │ │   │   │        │          │国、県の義務と言えるが、政府は2017年  │     │     │ │   │   │        │          │主要農作物種子法の廃止法案を成立、  │     │     │ │   │   │        │          │また同年成立した農業競争力支援法根  │     │     │ │   │   │        │          │拠に都道府県の持つ種子生産の知見を民  │     │     │ │   │   │        │          │間企業に積極的に提供する方針を示し   │     │     │ │   │   │        │          │た。しかし民間に委ねた場合、改良され  │     │     │ │   │   │        │          │た新種子には特許がかけられるなど種子  │     │     │ │   │   │        │          │の価格が高騰することにもなり、さらに  │     │     │ │   │   │        │          │外資系事業者の参入により食の安全・安  │     │     │
    │   │   │        │          │心が脅かされることも危惧される。    │     │     │ │   │   │        │          │ 以上の趣旨から食の安全、日本農業・  │     │     │ │   │   │        │          │農業者を守り、安心して種子を作るため  │     │     │ │   │   │        │          │石川県に対して「石川県主要農作物種子  │     │     │ │   │   │        │          │条例」を制定するよう請願する。     │     │     │ └───┴───┴────────┴──────────┴────────────────────┴─────┴─────┘                          平成31年第1回能美市議会定例会                               請願文書表 ┌───┬───┬────────┬──────────┬────────────────────┬─────┬─────┐ │受 理│受理 │ 件   名  │  請願者氏名  │       請願の要旨        │紹介議員 │ 付託  │ │番 号│月日 │        │          │                    │     │ 委員会 │ ├───┼───┼────────┼──────────┼────────────────────┼─────┼─────┤ │請 願│2/18 │主要農作物種子 │農民運動石川県連合会│ 2018年3月末をもって主要農作物種子  │近藤 啓子│産業経済 │ │第2号│   │法の復活等をも │ 会長 宮岸美則  │法(以下、種子法という。)が廃止された。│佐伯富美子│常任委員会│ │   │   │とめる意見書採 │          │ 種子法は、国や都道府県の種子に対す  │     │     │ │   │   │択に関する請願 │          │る公的役割を明確にした世界に誇るべき  │     │     │ │   │   │        │          │ものであり、都道府県と農業協同組合が  │     │     │ │   │   │        │          │協力し、地域にあった優良銘柄を開発し、 │     │     │ │   │   │        │          │安価に販売するなど農民の生産・販売活  │     │     │ │   │   │        │          │動に大きな役割をはたしてきた。     │     │     │ │   │   │        │          │ また種子法の廃止により地域の共有財  │     │     │ │   │   │        │          │産である種子を民間企業に委ねると、改  │     │     │ │   │   │        │          │良された新品種に特許がかかり、農家は  │     │     │ │   │   │        │          │特許料を払わなければ種子が使えなくな  │     │     │ │   │   │        │          │ることが懸念され、さらに外資系事業者  │     │     │ │   │   │        │          │の参入により遺伝子組み換え品種など、  │     │     │ │   │   │        │          │食の安全・安心が脅かされることが危惧  │     │     │ │   │   │        │          │され消費者にとっても影響が大きい。   │     │     │ │   │   │        │          │ 種子法廃止に対し、新潟県などは条例  │     │     │ │   │   │        │          │を制定するなど今後は全都道府県で従来  │     │     │ │   │   │        │          │通り種子事業を継続する方針である。   │     │     │ │   │   │        │          │ 以上の趣旨から、廃止された主要農作  │     │     │ │   │   │        │          │物種子法の復活等を求める意見書を採択  │     │     │ │   │   │        │          │するよう請願する。           │     │     │ └───┴───┴────────┴──────────┴────────────────────┴─────┴─────┘                          平成31年第1回能美市議会定例会                               請願文書表 ┌───┬───┬────────┬──────────┬────────────────────┬─────┬─────┐ │受 理│受理 │ 件   名  │  請願者氏名  │       請願の要旨        │紹介議員 │ 付託  │ │番 号│月日 │        │          │                    │     │ 委員会 │ ├───┼───┼────────┼──────────┼────────────────────┼─────┼─────┤ │請 願│2/18 │国に国保への  │石川県社会保障推進 │ 国民健康保険は無職者、年金生活者、  │近藤 啓子│教育福祉 │ │第3号│   │国庫負担増を  │協議会       │非正規雇用の労働者が多く加入し、医療  │佐伯富美子│常任委員会│ │   │   │求める請願   │ 代表委員 松浦健伸│保険の中で所得がもっとも低い反面、1  │     │     │ │   │   │        │          │人当たりの保険料(税)は、協会けんぽ  │     │     │ │   │   │        │          │の1.3倍、組合健保の1.7倍にのぼる。ま  │     │     │ │   │   │        │          │た家族の数に応じた「均等割」があるた  │     │     │ │   │   │        │          │め、子育て世帯などでは、協会けんぽと  │     │     │ │   │   │        │          │の保険料の格差は2倍に広がる。     │     │     │ │   │   │        │          │ 全国知事会、全国市長会などの地方団  │     │     │ │   │   │        │          │体は、国の財政投入により国保料(税)  │     │     │ │   │   │        │          │を協会けんぽ並みに引き下げることを求  │     │     │ │   │   │        │          │めている。その引き下げは、住民のくら  │     │     │ │   │   │        │          │しと健康をまもるためにも、国保の持続  │     │     │ │   │   │        │          │可能性と医療保険制度全体の安定のため  │     │     │ │   │   │        │          │にも重要な課題である。         │     │     │ │   │   │        │          │ 以上の趣旨から、下記について国に意  │     │     │ │   │   │        │          │見書を提出するよう請願する。      │     │     │ │   │   │        │          │一、公費投入増を行い、国民健康保険料  │     │     │ │   │   │        │          │(税)を協会けんぽ並みに引き下げる   │     │     │ │   │   │        │          │二、「均等割」「平等割」を廃止する   │     │     │ │   │   │        │          │三、生活に困窮する人の国保料(税)を  │     │     │ │   │   │        │          │ 免除する国の制度をつくる       │     │     │ │   │   │        │          │四、国保料(税)滞納者の保険証取り上  │     │     │ │   │   │        │          │ げ、差し押さえをやめ、親身に相談・  │     │     │ │   │   │        │          │ 収納活動を行う制度に転換する     │     │     │ └───┴───┴────────┴──────────┴────────────────────┴─────┴─────┘                          平成31年第1回能美市議会定例会                               請願文書表 ┌───┬───┬────────┬──────────┬────────────────────┬─────┬─────┐ │受 理│受理 │ 件   名  │  請願者氏名  │       請願の要旨        │紹介議員 │ 付託  │ │番 号│月日 │        │          │                    │     │ 委員会 │ ├───┼───┼────────┼──────────┼────────────────────┼─────┼─────┤ │請 願│2/18 │75歳以上の後期 │石川県社会保障推進 │ 経済財政諮問会議(内閣府)や財政制  │近藤 啓子│教育福祉 │ │第4号│   │高齢者医療自己 │協議会       │度等審議会(財務省)で、後期高齢者医  │佐伯富美子│常任委員会│ │   │   │負担を2割にし │ 代表委員 松浦健伸│療の自己負担を1割から2割にする負担  │     │     │ │   │   │ないことを国に │          │増が審議され、社会保障審議会(厚生労  │     │     │ │   │   │求める請願   │          │働省)でも議論が開始された。      │     │     │ │   │   │        │          │ この計画に対して、老人クラブや医療  │     │     │ │   │   │        │          │関係団体から慎重な意見が相次いでいる  │     │     │ │   │   │        │          │が、遅くとも来年の通常国会に「改正」  │     │     │ │   │   │        │          │法案が提出されることが考えられてい   │     │     │ │   │   │        │          │る。                  │     │     │ │   │   │        │          │ 高齢者の7割が所得100万円(年金収入  │     │     │ │   │   │        │          │220万円)未満であるが、公的年金は減ら  │     │     │ │   │   │        │          │され続けている。            │     │     │ │   │   │        │          │ 医療費自己負担の2割化は医療機関の  │     │     │ │   │   │        │          │利用を大きく阻害し、高齢者のいのちを  │     │     │ │   │   │        │          │縮めるものである。           │     │     │ │   │   │        │          │ 以上の趣旨から、75歳以上の後期高齢  │     │     │ │   │   │        │          │者医療自己負担を2割にしないことを求  │     │     │ │   │   │        │          │める意見書を国に提出するよう請願す   │     │     │ │   │   │        │          │る。                  │     │     │ └───┴───┴────────┴──────────┴────────────────────┴─────┴─────┘                          平成31年第1回能美市議会定例会                               請願文書表
    ┌───┬───┬────────┬──────────┬────────────────────┬─────┬─────┐ │受 理│受理 │ 件   名  │  請願者氏名  │       請願の要旨        │紹介議員 │ 付託  │ │番 号│月日 │        │          │                    │     │ 委員会 │ ├───┼───┼────────┼──────────┼────────────────────┼─────┼─────┤ │請 願│2/19 │国に対し、「消費│小松民主商工会   │ 厚生労働省は、労働賃金の伸びはこれ  │近藤 啓子│ 総務  │ │第5号│   │税引き上げの中 │ 能美支部代表   │までの公表値より低かったことを認め   │佐伯富美子│常任委員会│ │   │   │止を求める意見 │     小藤太郎 │た。賃金上昇などを「景気回復」の根拠  │     │     │ │   │   │書」の提出を求め│          │として、今年の10月から消費税増税の引  │     │     │ │   │   │る請願     │          │き上げを決めたが、その前提は崩れた。  │     │     │ │   │   │        │          │ 安倍政権は、経済の落ち込みを回避す  │     │     │ │   │   │        │          │るために、ポイント還元、プレミアム商  │     │     │ │   │   │        │          │品券の発行などを行おうとしている。   │     │     │ │   │   │        │          │ また、「軽減税率」の問題でも8%と  │     │     │ │   │   │        │          │10%の線引きが単純ではなく、大きな混  │     │     │ │   │   │        │          │乱が起きると指摘されている。「インボイ │     │     │ │   │   │        │          │ス制度」は地域経済を担う小規模事業者  │     │     │ │   │   │        │          │にとって大きな負担となる。       │     │     │ │   │   │        │          │ 消費税は、所得が低い人ほど負担が重  │     │     │ │   │   │        │          │く、生活そのものに課税するものであり、 │     │     │ │   │   │        │          │応能負担の原則・生活費非課税の原則に  │     │     │ │   │   │        │          │反するものである。           │     │     │ │   │   │        │          │ 今必要なことは、消費税増税ではなく、 │     │     │ │   │   │        │          │大企業優遇税制や富裕層優遇税制を改   │     │     │ │   │   │        │          │め、社会保障を改善して家計を温める内  │     │     │ │   │   │        │          │需主導の経済政策である。        │     │     │ │   │   │        │          │ 以上の趣旨から「消費税引き上げの中  │     │     │ │   │   │        │          │止を求める意見書」を国に提出するよう  │     │     │ │   │   │        │          │請願する。               │     │     │ └───┴───┴────────┴──────────┴────────────────────┴─────┴─────┘ © Nomi City Assembly, All Rights Reserved. ↑ ページの先頭へ...