ツイート シェア
  1. 小松市議会 2018-12-07
    平成30年第4回定例会(第2日目)  資料 開催日: 2018-12-07


    取得元: 小松市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-03-28
    ナビゲーションをスキップする ↓ 最初のヒットへ(全 0 ヒット) 1                平成30年第4回小松市議会定例会質問一覧  (※ 7日 1~2,10日 3~9,11日 10~14) ┌──┬─────┬──────┬──────────────────────────────────┐ │順 │質問区分 │      │                                  │ │  ├──┬──┤質問者氏名 │      発   言   通   告   要   旨       │ │番 │一括│一問│      │                                  │ │  │  │一答│      │                                  │ ├──┼──┼──┼──────┼──────────────────────────────────┤ │  │  │  │      │1 平成31年度の予算編成方針について               │ │  │  │  │      │ ・財政見通しについて(収入・支出)                │ │  │  │  │      │ ・市債残高について                        │ │  │  │  │      │2 JR粟津駅関連について                     │ │  │  │  │      │ (1) 小松市都市計画マスタープランにおける位置づけについて     │ │  │  │  │      │ (2) 諸課題について                        │ │  │  │  │      │  ・西口広場                           │ │  │  │  │      │  ・東西間の連結について                     │ │  │  │  │      │  ・遊休地の有効利用について                   │ │  │  │  │代表質問  │3 小松市はつらつとした地域とひとづくりの推進に関する条例について │ │1 │○ │  │会派自民  │ ・概要                              │
    │  │  │  │表  靖二 │ ・背景                              │ │  │  │  │      │ ・市の関与                            │ │  │  │  │      │4 下水道事業の包括委託について                  │ │  │  │  │      │ ・内容                              │ │  │  │  │      │ ・財政的な効果                          │ │  │  │  │      │ ・今後の課題                           │ │  │  │  │      │5 加賀の国1200年について                   │ │  │  │  │      │ ・八日市地方遺跡の取り扱い                    │ │  │  │  │      │ ・加賀の国府の今後について                    │ │  │  │  │      │ ・加賀の食について                        │ ├──┼──┼──┼──────┼──────────────────────────────────┤ │  │  │  │      │1 平成31年度当初予算編成の考え方は               │ │  │  │  │      │ ・財源の確保は                          │ │  │  │  │      │ ・重点事業は。その取り組みは                   │ │  │  │  │      │2 小松市はつらつとした地域とひとづくりの推進に関する条例について │ │  │  │  │代表質問  │ ・目的は                             │ │2 │○ │  │自民党こまつ│ ・平成28年度よりモデル的にはつらつ協議会を設立した5つの校下の実│ │  │  │  │宮西 健吉 │  態は                              │ │  │  │  │      │ ・地域活動を行う新しい体制とは。組織構成は            │ │  │  │  │      │ ・認定登録とは                          │ │  │  │  │      │ ・財政上の支援とは(予算額を含めて)               │ │  │  │  │      │3 こまつ水門パーク周辺整備について                │ └──┴──┴──┴──────┴──────────────────────────────────┘ ┌──┬─────┬──────┬──────────────────────────────────┐ │順 │質問区分 │      │                                  │ │  ├──┬──┤質問者氏名 │      発   言   通   告   要   旨       │ │番 │一括│一問│      │                                  │ │  │  │一答│      │                                  │ ├──┼──┼──┼──────┼──────────────────────────────────┤ │  │  │  │      │ ・進入道路について                        │ │  │  │  │      │ ・前川の堤防(右岸)の環境整備について              │ │  │  │  │      │ ・管理運営は                           │ │  │  │  │      │4 北陸新幹線小松駅舎と周辺整備について              │ │  │  │  │代表質問  │ ・高架下施設の構想について                    │ │2 │○ │  │自民党こまつ│ ・駅東広場について                        │ │  │  │  │宮西 健吉 │ ・駐車場について                         │ │  │  │  │      │5 幹線道路,都市計画道路である幸八幡線整備事業について      │ │  │  │  │      │ ・進捗率は                            │ │  │  │  │      │ ・完成予定は                           │ │  │  │  │      │6 都市計画マスタープランの見直しについて             │ │  │  │  │      │ ・本市のまちづくりの課題と目指すべき都市像とは          │ ├──┼──┼──┼──────┼──────────────────────────────────┤ │  │  │  │      │1 産業振興について                        │ │  │  │  │      │ (1) 人材不足の対応策について                   │ │  │  │  │      │  ・企業誘致と人材不足のバランスについて             │ │3 │○ │  │南藤 陽一 │  ・就職・移住支援アプリについて                 │ │  │  │  │      │  ・公立小松大学生の地元就職・定住支援について          │ │  │  │  │      │ (2) 事業承継について                       │ │  │  │  │      │  ・中小企業や飲食店の事業承継支援について            │ ├──┼──┼──┼──────┼──────────────────────────────────┤ │  │  │  │      │1 基地周辺対策について                      │ │  │  │  │      │ (1) 住宅防音工事について                     │ │  │  │  │      │  ・平成29年度決算について                   │ │  │  │  │      │  ・平成30年度予算執行状況について               │ │4 │○ │  │新田 寛之 │  ・平成31年度の見通しについて                 │ │  │  │  │      │2 スポーツマイレージ事業について                 │ │  │  │  │      │ ・こまつ版スポーツマイレージアプリを開発し,スポーツ全般,ウォーキ│ │  │  │  │      │  ングやスポーツ観戦から介護予防事業,特定健診なども含め,すべての│ │  │  │  │      │  市民が健康維持増進を楽しく図れる新たな仕組みを構築してはどうか │ ├──┼──┼──┼──────┼──────────────────────────────────┤ │  │  │  │      │1 本市におけるこれからの子ども教育について            │ │  │  │  │      │ (1) 幼稚園教育要領について                    │ │  │  │  │      │  ・昨年3月の改訂の基本的な考え方は               │ │5 │○ │  │吉村 範明 │  ・幼児期の終わりまでに育ってほしい姿の明確化とその教育について │ │  │  │  │      │  ・伝統や文化に関する教育の充実について             │ │  │  │  │      │  ・幼稚園や認定こども園においての教育内容は統一化されているのか │ │  │  │  │      │ (2) 小学校学習指導要領について                  │ └──┴──┴──┴──────┴──────────────────────────────────┘ ┌──┬─────┬──────┬──────────────────────────────────┐ │順 │質問区分 │      │                                  │ │  ├──┬──┤質問者氏名 │      発   言   通   告   要   旨       │ │番 │一括│一問│      │                                  │ │  │  │一答│      │                                  │ ├──┼──┼──┼──────┼──────────────────────────────────┤ │  │  │  │      │  ・昨年3月の改訂の基本的な考え方は               │ │  │  │  │      │  ・何ができるようになるかを明確化するとのことだが,どのようなこと│ │  │  │  │      │   を行うのか                          │ │  │  │  │      │  ・平成32年度より全面実施されるとのことだが,移行期間の間の進捗│ │  │  │  │      │   状況は                            │ │  │  │  │      │ (3) 幼児教育と小学校教育の連携について              │ │  │  │  │      │  ・現在の連携はどのような形で行っているのか           │ │  │  │  │      │  ・各々の施設では幼児教育と小学校教育についての方針や考え方,手法│ │  │  │  │      │   に差異があると感じるが現状はどうか              │ │  │  │  │      │  ・幼小連携した教育を専門とする部署を設けるべきだが,本市の考え方│ │  │  │  │      │   は                              │ │  │  │  │      │ (4) 児童が減少している小学校について               │ │  │  │  │      │  ・集めて維持するのではなく即効性のあるカンフル剤を投与しなければ│ │  │  │  │      │   ならないと考えるが,本市の考え方とその施策は         │ │5 │○ │  │吉村 範明 │2 高校生が想う本市の課題について                 │ │  │  │  │      │ (1) 情報発信について                       │ │  │  │  │      │  ・市内でも知らない施設がまだまだ沢山ある。