ツイート シェア
  1. 小松市議会 2006-12-18
    平成18年第5回定例会(第4日目)  資料 開催日: 2006-12-18


    取得元: 小松市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-07-08
    ナビゲーションをスキップする ↓ 最初のヒットへ(全 0 ヒット) 1                                            財第189号                                       平成18年12月19日     小松市議会議長  長 田 良 一  様                                     小松市長  西 村   徹                                      (総務企画部財政課担当)                   議案提出について(追加)  平成18年第5回小松市議会定例会に次の議案を追加提出します。 ┌───────┬───────────────────────────────────────┐ │議 案 番 号│    議              件              名    │ ├───────┼───────────────────────────────────────┤ │議案第119号│教育委員会委員の任命について                         │ └───────┴───────────────────────────────────────┘ 2                                           議長報告第5号                                       平成18年12月19日
        議 員 各 位                                  小松市議会議長  長 田 良 一                     説明員の欠席について  下記のとおり,説明員から欠席する旨通知があったので報告します。                         記 ┌──────┬─────────────┬─────────────┬───────────┐ │ 月  日 │  欠   席   者  │  代 理 出 席 者  │   事   由   │ ├──────┼─────────────┼─────────────┼───────────┤ │      │   選挙管理委員会   │   選挙管理委員会   │ 一身上の都合のため │ │      ├─────────────┼─────────────┼───────────┤ │12月19日│     委員長     │  委員長職務代理者   │           │ │      ├─────────────┼─────────────┼───────────┤ │      │ 押  野  了  徹  │ 中  川  増  美  │           │ └──────┴─────────────┴─────────────┴───────────┘ 3                                       平成18年12月19日     小松市議会議長  長 田 良 一  様                                     提出者  小松市議会議員                                           橋 本 康 容                                           宮 川 吉 男                                     賛成者  小松市議会議員                                           飛 弾 共 栄                                           浅 野 清 利                                           北 出 隆 一                                           舛 田 金 明                     議案提出について  次の議案会議規則第14条の規定により提出します。                         記   議員提出議案第11号   トンネルじん肺根絶を求める意見書           ─────────────────────────────                                        議員提出議案第11号                  トンネルじん肺根絶を求める意見書  国民が豊かで健全な社会生活を営む上で,安定した就業の場と安全で健康的な職場環境確保することは,極めて重要である。  これまで,じん肺については,作業環境の改善及び健康管理充実等,国においても各種対策が講じられてきたところであるが,トンネル建設工事現場における粉じんの吸入により,多数の労働者じん肺罹患者として労災認定されている一方,今もなお新規罹患者が発生している。  トンネルじん肺は,予防対策の不徹底により発生すると言われており,早期に解決が図られるべき重大な問題である。  よって,国におかれては,関係機関に対し,トンネルじん肺発生防止のための指導を徹底するとともに,罹患者救済制度充実を図るなど,トンネルじん肺根絶対策を講じられるよう強く要望する。  ここに,地方自治法第99条の規定により意見書提出する。   平成18年12月19日     衆議院議長   河 野 洋 平 殿     参議院議長   扇   千 景 殿     内閣総理大臣  安 倍 晋 三 殿     総務大臣    菅   義 偉 殿     厚生労働大臣  柳 澤 伯 夫 殿     国土交通大臣  冬 柴 鐵 三 殿     内閣官房長官  塩 崎 恭 久 殿                               石川小松市議会議長  長 田 良 一                                       平成18年12月19日     小松市議会議長  長 田 良 一  様                                     提出者  小松市議会議員                                           北 出 隆 一                                           山 本 光 栄                                     賛成者  小松市議会議員                                           宮 川 吉 男                                           飛 弾 共 栄                                           表   靖 二                                           山 西 信 栄                                           灰 田 昌 典                                           武 田 長 平                     議案提出について  次の議案会議規則第14条の規定により提出します。                         記   議員提出議案第12号   看護職員確保対策充実強化に関する意見書           ─────────────────────────────                                        議員提出議案第12号               看護職員確保対策充実強化に関する意見書  昨年末にまとめられた「第6次看護職員需給見通し」では,5年後の2010年においても,看護職員は依然として約1万6千人が不足すると見込まれている。  