本市の考える今後の情報│ │  │  │  │      │   発信やプロモーションはどのように行っていくのか        │ │  │  │  │      │  ・口コミやSNSは効果的だと考える。生徒や学生を交えた情報発信プ│ │  │  │  │      │   ロジェクトチームを立上げてはどうか              │ │  │  │  │      │ (2) 効果的な2次交通について                   │ │  │  │  │      │  ・北陸新幹線開業を見据えたアクセスの機能拡充について      │ │  │  │  │      │  ・2次交通の抜本的な見直しについて               │ │  │  │  │      │    観光周遊と生活の足を差別化すべきだ             │ │  │  │  │      │3 未来に向けたまちづくり・ひとづくりについて           │ │  │  │  │      │ (1) まちナビサインについて                    │
    │  │  │  │      │  ・現況のサインの場所は                     │ │  │  │  │      │  ・17カ所増設の場所は                     │ │  │  │  │      │  ・材質について                         │ │  │  │  │      │  ・今後の更新計画は                       │ ├──┼──┼──┼──────┼──────────────────────────────────┤ │  │  │  │      │1 やさしいまちづくりについて                   │ │  │  │  │      │ (1) 障がいがあっても外出できるやさしいまち            │ │6 │○ │  │浅村 起嘉 │  ・みんなにやさしい駐車スペース整備の状況はどうか        │ │  │  │  │      │  ・障がいのある方がコミュニケーションがとれ,利用しやすい店づくり│ │  │  │  │      │   への支援を                          │ └──┴──┴──┴──────┴──────────────────────────────────┘ ┌──┬─────┬──────┬──────────────────────────────────┐ │順 │質問区分 │      │                                  │ │  ├──┬──┤質問者氏名 │      発   言   通   告   要   旨       │ │番 │一括│一問│      │                                  │ │  │  │一答│      │                                  │ ├──┼──┼──┼──────┼──────────────────────────────────┤ │  │  │  │      │ (2) 最期を迎えるにやさしいまち                  │ │  │  │  │      │  ・お見送り手続きデスクの利用状況は               │ │  │  │  │      │  ・ひとり暮らしの方へのエンディングプランのサポートは      │ │  │  │  │      │ (3) 子育て家族にやさしいまち                   │ │  │  │  │      │  ・カブッキーランドや航空プラザの利用状況は           │ │  │  │  │      │  ・屋外施設の充実を求める声もあるが,木場潟はどうか       │ │  │  │  │      │2 来年度の教育について                      │ │  │  │  │      │ (1) 学校での外部人材の活用について                │ │  │  │  │      │  ・多くの方に活動いただいているが,今年の成果と来年に向けての考え│ │  │  │  │      │   は                              │ │  │  │  │      │  ・人材確保への考えは                      │ │  │  │  │      │ (2) 中学校特別の教科道徳について                 │ │6 │○ │  │浅村 起嘉 │  ・日本教科書の内容を懸念する声が多くみられたが指導のときは   │ │  │  │  │      │  ・開かれた教科書採択を求める声が多いが傍聴はどうか       │ │  │  │  │      │ (3) 登校時の持ち物について                    │ │  │  │  │      │  ・教科書や資料の種類も増え,ランドセルが重くなっているのでは  │ │  │  │  │      │  ・学校での対応はどうか                     │ │  │  │  │      │ (4) 空調設備の更新について                    │ │  │  │  │      │  ・小中の2校が予定しているが更新の内容は            │ │  │  │  │      │  ・今後の計画はどうか                      │ │  │  │  │      │3 こまつ里山エリアの振興について                 │ │  │  │  │      │ (1) 中山間地域の農業について                   │ │  │  │  │      │  ・里山エリアの現状と課題はなにか                │ │  │  │  │      │  ・活性化への取り組みはどうか                  │ │  │  │  │      │  ・さらに活性化するためには                   │ ├──┼──┼──┼──────┼──────────────────────────────────┤ │  │  │  │      │1 奥の細道紀行330年記念事業について              │ │  │  │  │      │ (1) おくのほそ道風景地ネットワークについて            │ │  │  │  │      │  ・おくのほそ道風景地ネットワークとは,どんな組織で,今度の総会で│ │  │  │  │      │   は何をするのか                        │ │7 │○ │  │梅田 利和 │  ・小松での330年記念事業は,どのようなものを予定しているか  │ │  │  │  │      │  ・全国の関係自治体では330年記念事業をどのように計画しているか│ │  │  │  │      │ (2) 小松ビジュアル俳句コンテストについて             │ │  │  │  │      │  ・8回目の開催であるが,記念事業として前回までとの違いは    │ │  │  │  │      │  ・ビジュアル俳句コンテストの今後の展望は            │ │  │  │  │      │ (3) 奥の細道の歴史文化の魅力を活用した観光施策について      │ └──┴──┴──┴──────┴──────────────────────────────────┘ ┌──┬─────┬──────┬──────────────────────────────────┐ │順 │質問区分 │      │                                  │ │  ├──┬──┤質問者氏名 │      発   言   通   告   要   旨       │ │番 │一括│一問│      │                                  │ │  │  │一答│      │                                  │ ├──┼──┼──┼──────┼──────────────────────────────────┤ │7 │○ │  │梅田 利和 │  ・奥の細道等,小松の歴史文化の魅力をどのように活用し,観光施策に│ │  │  │  │      │   繋げていくのか                        │ ├──┼──┼──┼──────┼──────────────────────────────────┤ │  │  │  │      │1 運転免許証の自主返納について                  │ │  │  │  │      │ (1) 返納しやすい環境づくりのため支援内容の見直しを        │ │  │  │  │      │  ・らく賃パスポートの永続的使用                 │ │  │  │  │      │  ・タクシー利用券の導入                     │ │8 │○ │  │吉本慎太郎 │ (2) バス路線の弾力的な見直しとバス停の整備を           │ │  │  │  │      │2 小松市の移住支援とは                      │ │  │  │  │      │ (1) 移住希望者が小松市に求めるものは何なのか。そのニーズ調査を行っ│ │  │  │  │      │  ているか                            │ │  │  │  │      │ (2) 就職支援と移住支援は似て非なるものである。移住支援に特化したア│ │  │  │  │      │  プリや紙媒体の制作を                      │ ├──┼──┼──┼──────┼──────────────────────────────────┤ │  │  │  │      │1 消費税について                         │ │  │  │  │      │ (1) 市財政の影響について                     │ │  │  │  │      │  ・歳入歳出の影響は                       │ │9 │○ │  │高野 哲郎 │  ・市の手数料,施設使用料等への影響は              │ │  │  │  │      │ (2) 消費増税対策について                     │ │  │  │  │      │  ・キャッシュレス化への対応                   │ │  │  │  │      │  ・地元商店へ充分な対策を                    │ │  │  │  │      │  ・小松市としての対応策は                    │ ├──┼──┼──┼──────┼──────────────────────────────────┤ │  │  │  │      │1 消費生活相談とあんしん相談窓口                 │ │  │  │  │      │ (1) 巧妙化する悪質商法                      │ │  │  │  │      │  ・巧妙化する詐欺や悪質商法などの傾向性             │ │  │  │  │      │  ・その具体例や概略的内容について(ネット含む)         │ │  │  │  │      │  ・防止のための対策・施策                    │ │  │  │  │      │ (2) あんしん相談センターは,安心の窓口              │ │  │  │  │      │  ・市民への周知について                     │ │10 │○ │  │片山瞬次郎 │  ・「まずは,あんしん相談窓口に!」と市民の皆様に語られるセンター│ │  │  │  │      │   に                              │ │  │  │  │      │2 通学路ブロック塀対策について                  │ │  │  │  │      │ (1) 通学路の民間のブロック塀                   │ │  │  │  │      │  ・通学路の総点検項目に民間ブロック塀の安全点検はあったのか   │ │  │  │  │      │  ・学校や保育所等,避難所への道路沿いのブロック塀の耐震診断は  │ │  │  │  │      │  ・行政の施策とブロック塀等の耐震改修の促進           │ │  │  │  │      │3 風疹予防接種について                      │ └──┴──┴──┴──────┴──────────────────────────────────┘ ┌──┬─────┬──────┬──────────────────────────────────┐