また,本年4月の社会保険診療報酬改定において,これまでよりも高額の入院基本料を算定できる手厚い看護区分が新設され,これに対応するため,一部の大病院看護師大量募集に動き出し,その影響で,中小病院の中には看護師確保に支障が生じているところもあると言われている。  このため,国においては,今回新設の看護区分の運用について,当分の間,特に手厚い看護を必要とする病棟単位算定方式を導入するなど,看護師需給動向に十分配意した見直しを早急に行う必要がある。  また,国が示した医療制度改革を実現するためには,急性期医療の手厚い看護配置や,療養病床での人員配置の引上げ,在宅医療における看護マンパワーなど,すべての看護実践現場において,確実な知識と技術に基づいた水準の高い実践能力を有する看護労働力確保が不可欠である。  よって,国におかれては,国民誰もが安心して質の高い医療看護をひとしく受けられるよう,また,地域における保健,医療,福祉を担う看護職員が十分に確保されるよう,各種対策充実強化に努められるよう強く要望する。  以上,地方自治法第99条の規定により意見書提出する。   平成18年12月19日     衆議院議長   河 野 洋 平 殿     参議院議長   扇   千 景 殿     内閣総理大臣  安 倍 晋 三 殿     総務大臣    菅   義 偉 殿
        厚生労働大臣  柳 澤 伯 夫 殿     内閣官房長官  塩 崎 恭 久 殿                               石川小松市議会議長  長 田 良 一                                       平成18年12月19日     小松市議会議長  長 田 良 一  殿                                     提出者  小松市議会議員                                           北 出 隆 一                                           山 本 光 栄                                     賛成者  小松市議会議員                                           宮 川 吉 男                                           飛 弾 共 栄                                           表   靖 二                                           山 西 信 栄                                           灰 田 昌 典                                           武 田 長 平                     議案提出について  次の議案会議規則第14条の規定により提出します。                         記   議員提出議案第13号   森林整備保全を求める意見書           ─────────────────────────────                                        議員提出議案第13号                   森林整備保全を求める意見書  森林林業木材産業を取り巻く情勢は,国内産材価格低迷により林業採算性の向上には至っていない状況にある。  このことから,森林所有者による適切な林業経営森林管理の実施は困難を極め,林業生産活動は停滞し,粗放化等による荒廃森林の拡大を憂慮している。  森林は,木材生産のみならず,地球温暖化防止国土保全といった国民の暮らしと環境を支える重要な役割を果たしている。  特に,地球温暖化防止対策について京都議定書で定められた二酸化炭素削減目標を達成し,森林による二酸化炭素吸収目標3.9%減を確保するためにも,森林整備保全推進が強く求められている。  また,豪雨,台風,豪雪等により,国内各地で激甚な山地災害が発生していることから,安全な国土基盤を形成する上でも,災害に強い森林整備保全推進する必要がある。  よって,国におかれては,森林整備保全推進と,山村・林業活性化を図るため,支援体制充実を図られるよう強く要望する。 以上,地方自治法第99条の規定により意見書提出する。   平成18年12月19日     衆議院議長   河 野 洋 平 殿     参議院議長   扇   千 景 殿     内閣総理大臣  安 倍 晋 三 殿     総務大臣    菅   義 偉 殿     農林水産大臣  松 岡 利 勝 殿     林野庁長官   川 村 秀三郎 殿     内閣官房長官  塩 崎 恭 久 殿                               石川小松市議会議長  長 田 良 一                                       平成18年12月19日     小松市議会議長  長 田 良 一  様                                     提出者  小松市議会議員                                           北 出 隆 一                                           山 本 光 栄                                     賛成者  小松市議会議員                                           宮 川 吉 男                                           飛 弾 共 栄                                           表   靖 二                                           山 西 信 栄                                           灰 田 昌 典                                           武 田 長 平                     議案提出について  次の議案会議規則第14条の規定により提出します。                         記   議員提出議案第14号   まちづくり支援に関する意見書           ─────────────────────────────                                        議員提出議案第14号                   まちづくり支援に関する意見書  本年5月に,いわゆるまちづくり三法といわれる都市計画法中心市街地活性化法,大規模小売店舗立地法の3つの法律のうち,都市計画法及び中心市街地活性化法改正が行われた。  中心市街地活性化法改正では,基本計画の認定を受けた中心市街地再生に意欲のある市町村に対し,重点的に支援されることとなった。  よって,国におかれては,各種関連事業についての情報提供を積極的に行い,中心市街地における都市機能適正立地再生に意欲的な地方自治体に対する支援強化が図られるよう強く要望する。  以上,地方自治法第99条の規定により意見書提出する。   平成18年12月19日     衆議院議長   河 野 洋 平 殿     参議院議長   扇   千 景 殿     内閣総理大臣  安 倍 晋 三 殿     総務大臣    菅   義 偉 殿     財務大臣    尾 身 幸 次 殿     経済産業大臣  甘 利   明 殿     国土交通大臣  冬 柴 鐵 三 殿     内閣官房長官  塩 崎 恭 久 殿                               石川小松市議会議長  長 田 良 一 Copyright © Komatsu City Council, All rights reserved. ↑ ページの先頭へ...