    │順 │質問区分 │      │                                  │ │  ├──┬──┤質問者氏名 │      発   言   通   告   要   旨       │ │番 │一括│一問│      │                                  │ │  │  │一答│      │                                  │ ├──┼──┼──┼──────┼──────────────────────────────────┤ │  │  │  │      │ (1) 風疹の予防接種の制度と年齢                  │ │  │  │  │      │  ・風疹,拡大を防ぐには                     │ │  │  │  │      │  ・現状と重点的接種すべき性別と年齢層              │ │  │  │  │      │  ・風疹予防接種助成制度助成拡大の動向              │ │  │  │  │      │  ・市としての今後の対応                     │ │  │  │  │      │4 中小企業への支援策について                   │ │  │  │  │      │ (1) 中小企業に対する制度                     │ │  │  │  │      │  ・小松市における中小企業数の推移                │ │10 │○ │  │片山瞬次郎 │  ・市の支援制度の利用状況                    │ │  │  │  │      │  ・小松市の企業において特筆する課題はあるか           │ │  │  │  │      │  ・人材や後継者探しの課題は急務                 │ │  │  │  │      │  ・市の今後の支援と所感について                 │ │  │  │  │      │ (2) 中小企業の事業承継についての対策を              │ │  │  │  │      │  ・経営者年齢の高齢化と事業承継について             │ │  │  │  │      │  ・準備の必要性と支援施策                    │ │  │  │  │      │  ・事業承継税制の5年以内の特例計画の周知を           │ │  │  │  │      │  ・商工会議所と市の連携で,「よろず支援拠点」相談窓口の充実を期待│ ├──┼──┼──┼──────┼──────────────────────────────────┤ │  │  │  │      │1 2023年北陸新幹線金沢・敦賀開通について           │ │  │  │  │      │ (1) 小松駅前の賑わいをどう取りもどすか              │ │  │  │  │      │  ・駅前は大学中心の文教地区なのか。商業中心の経済,商業地区なのか│ │  │  │  │      │  ・公立小松大学について                     │ │  │  │  │      │  ・ビジネス創造プラザについて                  │ │11 │○ │  │川崎 順次 │2 未来小松への対策,まちづくりについて              │ │  │  │  │      │ ・2040年問題人口減少への対応                 │ │  │  │  │      │ ・まちづくりについて                       │ │  │  │  │      │ ・特区を取り入れてはどうか                    │ │  │  │  │      │ ・無電柱化について                        │ │  │  │  │      │ ・新幹線と在来線について。そして空港               │ │  │  │  │      │ ・小松市はつらつとした地域とひとづくりの推進に関する条例について │ ├──┼──┼──┼──────┼──────────────────────────────────┤ │  │  │  │      │1 地域協議会の設立について                    │ │  │  │  │      │ (1) 買い物支援のため,早急な対策を求める             │ │12 │○ │  │橋本 米子 │  ・地域協議会の取り組みのテーマには買い物支援の項目も入っている。│ │  │  │  │      │   地域では早く対策を望まれているが,市では今後どのような方向性の│ │  │  │  │      │   考えを持たれているのか                    │ │  │  │  │      │ (2) まちづくりにおける公的役割について              │ └──┴──┴──┴──────┴──────────────────────────────────┘ ┌──┬─────┬──────┬──────────────────────────────────┐ │順 │質問区分 │      │                                  │ │  ├──┬──┤質問者氏名 │      発   言   通   告   要   旨       │ │番 │一括│一問│      │                                  │ │  │  │一答│      │                                  │ ├──┼──┼──┼──────┼──────────────────────────────────┤ │  │  │  │      │  ・将来的に株式会社化を想定・検討していくと行政の関わりを縮小して│ │  │  │  │      │   いくことにならないか                     │ │  │  │  │      │  ・ひとり暮らし見守り運動,買い物支援,自主避難所運営などについて│ │  │  │  │      │   は本来市が深く関わりを持たなくてはいけない業務だと思う    │ │  │  │  │      │2 小松市子ども・子育て支援事業計画について            │ │  │  │  │      │ (1) 第1期の事業計画の進捗状況について              │ │  │  │  │      │  ・施策の展開の特徴点について                  │ │  │  │  │      │ (2) 第2期の事業計画策定について                 │ │  │  │  │      │  ・第2期の事業計画の基本方針について              │ │  │  │  │      │  ・子どもの貧困が問われている今,子どもが置かれている状況把握のア│ │12 │○ │  │橋本 米子 │   ンケート調査が必要と思う。特にひとり親家庭等の実態調査を求める│ │  │  │  │      │3 2019年度使用中学校道徳教科書採択について          │ │  │  │  │      │ (1) 日本教科書の道徳の教科書は子どもに数値で自己評価させていること│ │  │  │  │      │  について                            │ │  │  │  │      │  ・「心の成長を振り返りましょう」のページを設け,22項目に自己評│ │  │  │  │      │   価としてレベル1~4の数値評価をさせている          │ │  │  │  │      │  ・自分の心のありようを点数化していくことについては疑問を持つ  │ │  │  │  │      │ (2) 教育委員会会議の公開を求めることについて           │ │  │  │  │      │  ・情報公開の時代に合った「開かれた会議」の場の設定を求めたい  │ │  │  │  │      │  ・大切な子どもが学習する教科書であり,「非公開」では市民の声が反│ │  │  │  │      │   映されない                          │ ├──┼──┼──┼──────┼──────────────────────────────────┤ │  │  │  │      │1 大交流時代に向け「国際都市こまつ」の施策について        │ │  │  │  │      │ (1) eスポーツについて                      │ │  │  │  │      │  ・公立小松大学との連携                     │ │  │  │  │      │  ・サイエンスヒルズの利活用                   │ │13 │  │○ │井田 秀喜 │  ・公共施設の整備                        │ │  │  │  │      │  ・eスポーツに対する考え方                   │ │  │  │  │      │ (2) 小松空港LCC誘致について                  │ │  │  │  │      │  ・関西圏へのアクセス強化                    │ │  │  │  │      │  ・誘致活動                           │ │  │  │  │      │  ・国際定期便                          │ ├──┼──┼──┼──────┼──────────────────────────────────┤ │  │  │  │      │1 包括施設管理業務委託について                  │ │14 │  │○ │木下 裕介 │ ・現状の取り組み等について                    │ │  │  │  │      │ ・今後について                          │ │  │  │  │      │2 子どもの視力について                      │ └──┴──┴──┴──────┴──────────────────────────────────┘ ┌──┬─────┬──────┬──────────────────────────────────┐ │順 │質問区分 │      │                                  │ │  ├──┬──┤質問者氏名 │      発   言   通   告   要   旨       │ │番 │一括│一問│      │                                  │ │  │  │一答│      │                                  │ ├──┼──┼──┼──────┼──────────────────────────────────┤ │  │  │  │      │ ・小中学生の視力の現状について                  │ │  │  │  │      │ ・スマホ等電子機器の適切な利用の周知について           │ │  │  │  │      │ ・視力検査の現状について(未就学児対象)             │ │  │  │  │      │ ・検査機器の導入について                     │ │  │  │  │      │3 保険者努力支援制度について                   │ │14 │  │○ │木下 裕介 │ ・制度の取り組みについて                     │ │  │  │  │      │ ・2017年度に実施された保険者努力支援において,評価点が高い項目│
    │  │  │  │      │  は                               │ │  │  │  │      │ ・糖尿病性腎症重症化予防への取り組み               │ │  │  │  │      │ ・医療機関への未受診者への対応は                 │ │  │  │  │      │ ・インセンティブの提供について                  │ └──┴──┴──┴──────┴──────────────────────────────────┘ Copyright © Komatsu City Council, All rights reserved. ↑ ページの先頭へ...